スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『おかわり、新たな金字塔』 ~TODAY'S LIONS

2011/ 10/ 25
                 
(2011年10月24日月曜日 17時52分頃放送 FM NACK5 『TODAY'S LIONS』より 千代綾香さんと黒田治さんのトークをまとめました)


千「プロ野球のパシフィック・リーグはおとといの土曜日に2011年のレギュラーシーズンの全日程が終わりました

これで、個人タイトルも確定したんですね

ライオンズからは
中村剛也選手がHR王と打点王の2冠に輝きました

HR王は2009年以来2年ぶり3度目の受賞

打点王、116打点挙げました 2009年以来、こちらも2年ぶり2度目の受賞です」

黒「おかわりしまくったね」

千「ほんとそうですよね

100打点以上、今年パ・リーグで挙げたのは2人だけで、

ライオンズの
中島裕之選手が100打点、もう1人が中村選手だったんです

今年はボールが変わりましたよね

12球団統一球で打者にとっては飛ばないボールと言われました

飛距離面ではちょっと苦戦する選手たちもいたんですが、飛ばす力を特に見せ付けたのが中村選手

HR48本だったんですね

パ・リーグのHR数、2位はホークスの松田選手の25本だったんですね

23本差付けました

これだけの差を付けてHRに輝いた人はあまりいないんです

さかのぼって行くと、1966年、王貞治さんが48本打ちました

2位が長嶋茂雄さんと江藤慎一さんの26本

その時は22本差だったんですね」

黒「ということはプロ野球史上で一番差が付いたってこと?」

千「そうです!23本差に久しぶりに、45年ぶりに更新したということなんですよ

中村選手のHRの数の割り合いですね、最下位の千葉ロッテマリーンズはチームHR数が46本ですので

中村選手は1チーム分打ったんですね

今年パ・リーグ全体では454本のHRが出ました

中村選手はおよそ10.6%、1割は中村選手のHR

リーグ全体の10%を超えたのは2リーグ制後、初めての快挙ということなんですよ

ですからどれだけすごかったがわかる1年だったんじゃないかなと思います

中村選手、2冠に輝きましたけど、このように話しています


『今シーズンは例年以上にタイトルを求めてやってきました

ですので獲れてよかったと思います

HR王も嬉しいんですが打点王を獲れた方がHR王よりも喜びを感じています

来年も続けて獲れるように頑張りたいと思います』


レギュラーシーズンは終わりましたけどまだまだ戦いは続きますよね

CS1stステージが10月29日から始まります

ライオンズは宮崎で『勝利への執念合宿』を行ってますが

今日は休養日になりました

合宿も残り2日だけになったんですね

フェニックスリーグに参加して実戦感覚を保っています

そして27日に札幌入りしまして、29日からのCSに備えます

相手は強豪ピッチャー来るみたいですけど」

黒「なんとか日本シリーズ行ってほしいですね 期待してます」

千「はい 今年の試合が長くなることを祈ってます」

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。