スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『キャプテン中島裕之選手へ一言』 ~ライオンズファンの主張

2011/ 11/ 10
                 
(2011年11月10日放送 文化放送LIONS EXPRESSより 飯塚治アナです)


秋の練習2日目でしたが、紅白戦も行われたんですが

練習全体が終わったのが一番遅い選手で17時過ぎになりまして

みっちりな一日でしたが、紅白戦終わった後も個人練習ですね

階段トレーニングにロングティー、それから特守、ティーバッティングと

野手を中心にかなり遅い時間まで練習を行ってましたね

今日の紅白戦ですが1・2軍合同練習ということもありますので


紅組が
1番秋山
2番熊代

で、
3番浅村
4番高山
5番大島


白組は
3番大
4番後藤
5番銀仁朗

というクリーンナップでした

今日注目はテスト生で参加している3人の外国人選手の中で

エンリケ・ゴンザレス投手が今日登板したんですね

メジャー経験もあるドミニカ出身の選手なんですが

29歳で1m80cmを超えている身体でちょっと『アンコ型』と言いましょうか

体重も100kgを超えてると思うんですけど

結果から申しますと、2イニング登板したんですが先発で打者8人、1安打、1四球、4三振

ナイスピッチングになりましたね

初回は真っ直ぐを中心に押して行って、146km/h、147、148、149km/hというスピードボールもありまして

なかなかの真っ直ぐのパワーピッチャーという感じでしたが

2回は変化球中心にスライダーを交えてのピッチングになったんですが

2回無失点に抑えきりました

渡辺監督もですね


「先発中継ぎどちらでも行けると聞いていたんだけれども本当だったね

初回は真っ直ぐでガンガン押して行って、

あの体型なんで戻ってきた後、肩で息をするかなと見ていたんだけども

普通にしていたしタフだね

2回は変化球を多目にしなさいと注文したんだけれども

変化球でストライクもしっかりとれていたし、

クイックもかなりの速さで投げていたので

細かいこともできるね」


と満足そうだったんですね

受けていた岳野選手も


「ストレートは威力あったし、

縦スラのような落ちるボールがあって、これが140km/hちょっと出るので

かなり曲がりが鋭くて速く落ちるボールなので

あれで空振りとれますからね」


と高評価でしたね

ウィンターリーグでも投げたいたということでエンリケ・ゴンザレス投手、

合格に向けてやる気満々というところなんですが

いいアピールができたなというところですね

明日はもう一人のピッチャー、これも外国人のテスト生、

サウスポーのジェームズという投手が登板する予定です

さて、今週お送りして来ましたライオンズファンの主張ですが

最終日の今夜はキャプテン中島裕之選手への一言です

早速聴いてください、どうぞ!

(ここからはファンへのアンケートシーン、途中斉藤一美アナの質問も入ります)



男性「来年いなくなる噂出てるんですけども
ぜひ西武ライオンズに残って来年も頑張ってほしいと思います」


男性「来年も日本でプレーしてください よろしくお願いします ふははは!(笑)
トリプルスリーやるまで見たいですね
浅村とか秋山がもうちょっと成長してから行ってもらうとありがたいかなっていう…
今、ナカジが抜けると一気にガクンって行きそうな気がするんでその辺…ははは
お願いしたいなと」


男性「今シーズン、最初の方ちょっと調子が悪くてこれじゃ大リーグ行けるのかなぁなんて思ってたんですけど
やっぱりさすが最後は合わせたんで、でも来シーズンも見たいなぁっていうのが本音です」


一美「どこで見たいんですか?」

男性「もちろんライオンズで(笑)はい」


男性「来シーズン、ぶっちぎりで優勝してからメジャーに行ってもらいたいですよね」


女性「同じですね 最高の結果を日本で残して悔いのないようにメジャーに行ってほしいです
なので来年もう1年いてほしいです(笑)」



男性「ナカジが一生懸命頑張ってると、みんなが周りが付いてくるんで、
一生懸命やってください!期待しています」



女性「年々頼もしくなって プレーにしても堂々した感じだったりとかもあるので
引き続きライオンズを引っ張ってほしいなと思います
でもね、中島選手のためにはもっと大きい所でやるのもいいのかなと思うんですけど
もし行っちゃったとしても、ぜひまた戻ってきてもらって(笑)
ライオンズで頑張ってほしいなと思っています」



男性「ず~っとキャプテンでいてください
もういいところでほんと打ってもらってですね
彼に打ってもらうと僕も次の日仕事やる気出る出ないが彼にかかってますんで、お願いします」



(ここで実況シーン:斉藤一美アナ)
「2エンド2、ワンナウトランナー1塁に3安打の栗山
2-2同点 成瀬第5球を投げた、インサイド打ち上げた、
レフト行ったああああああああああああああ!
レフト下がる、なお下がる、ボールよ、伸びて行け
願いは叶ったあああああああああああ!
レフトスタンドちゅうだあああああああああああん
中島裕之が追い込まれてから高めの球をフルスイング
ライオンズファンが陣取っている、満員のレフトスタンドに届いて行きました
勝ち越し2ラ~~~~~ン
第11号~~~~
中島裕之、ホームイン!
ミスターライオンズの一振り、ライオンズを名実ともに引っ張る、キャプテンの一発です!」



男性「やっぱりナカジがいるといないとではですね、チームの雰囲気と言うか明るさも違ってくるんで
もしいなくなってしまうとすると残念ですけども
まぁ新しいところ行ってもですね、ライオンズのことを忘れないで頑張ってもらいたいなと思います」



男性「まぁなんかメジャーとか言われてますけど、自分は残んないと思ってるんで
メジャーで頑張れ!」



女性「中島選手がいたから私はライオンズ繋がりでたくさんのお友達を作ることができたので
それをまず第1に感謝したいと思います
中島選手が目指す夢ですとか、これから自分の人生で、どの場で輝くかは
ご自身で決められることだとは思いますが、どこに行っても一生応援し続けます
頑張ってください」

女性「私も同じで、中島選手をきっかけにたくさん大切なお友達ができて、
すごく中島選手の存在にまず感謝したいなというのがあります
夢もたくさんあると思いますので、私がどうしてほしいということよりも
やっぱ中島選手が一番頑張ってる姿が一番好きなので
仮に海を渡っても、もう海に渡ってでも応援に行くぐらい背中を押せるような声援を送っていきたいなと思いますので
頑張ってください」



女性「2004年から、ライオンズの1軍のほんとに3番として活躍してきて、ずっと応援してきて
来年もライオンズで見たいっていう気持ちはもちろんあるんだけど、
でもナカジはずっとやっぱり全力でプレーしてる所がほんとに好きなのでどこに行っても応援しています
頑張ってください」



男性「僕は中島選手と同い年なんですけど
ずっとライオンズファンで2000年のドラフト会議で初めて同級生がプロ入りする時に
どんな選手が僕の同級生がライオンズに入るんだろうって思いながらドラフトの結果を見てた中で
唯一、ライオンズに入った同級生
だからもうその瞬間からこの選手は応援しなきゃって思って
2軍の時から応援してて、その選手が移籍先をこんなに注目されるようになったというのは
すごく感慨深いというか、あ~時間が経ったんだなっていう部分もあるんですけど(笑)
来年、どんなユニフォームを着てるのかはそれは中島選手の意思だし、
もちろん、今と同じユニフォームだったら最高に嬉しいし
それで今みたいにチームを引っ張ってほしいとは思いますけど、
まぁそこは中島選手の気持ちを貫いて、やってほしいです
頑張ってください」


男性「中島選手にはほんとにこの何年間、すごいいろんな夢を見させてもらいました
今年のオフで中島選手の夢を叶えに行くのかもしれないですし
違う決断をされるのかもしれませんけど
僕らはほんとに中島選手の活躍、中島選手にもらった感動に感謝しています
中島選手の一番納得する選択をしてくれれば
僕は必ずそれを肯定します
頑張ってください」


(BGM 『キセキ』 - GReeeeN)


(ここからはスタジオ高橋将市アナと飯塚治アナのトークです)

高「ライオンズファンの主張、キャプテン中島裕之選手へ一言をお聴きいただきましたが
飯塚さん、様々なファンの声がありましたけれどもね、
我々としては、ライオンズ日本一にまたしてほしいなって思いもあるんですけど
納得した結論を、自分の中で出してくれればなって感じはしますね」

飯「そうですね 本人もメジャーへの思いと、そして日本一になりたいという思い
両方があると思いますのでどういった決断くだすのかというところもありますね
明日は戦いを終えたばかりの指揮官、渡辺久信監督のインタビューをお届けする予定です」

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

こんにちは♪
こんにちは♪
書き起こしお疲れ様ですm(__)m
いつもありがとうございます(^^)

昨日QR聞いてウルッと来て、そしてまた文字で読ませて頂いてウルルッと来ました…

ほんとに、ナカジに感謝です☆
シーズンお疲れさまでした。
甘口さん、こんにちは。
今シーズンもお疲れさまでした。
ここ数日のファンの主張、みんな同じこと思ってるんだなーって感じですね(笑)全ての意見に同意です。
 
先日甘口さんのブログを今年始めから読んでみました。
ルーキー達のコメントとか微笑ましかったんですが(牧田くんなんて一年でぐっと精悍な顔つきになりましたね)、震災のあたりになるとあの時の混乱を思い出して辛くなりました…。それを思い出すと今シーズン乗り切ったチーム、よく頑張ったなぁと思います。
最下位に落ち込んだかと思えば怒涛の追い上げでCS進出したり、日ハムに圧倒的勝利したかと思えばソフトバンクに捻られたりとか、ジェットコースターみたいなシーズンでしたが、相変わらず見てて楽しいチームですね。来季も若手の成長含めてほんと楽しみです。
 
オフシーズンもチームの動向を知るのに甘口さんブログは欠かせません。
無理なさらない範囲でよろしくお願い致します☆
nonkoさんへ
コメントありがとうございます。
感動的な内容でしたね。

前半は「メジャーに行かないで」、「チームをまだまだ引っ張って」という声から
次第に「夢に向かって頑張って」という流れに。
そしてかぶさる「キセキ」
さすがに私もうるっときました。

特に最後の男性の方2人はとても素晴らしいメッセージを自分の言葉で表現なさってるなぁと思います。

ここ数年主力としてずっと打線の中軸を打ち、常にファンの視線を浴び続け、
ポジションは内野の華であるショート。

それゆえに勝てないゲームでは責任を押し付けられたり、守備でちょっとでも送球が逸れればやり玉にあげられ、
守備技術を理由に「メジャーでは通用しない」などと、行く前からまるで失格のような烙印を一部の人たちから押されて来ました。

球場のほとんどと言ってもいいほどの声援を受けながらその何倍もの罵詈雑言も浴びて来たことだと思います。

それでも、ナカジにはその背中を押すこれだけの声があります。
素晴らしいファンがその動きを見ています。
そしてナカジもそのことを充分に理解していると思います。
だからこそ、ビジターでもいつまでもサインペンを走らせるのでしょう。

これから先、どういう決断をするのかわかりません。
遠くに行ってしまうかもしれません。
でもこれだけのファンが応援していることがまたナカジにとって新たなキセキへの第1歩に繋がると思います。

私もこの場を借りてナカジにメッセージを送れるならば、みなさんと同じ言葉が浮かびます。
「頑張ってください」

とか言ってすっかりナカジがメジャー挑戦のようにな流れですが
ナカジ自身は
「なんかほんなこと一言も言うてへんのにみんなメジャーとかアメリカとか
もうなんかね、行ってほしいんやろか思いましたわぁ ひゃははは」
なんて思ってたりしてね(笑)
りつさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

りつさんも今年一年、観戦に応援とお疲れ様でした。

ファンの主張、面白いですよね。
みんないろんな視点や意見はあるんだけれども
根底に「埼玉西武ライオンズが好きでたまらない」というのがすごく伝わって来ます。
なのでどの意見にも同意できて、うんうんと頷いてしまいますよね(笑)

ブログのアーカイブ、読み直してくれてありがとうございます。
読みづらかったでしょう?
ほんとは年度ごと月ごと、各コーナーごと、もしくは選手ごとのインデックスをまとめたいなぁとか
常々思ってるんですが、なかなか実現せずでして、
過去のエントリーがかなり見づらくなってるなと思っています。
ついでによく見りゃ誤字だらけだし(苦笑)

ただ過去のものまで改めて目を通してくださってる方がいるのはとてもありがたいです。
やはり情報ってある程度読み捨てられるものと言う認識が少なからずあるので
そういったものを拾い直していただけるのは積み重ねた甲斐があります。

この場を借りてお礼を申し上げます。
ありがとうございます。

牧田はほんと入団当時はあまり目立ってなくてちょっとぬーぼーとした感じでしたが(←失礼)
キャンプ、OP戦と経験するにつれて締まった表情になってきましたね。
特に初勝利の後は完全に「プロの顔」になったと思います。
その後、クイックについてひと悶着あったり、抑えの重責を背負ったり。
今年一番「プロになった」選手かなと思います。

震災の後、OP戦も全部中止になって開幕も危ぶまれて、TODAY'SもLEXもなかったりで
ほんと今思い出してもつらいですね。
それでもシーズンは行われ、終盤は西武ドームでも通常のナイターが行われましたが、
その通常ナイターがどんなに嬉しいことか、ありがたさをしみじみと感じています。
まだ復興の途中の所も多いことと思います。
一日でも早く全国の野球ファンが心からプロ野球を楽しめる状況になればいいですね。

おっしゃるようにゆっくりゆっくりと助走をつけて、一気に加速したかと思えば
すごい勢いで坂を下る、ジェットコースターのようなチーム状況でしたね。
だからこそ刺激も多く、連勝した時の爽快感は格別で、多くの子どもたちの心も掴んで離さなかったと思います。

そして1年目から活躍するルーキー達、もちろんまだまだ踏ん張るベテラン、脂の乗ってきた中堅、
そして虎視眈々と上を狙うファームの選手
全てが噛み合えば独走する可能性も感じられたシーズンでした。
来年が楽しみですね。

その来年に向けた秋季キャンプから、今年を振り返る選手のインタビュー、そしてシーズン中に書き起こせなかった内容、
(それとちょっと古いものまで)これからも時間がある限り書き起こしていくつもりですので、
こちらこそこれからもよろしくお願いします。
こんばんは
いつも書き起こしありがとうございます。
この日、聴けなくて。
でも読ませて頂いただけで、感動しました。
甘口さんのお陰です。

同級生の方のメッセージは、中島さんご自身が聞かれても特に嬉しいでしょうね。
きっとどれも同じように嬉しい、とおっしゃるんでしょうけれど。
でも印象深いメッセージでした。

本当にたくさんのファンに愛される選手ですね。
私もファンになって良かったな~と思います。
来季どこでプレーされてるかはまだ分かりませんが、
怪我無く活躍して欲しいと願うばかりです。


cocoさんへ
こんにちは。
コメントありがとうございます。

関西在住の方にはなかなか聴きづらいLEX、
夕方の忙しい中にPCの前に座るのも難しいかたも多いかと思います。

それでもなんとか聴きたいと思われる方の手助けに少しでもなれれば幸いです。

文字だと細かなイントネーションや口調までが伝わらないのがもどかしいですが
みなさん、ライオンズ愛、そしてナカジへの愛がとても溢れているインタビューでした。

同級生の方、ほんとずっとナカジのことをそれこそファームの頃から追っているというだけあって
「感慨深い」という言葉にすごく実感がこもっていました。

球場で浴びる声援、向けられるカメラのレンズの数はケタ違いだけに人気があるのは周知の事実ですが、
こうしてファンの方のダイレクトな声を聞くと、ほんと愛されている選手だなぁと思いますね。

まだ去就についてはナカジ本人の口からは何も語られていませんが、
どこでプレーすることになろうとも、いつもいつまでもこの温かいファンの思いがあることを胸に
これからも頑張ってほしいですね。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。