スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『片岡易之インタビュー』 ~2011年9月26日LIONS CHANNEL

2011/ 11/ 13
                 
20110926LC1.jpg
(2011年9月26日放送 テレ玉 『LIONS CHANNEL』より)


19日のファイターズ戦は3点リードされて迎えた5回、2本のヒットと送りバントで2・3塁とし

20110926LC2.jpg
片岡がライト前にタイムリーを打ち、1点を返すと

続く栗山はセンター前へ

20110926LC3.jpg
さらに原のレフト前へのタイムリーで同点とします

そして1・2塁から中島

20110926LC4.jpg
「流れに乗せてもらった」という一打はバックスクリーンに飛び込む3ランHRで逆転に成功すると

20110926LC5.jpg
中村は初球を狙っていたかのようにフルスイング

打球は綺麗な放物線を描きレフトスタンドへ

これがプロ通算200号目のメモリアルアーチ

20110926LC6.jpg
この回一挙7点を奪ったライオンズが逆転勝利を収めました

20日は3-4と1点リードされた6回、ランナー2塁からフェルナンデスのライト前タイムリーで同点に追い付きます

そして7回には1・2塁と逆転のチャンスを作り、バッターは代打・阿部

20110926LC7.jpg
阿部は期待に応え、センター前にタイムリーヒット 逆転に成功すると

20110926LC8.jpg
9回のマウンドには守護神牧田

牧田はランナーこそ出しますが落ち着いた投球で無失点に抑えゲームセット

20110926LC9.jpg
ライオンズが5-4で勝ちました

20110926LC10.jpg
21日は台風のため、中止でした

23日のマリーンズ戦は2-4と2点リードされた7回、2本のヒットで1・3塁とし、相手のミスで1点差とすると

20110926LC11.jpg
中島はレフト前にタイムリーヒット 同点に追い付きます

さらに8回、ランナー2塁から銀仁朗の右中間を破る逆転タイムリー3ベースヒットが飛び出すと

栗山にもタイムリーが出て勝負あり

20110926LC12.jpg
ライオンズは引き分けを挟み7連勝をマークです

20110926LC13.jpg
24日QVCマリンで行われたゲームは9回に2点差を追いつき、引き分けに持ち込みました

20110926LC14.jpg
25日のゲームは岸投手が今季、両リーグ最少の94球で完投勝利
これで引き分けを挟んで8連勝です

20110926LC15.jpg
25日現在の順位表です 58勝60敗の4位です


20110926LC16.jpg
20110926LC17.jpg
20110926LC18.jpg
今週のインタビューは帰って来た背番号7、片岡選手です

まずは恒例のこの質問から

・生年月日と出身地、お願いします


20110926LC19.jpg
「生年月日?」

・はい

「昭和58年、2月の17日 え~千葉県…幕張に生まれました」

・オフの日によく行く場所はどこでしょうか?

20110926LC20.jpg
「家!」

・あはは

「ちょっと着替えるのがめんどくさいのであまり表には出ません」

・あ~出不精ですね

20110926LC21.jpg
「やかましいわっ!」

・あはは そして、仲がいい選手はどなたですか?

「仲がいいと思ってるでもいいですか?」

・個人的にですか?

「個人的に」

・一方的にでもかまいません

20110926LC22.jpg
「阿部ちゃん」

・個人的…相思相愛ではない

「と思います、はい」

・そしてもし野球選手になっていなかったら今どんな職業についていたと思いますか?

「東京ガスで、ガス管を工事してると思うんですけど」

・野球をしていなくても

「はい ガスのメーターとかを計りに行ってるんじゃないっすかねぇ」

・一見似合いそうですけどね

「作業着似合いましたよ」

・今までのベストプレー、またはベストゲームはどういったものでしたか?

「日本シリーズ、第何戦か忘れましたけど、あ、第7戦か」

・2008年

「2008年」

・一番緊張する時っていうのはどんな時ですか?

「結構緊張しぃなんで、最初の打席とか、ピンチで守備についている時とか、は、もう緊張しますね」

・そうなんですね

(2008年の日本シリーズ第7戦について)
20110926LC24.jpg
「盗塁…あれはもうできません…今となっちゃぁ」

・やっぱり片岡選手の中でもいちばん最高の形でできた

「そうですね 練習がそのまま出たっていう感じですね

今までやってきたことが出たプレーだったんで

身体が反応したと言うか」


・大舞台でも緊張することがなく

「まぁでももう第7戦ですからね

初戦は緊張しましたけれども、7戦やってましたんで

両方王手でしたし、攻めの気持ちで」


・なるほど…強いですね

・大事な時期に間に合いましたね

20110926LC23.jpg
「ちょっと長引きましたけどね まぁでも野球やれるという幸せを感じながらやってます」

・通算250盗塁、あの時の試合すぐ盗塁を決めたわけですけどやっぱり盗塁にかける思いってのは強かったですか?

20110926LC25.jpg
20110926LC26.jpg
「あと1個ってのはわかってましたし、まぁでも長期離脱するんだろうなと思ってたんで、あの時点で」

・あ、そうなんですか

「なので1個走っとこうかなと思いましてちょっと意地になって走りました」

・そして晴れて1軍の戦列に復帰ということですけど、最初の試合で中村選手HR…

「打ちました?…もういつも打ってるからわかんないですね」

・あはは そうですよね

「あいつはもう…」

・でもその時に片岡選手、カメラ一人占めするじゃないですか(笑)

「ほんとですか?やった方がいいのかなと思って、気を遣ってやったんですけど…」

・そうなんですか(笑)

「ウザかったですか?」

・いえいえいえいえ、あの200号HRの時も…

20110926LC27.jpg
「はい 気ぃ遣ってやったんですけど…一面になっちゃいましたね スイマセン、なんか」

・でもまたさらにベンチも活気づくのかなと思うんですけども

20110926LC28.jpg
「そうですね ちょっと暗いかなぁと思ってたんで、テレビで見てた時に

なんかを変えなきゃいけないなと思いまして

上がって来たら楽しくやろうと決めてきたんで、それは貫こうかなと」


・そのこともあってか、今の時点で6連勝ですね

「そうですねぇ まぁいい状態ではあると思うのでこれを続けていければと思います」

・片岡選手自身の…

「僕はもうどうでもいいです」

・いやそんなことないですよ

「いや、もう楽しくやって、それをファンのみなさんに見てもらえればそれでいいです」

・はい わかりました

20110926LC29.jpg
(プロデュース弁当第3段について)

20110926LC30.jpg
「一応僕のなんか、子どもっぽいメニューというのがすごい好きなんでそれをちょっと入れてもらいまして

ぜひ食べてください」


20110926LC31.jpg
(他に帆足投手プロデュース弁当の紹介)

(エンディング)

20110926LC32.jpg
20110926LC33.jpg
20110926LC34.jpg

20110926LC35.jpg
・今までもらったファンレターの中で嬉しかったのは?一番最初にもらった時とかって嬉しくないですか?

20110926LC36.jpg
「いや嬉しいですよ!今でも嬉しいですよ!」

・男性陣のファンって少ないですか?

「いや、僕多いと思いますよ

結構僕のユニフォーム着てる人メンズが多いんで

まぁさみしいもんですよね…どっちやねん!」


・あはは どっちやねん!

ディレクター「はい OKです!」

20110926LC37.jpg
「OKなの?!」(周囲のスタッフ爆笑)

・いいように使わせていただきます


「いいように、はい」

20110926LC38.jpg
「おつかれさま~」


・ありがとうございました(笑)

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

やっぱりヤスくん!
いい感じですね、インタビュー。

あのパフォーマンスがないとさみしいですね。

守備ってTVではあまり写りませんが、
動きのキレがいいんですよね、ヤスくんは。

来期はずっと試合に出てほしいです。
tamboさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

崖っぷちからのCS進出のきっかけとなった大型連勝の立役者の一人ですね。

片岡が戻ってきてからチームの連勝が始まり、再度の離脱でまたもや崖っぷちまで押し戻された感があります。

故障で長期離脱する選手の中にはその悔しさのあまり、試合はおろかスポーツニュースも一切見ないという方もいるようですが、
片岡は時折、試合を見ていたようですね。
悔しさ、つらさと向き合いながら、自分に求められる役割、復帰後の立ち位置、自分なりに分析していたのかもしれません。

このインタビューでもところどころ小技を入れての片岡節が満載でしたね。

おっしゃるように守備はずっとテレビに映るわけではなく、特殊なプレーが出た時のみリプレーで追われることがほとんど。
ランナーをあおったり、時にはサインを出したりといった所まではなかなか映してくれませんが、
球場で見ると1球ごとに微妙に守備位置を変える片岡の姿を見ることができますね。
その細かな動きがキレのいい動きに繋がるんだと思います。

今季は原が後半セカンドでいいプレーでチームを救う場面がなんども見られましたし、
渡辺監督もレギュラーはまだ決まっていないと公言しています。
まずは肩を治してまた一からレギュラー獲りを目指してほしいですね。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。