スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『気持ちの持ちよう』 ~牧田和久インタビュー

2011/ 12/ 01
                 
(2011年11月30日放送 文化放送LIONS EXPRESSより 斉藤一美アナです)


今日、2011年の新人王が発表されました

パ・リーグはやっぱり、『下手に出ながら度胸満点』、
牧田和久投手が受賞しています(拍手)

やりましたね

150票と言うことで全体の7割を占めましたね

あとは楽天塩見が43票、ロッテの伊志嶺16票、ファイターズ斎藤佑樹3票

ライオンズ浅村、秋山1票ずつという流れになってるんですね

これでライオンズからは13人目の新人王誕生

リーグ最多です

過去にいろいろありましたけれども、いかにスカウトも優秀かというライオンズなんですよね

とはいえ、球団としては史上最長12年ぶりの受賞ということで

今までこれだけブランクが空いたことはないという点に、

この間のドラフト戦略の苦労がしのばれてしまいますね

『西武ではあの松坂大輔投手以来の新人王となりました』

という質問に答える、牧田和久投手です



「言葉が出ないぐらいの嬉しさというか、光栄だなと思いますし、

また一度しか獲れないという賞でもありますし、

まさか自分がっていう思いはやっぱりありますね

まだ全く実感がわかないというか、夢のような感じです」



牧田投手には秋季練習中に今シーズンを振り返ってもらいました

インタビューアーは文化放送菅野詩朗アナウンサーです

・ルーキーイヤー、どんな1年だったでしょうか?


「開幕から先発やらせていただいて、

途中からチーム状況で抑えといろいろと経験させてもらった1年だったなと思います」


・ルーキーイヤーと言っても、いろいろ激動の1年だった感じがするんですけども

「はい でも、ほんと怪我なくやてこれたのが一番大きいいかなと思うので自分の中で、

その中でいろんな収穫もあって、よかったと思います」


・まず最初、先発ローテーションの一角に入って、勝ち星はなかなか転がり込んで来なかった時もあったけれども
非常に内容的には納得した頃だったと思うんですがね


「そうですね まぁ我慢強く自分のピッチングをしてれば

野手がいつか取ってくれると思うので、

それを信じて、なんとか0に抑えようと思って、投げてました」


・で勝ち星も転がり込んでくる チーム事情で今度は後ろの方に回った その時はどんな気持ちでした?

「う~ん、正直やっぱり先発をやりたかった気持ちもあったんですけど

『お前が打たれたらしょうがないし、お前に任せたから』という監督の言葉で

正直自分でいいのかなと思ってたんですけど、

まぁいざやってみるとなると、後ろってのいうの

1球でチームの勝敗を左右するんで、重要なポジションだなぁっていうのも改めて、気付きましたし

でもかと言って、慎重になり過ぎてもダメなんで

思いきって自分のピッチングをしていこうっていう結果が今年の結果なのかなっていう」


・その後ろの抑えの方でようやく慣れて来たなと思った頃ってありますか?

「そうですね 慣れて来た頃に夏場ちょっと急に失敗という形が多くなったんで、

西口さんにも『落ち込んでてもしょうがないし、

また次やるしかない』と言われたんで

そう言われてから、ある意味開き直って投げることができたんで

それからはまた調子を戻したんでやっぱ気持ちの持ちようですね」


・来シーズンの編成もこれからライオンズは決めていくんでしょうが、また先発へという話もちょっとちらほら聞こえてますけども

「まぁ先発であろうと、中継ぎであろうと、抑えであろうと

自分の仕事をしっかりやるっていうことだけですね」


・ほんとに激動のルーキーイヤー、ライオンズファンの期待にしっかりと応えてくれた牧田投手だと思うんですが
今年のファンに対する感謝と来年へ向けて一つファンのみなさんへお願いします


「今年1年最下位からCS進出したんですけども日本シリーズに進めなくて

また悔しい1年だったと思いますが

来年こそは打倒ソフトバンク、日本一目指してやっていきたいと思いますので

また今年以上の応援を来年、よろしくお願いします」



という牧田和久投手、

「来年は先発でも抑えでも1球1球意味のあるボールを投げたい」

やっぱり疲れたそうなんですよね、だから

「強靭な下半身を作り上げて、日本一を奪いたい」

と地に足をつけた喜びを表現していました

(番組後半へ続く)
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

おめでとう牧やん♪
よかった~大差をつけて牧やんだったんですね!素晴らしい!! 絶対新人王とらせてあげたかったのでうれしいです。おめでとう牧やん(≧∇≦)♪

でもうれしいニュースあれば悲しいニュースもありますね…。許さん…。なんかずっとライオンズで、みたいな事言ってくれてませんでしたっけ!?
残ってくれると信じてますが…(ノ_;。)
藍さんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

8月頃までは伊志嶺選手や塩見選手の評価がかなり高いという下馬評を聞いてましたし、
なにぶん、前半好投しながら勝ち星が付かず、
抑え転向後も、打ちこまれた試合があったりと、どうも負の側面に目が行きがちでしたが、
蓋を開けてみればほぼ独走と言ってもいい、新人王獲得でしたね。
ほんとにめでたいです。

シーズン後半だけで20セーブというのもすごいですが、前半は先発でローテを守っていたことなんかも
考えるとすごいことですよね。
昔の前期後期制の頃でもこういう起用をされた投手って少ないのではないでしょうか。
牧田自身は「いい経験だった」とよく言ってますが、非常に大変な1年だったと思います。

つかの間のオフ、ゆっくり身体を休めてほしいですけど、結構なかなか、イベントやら行事に出席するようですね。
早くも大人気選手となってきました。

ミンチェのまさかのFA宣言でしたが、夏場のLTVのインタでは、「まだ先のことはわからない」と発言してて、
その時にそれ以前の「ずっと西武で」という発言と明らかに違っていたのであれ?と思ったのですが
ほんとまさか行使するとは…。
フェイスブックでのミンチェ本人のコメントの訳文を拝見しましたが、どうも移籍先は決まってるような感じにとれました。

それ以外の外国人選手とも全員来年の契約はしないそうで、これはがらっとチーム編成が変わりそうですね。
テスト外国人選手に目処が付いたのか、それとも別の選手を見つけたのか。
ふと思い出しいたけど、ボカチカなんかも球団発表の前に本人のHPに載ったんですよね。
このオフ、どういう選手が入って来るのか楽しみに待ちたいと思います。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。