スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『ブルペン、メジャーリーグ』 ~拝啓 牧田和久様 第3回

2012/ 01/ 13
                 
(2012年1月12日のLEXの続きです)


こんばんは 牧田和久です

今日も皆さまからのメールにお答えします


埼玉県入間郡 ラジオネーム ひゃ~

『拝啓 牧田和久様
投手の立場からすると、ブルペンは観客席から見える場合と見えない場合ではどちらがやりやすいのでしょうか?
ライオンズファンからすると客席からブルペンが見えなくなったら寂しいです
敬具』


……っ(←息を吸い込む)そう~ですねぇ

でも結構気になりますけど、はぁい

近いんでかなりブルペンから お客さんが

あの結構いろいろ温かい言葉いただくですけど

やっぱ試合中なんで、反応できないんですよね、それに対して

なんで、申し訳ないなぁっていう部分はあるんですけど

戦ってるのもあるので、自分の中でも作ってなきゃいけないですし

やっぱ入っていかなきゃいけないんで

心の中では「頑張る」って心の中では自分思ってるんで

う~ん、見えない方がやりやすいっちゃやりやすいですよねぇ、やっぱ

パ・リーグだと西武ドーム、神戸だけっすねぇ

あとは大体、室内なんで

ヤジ聞こえますね

けど、ヤジ別に特に自分気にしないですね

勝手に言ってれば?って感じの人なんで自分は

ヤジ結構ありますね 関西においてはw

デッドボール当ててしまったりだとかは「おい、なにやってんだ?」みたいなこと言われるんですけど

いえいえ、わざと当ててないんでっていう

攻めた結果そこに当たってしまったんでしょうがないなと思うんで

まぁ勝手に言っててくださいみたいな、はい


北区 レディオネーム 下から牧田

『拝啓 牧田和久様
先日、新聞で拝見しましたが、予備校で開催されたトークショーで
メジャーリーグに挑戦したいかと質問されて、機会があればと答えたようですね
絶対行かないでください
ただし、ワールドベースボールクラッシックの日本代表として、
バリバリのメジャーリーガーと対戦するのは大歓迎です
ちなみにどんな配球で打ち取りますか?
敬具』


はい、う~ん機会があれば行きたいですけどw

ただもうその頃は年齢も年齢だと思うのでぇ、

いやぁなんて言うんですかね、やっぱ一度味わってみたいですね、あそこのメジャーリーグっていう

憧れというか、プロ野球でもうやっぱ夢だったんですけど

世界で自分がどれだけ通用するのかっていうか

まぁワールドベースボールクラッシックも世界なんっすけど、

またなんか違った環境というか、場所でやりたいなっていうのもあるんですけど

うん…ま、機会があれば行きたいですねw

それまで日本で頑張ってやりたいなと

う~んどんな配球で…まぁ一番はやっぱインコースで詰まらせて打ちとるというのじゃないっすかねぇ

それかぁ…ま、外国人って独特なんで

日本ってそのピッチャーに対して合わせて打ってくるので

自分のスイングを持ってるのもそうなんですけど

そのピッチャーに対してどういうタイミング、どういうふうに振ってくるっていうのが日本人なんですよ

けど、メジャーリーガーとかその外国の選手ってやっぱ自分のスイングで打ちに来るんですよね

大体、外国人の選手ってアッパースイングってよく言われるじゃないですか

なので大体、ハイボールは空振りしてくれるんですよ

なんで、まぁそのハイボールなり、インコースで詰まらせて打ちとるっていうのがやっぱ理想というか

一番気持ちいいのは詰まらせてバットを折るっていう

あれがいっちばん気持ちいいですねw はぁい

ま、ストライクゾーンってやっぱ広いってわけじゃないですけど

低目だけがストライクゾーンじゃないんで、

やっぱ胸の辺りだとか腰の辺りまでストライクゾーンってあるので

そういうストライクゾーンをうまく使って、打ちとりたいなっていう

やっぱアンダースローだと目の錯覚っていうのもあるんで

左右高低をうまく使って、最後には自分のウイニングショットっていうので打ちとるっていう

ウイニングショットは…真っ直ぐしかないですかねぇ

変化球で1球種ぐらいウイニングショットみたいなのがあれば楽になるんだろうなと思うんですけどね

今はウイニングショットの変化球はないですねぇ

やっぱ楽天で言うと、マー君はスライダー、フォークじゃないですか

あのスライダー、フォークが1級品なんで で、真っ直ぐも素晴らしいものを持ってるんで

自分の変化球はあんま得意ってほどでもないんで

真っ直ぐはそれなりに自信持ってるのもあるんですけど

この先の練習とかで変化球磨いていきたいなっていう

やっぱ途中まで真っ直ぐに見えて、そこからあれ?みたいななのが一番いいと思うんで

毎回真っ直ぐに似た変化球を作るというか投げるというか

じゃないとプロのレベルでは抑えられないと思うんで

あとは緩急ですね いかに速く真っ直ぐを見せるかっていう

ですねぇ 緩急だと思いますね、自分は

そうですね、フォームなんかもそうですねw

いろんな微妙なタイミング、フォームだとか

で、内野ゴロ、内野フライで打ちとるっていうのが理想ですね

スライダー、シンカーですかね

でももっと磨いていかなきゃいけないなと思うんで

じゃないとプロでは食っていけないと思いますね

さらにさらに成長していかないと

1年1年どんどんどんどん成長していかないと厳しい世界だと思うんで

頑張らないといけないですね

新人王って言うのは自分だけの力で獲れたものじゃないと思ってるんで

いろんな方がいて、チームメイト、使ってくれた監督だとかコーチ、

あとは最下位でもたくさん多くの方が応援に来てくれてたんで

そういうファンの方たちとかもいろんな人に支えられて今があるんで

決して自分の力で獲れた新人王だとは自分は思ってないですね

あくまでもまだ1年間しかやってないんで、通過点だと思いますし

まだまだだとは自分は思いますね

拝啓 牧田和久様

今日はここまで

明日も一人でしゃべります

埼玉西武ライオンズ 牧田和久でした



新人王はやっぱり喜んでましたね

選手からすると一生に一度のチャンスなわけですし

先発から抑えに回って20セーブ以上マークしての新人王ですから

改めて頑張ったと思います(スタジオ拍手)

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。