スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『黄金期の言葉』

2012/ 02/ 04
                 
最近、南郷キャンプ名物になっている、一人の人物をご紹介させてください

今年からライオンズへ指導者として復帰した黄金時代を築いたフィールディングの名手、
奈良原浩守備走塁コーチです

小柄な方ですね


「とにかく話がわかりやすい」と選手から評判なんですね

おまけにユーモアのセンスも豊かでして

例えばノックしている相手の内野手が段々疲れてきて、声が出なくなりはじめると


「あれ~?静かになっちゃったねぇ そろそろ心のマナーモードを解除してくれないかなぁ」

って言うんですよね 上手いですよね

選手も思わず笑ってしまうですけども

今回の南郷キャンプでは全体練習終了後の特別な守備の練習、通称『特守』、居残りノックですよね

これで奈良原コーチが大活躍してるんです

声がよく通りますから離れた所にいても何を言ってるかよくわかるんですね 例えば


「グローブは下に置いとけよ~ グローブが下にあれば、内野ゴロは必ず捕れるんだから

グローブの上を抜いていく打球はしょうがない

グローブは下から上に使う、そう!」


みたいな感じですね あとは

「自分の左右に来た内野ゴロ、手だけでボールを捕りに行かない

足を使って捕りに行こう!

打球に向かって下半身をぐっと押し込むから、グラブがもうひと伸びするんだ、そうだそうだ!

股関節を意識しろ~」


みたいな感じですね まだあるんです

「グラブを伸ばした時、頭を横に傾けすぎると目の位置が斜めになって、ボールとの遠近感がわからなくなる

頭を下げてもいいから目の位置は平行に保つイメージを持ってね

そう!人が橋を渡る感じだよ」


奈良原コーチはノックを打ちながらこんなアドバイスのオンパレードなんですね

今日の特守の相手は
中島裕之中村剛也の両大物内野手でした

中村剛也選手は新しいスパイクを下ろしたせいで、両足のかかとに左右対称のきれ~いな靴ズレができてるんですよ

あ~そうだよねぇ 人の中身って赤いんだよねぇって感じの傷なんですけれども

ですからスパイクではなくランニングシューズでの守備練習となったんですが

3塁線のゴロに反応して、ライン際に動きますと身体の正面で捕りに行く時に踏ん張りが利かない分、

足の裏がいい感じです~っとファールゾーンに滑って行くんですね だから


「ランニングシューズでよかったで~す」と中村剛也選手は笑いを誘ってました

奈良原コーチは変わり種の練習も行ってるんです

テトラポッドのような形の小さなゴムボールで、リアクションボールいうものがあるんです

これは至る所が突起物なので、一度弾むとどこに飛んで行くかわからないから

その不規則な動きに反応すれば動体視力や反射神経が養えるというものなんです

どんな動きをするか予測も付かないから名付けて『イレギュラーボール』という打球を

中島選手や中村選手に捕らせる練習なんです

打つだけでも難しいこのボールをノックし続けたライオンズ奈良原浩コーチが

この練習の意図に加えて、中島、中村両選手の守備についてに語ってます、どうぞ


「ボールが地面について上がった後に、どっちにバウンドするかわからないっていう中で

それに対応するだけの下半身のフットワークだったりとか、対応能力をするために

下半身に力をたくわえておくっていう感覚を掴んでもらいたいっていうのと、

イレギュラーしたものに対して、ハンドリングでそれに対応する反応能力っていうのをね

ちょっと感じてほしかったんで、使ってはみたんですけど

やはり2人ともね、下半身は非常に使えるし、実際スピードもね持ってるんですけれども

その本来持ってるそのスピード、守備でまだ100%活かしきれてないんではないかなっていう部分を

僕はすごく感じるので、そういう意味では上体に頼らず、下で捕って下でスローするっていう部分を意識することで

もっともっとね、アウトにできる守備範囲も広がってくるだろうし

当然確率もね、高くなってくるんではないかなっていうふうには考えています」


しっかり練習できるようになれば、奈良原コーチは「あと1メートル守備範囲は広がる」と話していました

この練習自分で考えたんですよ

すごいですよねぇ アイデアマンですよね
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

奈良原浩守備走塁コーチいいですねぇ~。
読んでいるだけでもやる気が出てきます(笑)。
jilさんへ
コメントありがとうございます。

奈良原コーチなかなかの盛り上げ上手な方のようですね。
ほんと一美さんのレポを聴いてるだけで、なんか気持ちが盛り上がって来ますよね。
それでいてしっかり選手のことを見ているようです。

選手たちがさらなる守備への楽しさに目覚めてくれればいいなと思います。

ぜひただいま大ブレイク中の(笑)河田コーチと共に鉄壁の守備陣を築き上げてほしいですね。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。