スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『ルーキー明暗』

2012/ 02/ 06
                 
(2012年2月6日放送 文化放送LIONS EXPRESSより 南郷プリンスホテルから槙嶋範彦アナです)


今日はルーキーの二人、
十亀小石がバッティングピッチャーを担当しました

室内練習場ではあったんですが、十亀が熊代、原

小石が秋山、浅村に対して投げました

まず十亀なんですが、右のひじをやや下げた所から、勢いのあるストレートを投げ込んでましたね

持ち味のシュートは投げないんですか?と投げる前に聞いたんですが


「味方には投げられません」と そんな話もしていましたね

ただ、コントロールもよくて、熊代、原に対して40球程投げてほとんどストレートだけだったんですけど

ヒット性の当たりは許しませんでしたね

非常にいいボールを投げていました

一方の小石、こちらは逆にコントロールに苦しんだんですね

こちらも40球程投げたんですが、半数近くがボールという内容でして

サウスポーでテイクバックの非常に小さい、バッターからすればタイミングの取りにくそうなフォームなんですが

浅村に対してはちょっと力強い大きな当たりを打たれてしまったりと

ちょっと思い通りのピッチングができなかったようですね

ピッチングを振り返ってまず十亀ですが、


「ストライクが取れました

自主トレでの走り込みが安定感に繋がってるんですかね」


とまずまずといった表情

「開幕1軍にいたいです

とにかくこれからは地道にやっていきたいですね」


と充実感にあふれた表情だったんですが

一方の小石は


「今日はストライクが入らずにバッターに申し訳なかった」

室内練習場で投げたということでマウンドの傾斜がないんですよ なので


「難しい面はあったんだけど、それに対応できない、力の無さですかね」

ということでまぁはにかんでいたんですけど、ちょっと落ち込んでましたかね

ただ二人ともすでに人気者でして、フリーバッティングの後、

小石はブルペンでピッチング、さらに二人とも坂道ダッシュを繰り返し、かなり疲れてはいたんですが、

ずら~っと並んだファンがさし出す色紙に対して、一枚一枚丁寧にサインをして

「ありがとうございます」という話もしている所はこの二人今後楽しみですね
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。