スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『走る勇気』 ~秋山翔吾インタビュー

2012/ 02/ 18
                 
(2012年2月16日のLEXの続き 長谷川太アナです)


今日のインタビューは今日の紅白戦では2安打を放ちました、タイムリーも1本放っております、

秋山翔吾選手のインタビューです

・ルーキーイヤーの昨シーズン、110試合出場でした 昨シーズンはいいシーズンでしたね


「そうですかねぇ、ファームにも…まぁいろいろ勉強はさせてもらいましたし、

ファームでやるっていうことも経験したので

良くも悪くも110試合、結果として出れた事に関してはチームの方に感謝するしかないですね」


・今年のキャンプはどのような課題を持ってキャンプインされたんでしょうか?

「今年はバッティングもそうですけど一番は盗塁ですね

去年は一桁なんで、とにかく脚があっても走れないという所に僕の弱さというか、穴があるんで

そこで走れるかどうかっていうのが今年の生きるか死ぬかっていうのが自分であるので

その意識を持ってやってるつもりです」


・渡辺監督も昨年は盗塁の数がリーグ4位で88個ってのがチーム全体としてで、『150個したい』ということですが
秋山選手にも『20盗塁してほしい』と先日言ってました 去年の倍以上ですね


「数としてはもちろん不可能な数じゃないと思いますし、20個って言われてますけど、20個、30個っていうのはしていかないといけない選手だと思うんで僕自身

チームが150っていう数字の中で、片岡さんが怪我でいられない分、先頭切って走れるように今はやってるっていう感じですね」


・今日の紅白戦ではタイムリーヒットもありました それから塁に出ていいスタートも切りましたね

「そうですね とにかくスタートを切ってこの前は刺されちゃいましたけど、とにかく走る勇気というか

それが一番大事だと思うんで

数やって、課題はいろいろ出てくると思うんですけど

動かないと何も始まらないと思うんで

今はとにかく失敗を恐れず前向きにやっていきたいなと思っています」


・今一番盗塁でご自身として取り組んでいる課題はスタートなのか、最後のスライディングなのか、あるいは精神的な今言った勇気という部分もあると思いますがその辺は今はどのように考えてますか?

「技術的にはやっぱスタートが一番勉強というか、課題を持ってやんなきゃいけないとこですかね」

・スタートの難しさっていうのはどんなところにありますか?

「相手のタイミングだったり、間だったり、それを自分の呼吸に合わせて

視覚的なものから入ったのを反応しないといけないといけないんで

その一瞬の一発目の動きがどういうふうに身体を動かしていくかってことなんで

スタート、反応というか、というところですかね」


・相手のピッチャー、バッテリー、守備隊形、その全部を感覚として自分の目の中に入れてということでしょうね

「そうですね いろんなピッチャーと対戦させてもらって

クセだなんだというよりはまずは相手が動き出した瞬間に自分が一歩切れるか

前に進めるかというそういうところだと思うんで

結局はそこが一番大事になるんじゃないかと思います」


・今年は全体的なチームの調子みんないいみたいです ここに秋山選手の足が加わってくるとかなりまた機動力のあふれた素晴らしい野球になると思います

「去年も足があるというのを自分のセールスポイントとして売りこんでいても

結局プロにいてあれだけの数しかできなかったという所で

やっぱり難しさは感じましたし

それでも生きていくためにはなくてはならないものだと思うんで

とにかく今年は走る、そのためには塁に出るためにバッティングだったり

守備でミスしたら代えられてしまうし

とにかく試合に出て、打席に立って、塁に立つっていうことが

全て連動するためにはレギュラーとして試合に出続けたいなという思いはあります」


・シーズン入って最初のヒットももちろんそうですけど、最初の盗塁も注目しますね

「どっちが先になるかわかりませんけど、どっちも早い段階でいい形でスタートできたら

一年間やるためにはすごくいいモチベーションで行けると思うんで

とにかくそのためには今はアピールして結果を出して使ってもらうと

それしかないと思ってるんでもうやるしかないですね」


・じゃあご自身としてはまだまだもちろんレギュラー獲れたっていう気持ちにはなっていませんか?

「全く思ってないですね!もう全然

去年はルーキーということでいろいろ打席にも立たせてもらって試合にも使ってもらえましたけど

ダメだったら代わりはいくらでもいるってのがプロの世界だと思うんで

とにかく自分の居場所を作るためにがむしゃらにやりたいなと思ってます」


・そろそろキャンプの残り期間も短くなってきました シーズンまでにこれだけはやっておきたいっていうことはありますか?

「キャンプ入ってからは一つ一つの課題っていうか走攻守いろいろありますけど

自分の中でもメリハリを作っていろいろやれてますし

これからやっていきたいっていうのは新しくはないですけど

今練習しているところをプレーとして表現できるかというか

試合で出せるようにしていきたいっていうことだけですね」


・じゃあ今年も素晴らしいシーズンになることをお祈りしています

「はい ありがとうございます 頑張ります」


去年の盗塁の数が8つなんですよね

渡辺監督からは
「20個がノルマ」と言われていて

話を聞いていましても盗塁のことしか頭の中にないみたいでしたよね、今日ねw

今日もね4打数2安打でヒットを放って一塁に出て、いいスタートを切ったんですけどね

その後のバッターがセカンドゴロでゲッツーになってしまったんですが

でもその辺りは本人としても


「スタートを切れたというのが今日のプレーの中では大きいんです」

と言ってましたけどね

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。