スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『原の弱さ、大石のチャンス、菊池の転機』 ~渡辺久信監督インタビュー後編

2012/ 02/ 19
                 
(2012年1月後半放送 J-COM LIONS TVより)


・来シーズンのお話をこれからうかがっていきたいと思うんですけどその前に昨シーズン監督は旅に出たというお話していただいたんですけど
どうでしょう、今年は旅には行かれましたか?


201201BLTV1.jpg
「今年は、あの~行ってません

一人では行ってません」


・一人では行かず、これからご家族と一緒に?

「家族旅行ですね」

・今シーズンのお話をうかがっていきます 監督の中で今シーズンの構想、補強ポイントというのは既にできていますか?

「これは当然昨年足りなかった部分ってのは結果として出てきてる部分はありますし、

数字として出てきてる部分はあるんで、そこはしっかり補強はしたいと思っています」


・昨シーズンは怪我人が続出する中での戦いでしたが、今シーズン、ショート、セカンドに関しては?

「これはね、怪我してるレギュラーのセカンドがいるんでね、どこまで回復するかってことなんですけども

予定では開幕に間に合う予定なんでね、そこら辺は一応頭の中に入れながら

でも準備はしっかりしたいと思います」


・昨シーズン、原選手の活躍も大きかったと思いますが、片岡選手が抜けてる中、支えて来たと思うんですけど、どうですか?監督の目から見て

201201BLTV2.jpg
「ほんとに彼の働きというのは去年は2番としての貢献度がすごく大きいと思います

守備の面はもともとそれが売りの選手なんで、どこでも守れるユーティリティ的なプレーヤーで

ほんと頼りになる選手ですよね

後はもうバッティングですよね

バッティングをもう少し率を上げて、広角に打てるようになってくるとまた変わってくるし

彼はね、繋ぎ役としての送りバントとかそういう部分で去年も非常に高い数字を残している

ただ、ただですよ、一番大事な所で3回失敗してるんですよね

そこが彼の弱さです」


・昨シーズン最後のロッテ戦でもありましたけども、あの時監督が原選手を呼んでアドバイスされてたと思うんですけど

「あれはその試合バント失敗もしたしタイムリーエラーもしたし、最後いい場面で原坊に回ってくるところで

ネクストにいた彼の表情見たら、もう泣きそうな表情してたんで

201201BLTV3.jpg
呼んでちょっと顔を緩めたんです 緩めてやったんです」


・緊張のあまりプレッシャーに押しつぶされそうだった原選手

「ほんと彼はいいもの持ってるんですけど、やっぱ一つの弱点が、弱い所があるんです

そこを克服して行けば、いいプレーヤーになると思います」


・じゃあ今年以降は精神的な面でももうちょっと鍛えていけたらなと

「そうですね あそこでしっかりバントを決められる選手になってほしいなと思います」

・そして今シーズンは大石投手にファンのみなさん期待しているんですが先発での起用を考えているということなんですけど

「ずっとファームでも先発させてますし、そこそこファームでも投げるスタミナもだいぶん上がって来てるんで

あとは実際僕も見ましたし、秋季キャンプでも見たんですけど

もうちょっとストレートの力が上がってくれば、チャンスはいっぱいあると思います」


・大石投手の調子次第では1軍で

「そうですね 2年目になりますし、今年にかける思いっていうのはこれは彼が一番思ってると思います

201201BLTV4.jpg
雄星と同じ道を歩いてるなみたいな雄星も1年目怪我して出遅れてなんとか投げられるようになって

昨年はね、彼の4勝というのも大きかったですし

今シーズンさらなる飛躍が期待されるところなんでね

大石も昨年はね、ああいう状態でファームで過ごしましたから今年こそ1軍の枠にしっかり入って来てほしいなと思います」


・今雄星投手の話が出ましたが、昨シーズン監督が阪神戦での起用をしましたが、これはなぜ阪神戦でデビューを?

「ちょうどその日が先発ピッチャーの谷間っていうのもありましたし、

当然お客さんも入るわけですから地元球場で雄星先発となるとそれはもう盛り上がると思いましたし」


・雄星投手が阪神戦で涙してたんですけど、あの時の話を聞くと『相当なプレッシャーでした』ということでした

「確かに気持ちはわかりますけど、泣くのは早いと思いました、僕は」

・今シーズンの雄星投手の活躍も期待されますよね 先発ローテーションでもちろん

201201BLTV5.jpg
「そうですね やはり昨年は高卒2年目のピッチャーでしたからね、彼もプロ野球の1軍で4勝するということは大変なことなんですよね

若いピッチャーがあれだけ頑張って4勝しました 

今年3年目ですよね 3年目に転機があると思いますよ、高卒のピッチャーというのは」


・その他に監督が特に期待している選手はいますか?

「期待はね、うちの支配下選手全部期待してるんですけどこれはもうみんなにね

せっかくプロ野球に入って来たわけだからそこがゴールじゃないし、新たなスタートになるわけですし

当然みんな故郷があって、故郷の家族、仲間、野球関係者、当然応援してるわけですから

昼間の2軍の試合もいいんですけど、やっぱプロ野球ってのは1軍の夜の試合、ナイターっていうのが

これがプロ野球 あのカクテル光線を浴びながら投げたり打ったり守ったりってこれがプロ野球なんでね

そういう世界にみんな入って来てほしいなとこれは今2軍にいる若い選手もそうですし

一人でも二人でも多くその舞台に上がってほしいなと思います」


・最後になりましたが今シーズンライオンズの優勝をファンの方々は願ってますので最後にメッセージをお願いします

201201BLTV6.jpg
「昨シーズンはほんとに温かい応援をしていただきありがとうございました

結果的には優勝できませんでした

これはほんとに我々も忸怩たる思いでソフトバンク戦のあの日本シリーズを見てましたし
 
今年はなんとかね、やり返してやろうという気持ちでいます

ファンの方々もね、悔しい気持ちでいるとは思うんですけど

またここは気持ちを一つ切り替えて今シーズン我々と一緒に優勝目指して戦っていってほしいなと思っております

よろしくお願いします」


201201BLTV7.jpg
・ありがとうございました 新年特別企画は渡辺久信監督にお話をうかがいました どうもありがとうございました

「はい ありがとうございました!」

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。