スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『新守護神誕生?』

2012/ 02/ 29
                 
(2012年2月28日放送 文化放送LIONS EXPRESSより 高知春野より斉藤一美アナです)


千葉ロッテとの練習試合は3-2、ライオンズが辛くも逃げ切りました

最後を締めくくったピッチャーはなんと、ドラフト1位ルーキー十亀剣

非公式ではありますが、プロ初セーブを挙げています

これはクローザーとしてのテストではなかろうか?と一瞬色めき立ったんですが

渡辺監督から


「その考えは先走り過ぎ」

とたしなめられてしまいました

「エンリケ・ゴンザレス、ランディ・ウィリアムス、そして中村マイケルは今日のマリーンズ戦に投げた後、東京へ帰ってしまう

天候は時間が経つにつれ、悪くなっていく予報だったから

この3人の登板を優先させたらたまたま十亀は出番が9回になっただけ」


と説明してたんですね

9回表3-1 ライオンズ2点リードでマウンドに上がった十亀は

先頭マリーンズの左バッター俊足工藤隆人にライト前ヒットを許します

その後、清田にスライダーが抜けてデッドボールを当ててしまいまして苦笑い

ノーアウト1、2塁から左の大松をサードフライに打ち取ったんですが

右の田中雅彦は3塁線の内野安打で満塁のピンチを迎えてしまうんです

渡辺監督から


「あいつなんか一人で勝手に重圧をかけてないか?」

と思われていた十亀は左の塀内になんと押し出しフォアボール

みすみす1点を献上して3-2、1点差に迫られるんですが後続を断って勝利に導きました

十亀は


「力みすぎました

フォアボールで1点取られるぐらいだったら打たれたかったです」


と微笑んだ後、

「この前の広島戦では一人もランナー出さなかったんでとても良い練習でした

今日のゲームは思い出になります」


と話していました

さて、今日のメインイベントはロッテのスーパールーキー、サウスポー藤岡貴裕が対外試合初登板でライオンズに挑むというものでした

浅村、原の1、2番 クリーンナップは中島、中村、栗山 6番からは高山、米野、炭谷、熊代・

を相手に藤岡は4回 全てシングルヒットの4安打

自らの悪送球エラーによる1失点

奪三振5という、敵ながら見事な内容でした

140km/h台半ばのストレートが冴えわたっていましたね

中島はレフト前ヒットと詰まり気味のセンターフライ


「キレのいい球投げますねぇ」

と話していました

中村は角度は悪くなかったんですがあまり飛ばないレフトフライとチーム唯一のフォアボールを選んでいます

藤岡については


「ノーコメントでお願いします」

と笑っていました

中島、中村以外でイヤな雰囲気を持っていたライオンズのバッターを藤岡に尋ねてみました

「1番の浅村なんかはすごい積極的に振ってきますし、

栗山さんとかほんとに雰囲気もあって、オーラもすごいあったので、

その2人ですかね」

栗山を初対決で見逃し三振に仕留めたアウトローの直球はそれにしても完璧だったんですよ

栗山も


「ボールカウント2-2からあそこに投げられること自体、即戦力ルーキーと言われるだけはある」

と脱帽していました

そして浅村、第1打席藤岡が投げた初球143km/hストレートに完全にさしこまれてセカンドフライだったんですが

2打席目は141km/hをきっちりレフト前ヒットにして見せました


「スピードガンよりも速く感じるピッチャーなので大きい当たりを捨ててスイングした」

と話していましたが、初球緩いカーブでストライクを取られた後、コースが甘かったとはいえ、

スピードの緩急に惑わされることなくジャストミートできる辺り

浅村は着実にスターへの階段を昇っていますね

ライオンズ先発は右のパワーピッチャー、ずんぐりむっくりのゴンザレス

3回わずか39球のパーフェクトピッチングでした

コントロール抜群、大体ボールは低めに行ってましたね

4三振のうち、3つまでが三球勝負でした

常にストレートは140km/h台後半、MAX151km/h

変化球、チェンジアップも放ったんですけども

140km/hそこそこのスライダーがまぁ絶品です

面白いように空振りを奪っていましたね

ゴンザレス本人も自信を持っている球種で


「思いっきり腕を振ると、大きく曲がったり小さく曲がったりする、投げ分けはできないんだ」

と笑っていました

さすが細かいことは一切気にしないベネズエラ人ですよね

渡辺監督は


「前はもちろんだけど後ろもできそうだね

どちらを任せるにしてもそんなに遠くない内に本人に伝えようかと思っている」


と話し、抑えを任せることもほのめかしていました

泣きどころですからね、ライオンズの

ゴンザレスは


「もうちょっと暖かくなれば155から156km/hぐらいは出せる」

とのことです

今日のピッチングだったらクローザーとして30セーブは固いですよ

楽しみです
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。