スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『自分からは言えない』

2012/ 03/ 08
                 
(2012年3月7日放送 文化放送 LIONS EXPRESSより 兵庫から斉藤一美アナです)


今日は兵庫で楽天とのOP戦でした

1-0で惜しくも敗れました

相手先発の戸村相手にほぼ毎回のようにランナーを出したんですが実を結びませんでした

スタメンはヘルマン、原の12番コンビは昨日と同じ

クリーンナップは中島、中村、レフトを栗山に戻してベストの布陣

先週木曜日に痛めた左足首の捻挫がまだ治ってない浅村が今日は6番指名打者

下位打線は米野、炭谷、センター秋山

先発ピッチャーは牧田和久でした

投球内容は5回5安打、四球2、死球1、三振4つの1失点でした

牧田は立ち上がりにピンチを迎えながら無失点に切り抜けますと、尻上がりに良くなって行きました

4回裏なんて3球で三者凡退ですから完全に牧田ペースでしたが

5回裏にケチがついてしまいました

2アウトから聖澤デッドボール、鉄平ストレートのフォアボールから右打席に迎えたのは楽天の3番牧田(まきだ)明久

ライオンズファンからは『まきた~』

イーグルスファンからは『まきだ~』

あの声援はややこしかったですね

マウンド上の牧田は「どうしようかと思った」と振り返っていましたけれどもw

「同じ名前みたいなものだからやはり意識はする」とは言っていました

結局ストレートをライト前にはじき返されてタイムリー

これが楽天の決勝点だったんです

今日のピッチングを振り返るライオンズ牧田和久の声です

「序盤、初回と2回にちょっと簡単にランナー出してしまったんで…

まぁでも結果は0に抑えられたんで、良かったかなとは思いますし、

3回4回と球数も少なく、相手が早打ちってこともあったので、簡単に終わったんですけど

最後の5回がちょっと2アウトからもったいない失点をしてしまったのでその辺が課題なのかなと思います

前回ボールがキレてなかったので、打たれてもいいので自分の球を投げるってことだけを考えて投げました

自分はストライクのピッチャーだと思うので、その初球、2球目っていうファーストストライクを狙われてたなっていう感じはするので

この後、開幕まで時間あるんですけどその初球の入りだとか、しっかり考えてやっていきたいなと思います」

牧田に対して渡辺監督は

「全然心配していない ボールの質もストレートが浮き上がってくる軌道も段々本来の姿になってきた」

と確信を得ていたようですね

歯がゆい思いをしている選手が一人います

ここ3週間左太ももの裏に不安を抱えている秋山翔吾です

ほぼセンターのレギュラーとして起用されているんですがここまで

初回はノーアウト2塁で鉄平の浅いセンターフライを前かがみでダッシュして、

帽子が外れるほど前に来てナイスキャッチだったんです

~これで足はだいぶんよくなったんだなと思ったんですが3回表のバッターボックス

ライトへの見事な2ベースを放ったあとの走塁

いつもの秋山だったら全力で2塁を回って3塁コーチの指示を見てから急ブレーキをかけるところですよね

でも今日も8割ぐらいのスピードでベースに到達した瞬間、足はすでに止まっていたんですよ

そして1点ビハインドの8回の表、フォアボールを選んだところで代走熊代と交代させられてしまいました

ここが問題です、やはり

「本来なら僕は足を売りにしているバッターですからそのまま出続けなければいけない

本当にはがゆい」

と秋山は悔しそうでした さらにこう続けたんですね

「守備であれば、無我夢中でボールを追いかけられるんだけれども

ベースランニングになるとただ走るだけなので、自然と左太もも裏の肉離れにならないよう力をセーブしてしまっている

河田走塁コーチからは『ダメだと思ったら自分から申告してくれ』ととうとう今日言われてしまった

でも僕のレベルで自分からは言えない」

ということだったんですね

外野のポジション争いは極めて激しいですから休みたくありません

今の秋山を見てるとハラハラします

さらにヒヤヒヤした瞬間もあったんですよ

キング中村剛也が左足首をひねってしまったんです

7回裏ファーストの守備で12塁間の挟殺プレーに参加して最後ランナーを全力疾走で追いかけてタッチした瞬間にグキッと行っちゃったんです

ベンチに戻って来た時顔の前で×マークを作って「アカン」と言っていたんですが

結局次の回にも守備はやりました

で、レフト前ヒットを打ってからピンチランナーを送られてるんです

バスに乗る前に中村は「ちょっと痛い」とこぼしていました

怪我に強い彼のこの表現は不安なんですよね

明日元気な顔を見せてくれるといいんですけれども

明日は神戸でオリックスと練習試合

先発は大石です
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

ファンとしても残念ですが
こんにちは。いつも楽しく拝見しています。

秋山選手は帰京して、西武第二球場で調整することになったようですね…。
コメントにもあるように、この時期にこの決断をするのは苦渋と言うほかないと思います。
しかしいろんな意味で秋山選手は8割の力のままやっていい選手ではないと思うので、ここは焦らず割り切って調整してほしいです。
一軍の試合で全力プレーを見せる日を、心待ちにしています!!
渡邉意志さんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

いつもご覧くださり、ありがとうございます。

秋山選手キャンプは乗り切っただけに悔しさもそうとうなものがあると思います。

ただ、まだ2年目でこれからの選手。
ここで無理をしてずっと痛みを抱えたままとか、後後まで響く別の部分の痛みとかが出るよりかは開幕までもう少し時間のあるこの時期の決断は却ってよかったのかもしれませんね。

おっしゃるように8割の力だと秋山選手の魅力って出しきれませんよね。
あの肩、あの脚、は常にフルな状態が期待されますし、その結果100%の打力も磨かれていくんだと思います。

これから何年もライオンズの外野を任されるためにもここで少しいい遠回りをして不安の無い状態で戻って来てほしいですね。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。