スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『左、もう一枚』

2012/ 03/ 14
                 
(2012年3月13日放送 文化放送 LIONS EXPRESSより 飯塚治アナです)


今日は西武ドームで広島カープとのOP戦がありました

先発は菊池雄星で広島はバリントンで始まりました

今日を含めてOP戦残りが11試合ですので渡辺監督も

「もちろん勝ちにこだわっていく

まぁ週末も言ってたんだけどねw」

と言ってましたが、なかなかOP戦で勝てなかったので本腰を入れてではないですけどそんな試合になりましたが

スタメンは
①セカンドヘルマン
②サード原
③ショート中島
④ファースト中村
⑤レフト栗山
⑥DH浅村
⑦ライト高山
⑧キャッチャー炭谷
⑨センター星秀和

守備の枠がなくなってきてるので浅村をDHに入れました

先発の菊池ですが前回は好投でしたが今日もローテーション入りを目指してのピッチングでした

初回の立ち上がりはなかなかスライダー、変化球でストライクが入らなかったんですが

真っ直ぐで押して行って東出、梵、ニックを抑えて三者凡退に切り抜けたんですね

その裏バリントンから1アウトから原がエラーで出塁して中島がサード強襲のヒットで繋いで

そして中村が打席に入りまして、おとといの日曜日に続く2試合連続のHRで

最初はレフトへふわっと上がったのでレフトもゆっくり追っていたのですが

フェンスまで行って「あ、もうダメだ」と言う感じの滞空時間の長いHRでした

昨年シーズン中盤まで1点台という防御率だったバリントンから初球で一発で仕留めた中村のHRでした

渡辺監督は試合後

「日本代表の試合始まるまでは今一つかなぁと思っていた中村のバッティングの内容だったんだけれども

チームに戻ってきて中村らしさ、角度が出てきて、いい形の角度になっているんで

もう問題ないだろう」

と言う感じでほんと日本の4番ですからね

西武の4番としてもやってくれそうだなと言う感じでした

菊池は2回にダブルプレー崩れの間に1点を失ってどうにかこうにか1点で凌いでいたんですが

3回に広島打線につかまって、2アウトを取った後に梵にセンターへの2ベースを打たれて

その後連続でタイムリーを打たれてしまいます

2回まで1失点に抑えて来たんですが2回2アウトを取った後に

梵、ニック、栗原と主力バッター相手になかなか変化球がストライクとれませんでした

ストレートで押しこんで行ってなんとか打ちとりたいというところでしたが

その真っ直ぐを捕まえられてしまっての3連打同点とされました

ただライオンズは今日打線が活発で

3回の裏にはチャンスから中島が詰まりながらもセカンドの上を超えてセンターへのタイムリーで1点勝ち越し、

コンパクトに打ち返し、ヘルマンを還し、再びリードをとります

先頭バッターのヘルマンがレフトへのヒットを打ってすぐに盗塁を決めまして

ヘルマンはこれでOP戦4つめの盗塁なんですね

盛んに走っているんですよ

原のセカンドゴロでランナー進塁しての、中島がバリントンのストレートをしっかりと打ち返してのタイムリーで

ライオンズが4-3と勝ち越したんですね

さらに5回の裏荷はまたまたこの人も主役になりますが栗山巧が打ちます

バリントンから代わった広島の今村、菊池と同級生3年目ですが

この今村が2四球の後、そこで栗山がしっかりとレフトへ、レフトが後逸する間にタイムリーになりまして

浅村も続いてレフトへのタイムリーで3点とりました

その後6回にも1点をとり8-3とし、その後投手陣ですが

6回からは星野、7回岡本篤が投げてその後1イニングまたぐようにして松永も登板して

最後はゴンザレスが締めくくりました

この中継ぎも今日よかったですね

ゴンザレスは丸、石井琢、前田を三者三振に斬ってとりましたが

全部で11球投げたんですが9球がストレートだったと思うんですね

ほぼ変化球なしの真っ直ぐでぐいぐい押して

MAXは147km/hでしたがその他のボールも大体145~147km/h出ていてパワーピッチャーらしいなという形でどんどん打者を押しこんで行きました

ベテラン石井、前田もこの時期の147km/hは相当速く感じたんじゃないですかね

カットボールも141km/hというボールもありまして

渡辺監督も

「現時点でのストッパー候補一番手だね

いい投球をしてくれてるね」

と言ってまして、人気も出そうなピッチャーですね

ガッチリとしていて、愛嬌のある体型で、明るく、

投手会ではビールを何杯もあっという間に呑みまして

いつまで呑んでるんだという話があったぐらいですが

このゴンザレスがストッパーとして2012年やってくれそうだなという投球でした

試合後の渡辺監督ですが菊池については5回6安打2三振1四球3失点という内容に

「決め手がないかな、これというボールがない

そのボールの力、コントロールというところもどうかなという所もあるし

本人もなんとかしたいという思いは出ているけれども

左をもう一枚加えたいけれども一久との兼ね合いにもなるかな」

と言ってましたね

菊池本人は

「よくはなかったです

3回2アウトからの失点ということが響きましたし、最少失点でしのいでおかなければいけなかったんですが

内容よりも僕の立場を考えると結果なので

身体が早く開いて横ぶれのピッチングもあった

チャンスがあればいけるぞというピッチングを見せたいんだけれども

真っ直ぐはいいけどもそのは他の変化球の精度がダメでした

初回からボールにばらつきがあって、

カーブを投げなかったのは今一つ自信もなくて」

と言ってまして来週の火曜日の西武ドームでの中日とのOP戦でもうワンチャンスあるかどうか

そこでいいピッチングを見せられるかどうかということになりそうですが

ひとまずライオンズは今日8-3で勝ちました

明日の広島とのOP戦も文化放送ライオンズナイターインターネットライブにて完全実況生中継します

ライオンズナイターのHPからお楽しみください

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

菊池が打たれた時、野手のみんながいつも多く点を取ってあげます。涌井なら、そんなことはないよねw
遅ればせながらリポーターの千代綾香さん、一身上の都合により降板されていたんですね…。
バタバタしていて気付くのが遅くなりましたm(_ _)m

YouTubeで千代綾香さんの声、表情を家族でみていいリポーターさんだったんだなぁっと改めて思った次第です。
一度もNACK5を聴いたことがなかったんですが(大阪在住なので)、週刊ベースボールにおかわり君の特集で顔写真付きで載っていて、本人と一致していなかったねこたん。
(つд`)グスン


ほんとに千代さん、お疲れ様でした、ですね☆


菊池君、落ちる球が喉から手がでるほど欲しいですね…。
榊さんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

菊池の時はほんと、援護多いですよね。
涌井の時は昔っから援護少ないことが多い気がします。
2007年ぐらいでしたっけね、涌井の登板の前後の試合は打線が爆発したのに、涌井の日だけ沈黙…なんてこともありました。

よく「投手のリズムがいいと打線も活気づく」なんて言葉を目にしますが、どちらかと言うと経験の多い涌井の方がそこら辺のリズムは把握しているのかなとか思えるんですが、涌井は球種も多い分、選択肢も多く、サイン交換などに時間を要する場面もあって、それでリズムが悪くなるのかなとも思ったんですが、牧田のように早いテンポで投げてくる投手の場合でも援護がないし…

ほんとそう考えると菊池の時の援護率の高さは目を惹きますね。
ねこたんさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

千代さん、1月の末ぐらいに退職の噂があったんですが、2月に入って明らかになりました。
ほんと急すぎるぐらい急で、NACK5さんからも千代さん本人からも正式な発表はなされていないと思います。

千代さんはほんと優しそうな方でしたし、レポも独特の視点から入れてくれたりと楽しい方でした。

意外な数字を調べ上げて新聞にも載らないデータを提供したりもしてくれました。

オフもイベントでお忙しいそうでしたし、疲れたのかもしれませんね。
まずはゆっくりしてほしいなぁと思います。

本当にお疲れ様でした、今までありがとうございましたと言いたいですね。

菊池投手、球速も出てるんですから後は落差ですね。
カーブやフォーク、これからもっと磨いて、いつかは「ローテ当確1番手」と言われる投手になってほしいです。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。