スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『熊代、いいアピール』

2012/ 03/ 21
                 
(2012年3月21日放送 文化放送 LIONS EXPRESSより 飯塚治アナです)


今日は8-5で逆転勝ちしまして、OP戦連勝になりました

ただ先発が牧田投手でしたが前回より中5日での登板でしたが

ここ2試合四球からの失点が目立っていたんですが

今日は6回7安打1三振1四球で5失点ということで

渡辺監督も


「ピリッとしなかったかなぁ」

という評価でしたが

106球の球数が示すようにかなり苦しんだなぁという印象もありましたね

今日センターにヘルマンを起用するというですね

キャンプ、OP戦、練習試合を含めて内野で使っていたヘルマンを外野で使いまして

渡辺監督は試合後に


「テストです いろんな形、いろんなバリエーションでのシュミレーションをしたかった」

と言っていましたが、秋山が開幕に間に合いそうだという話もあるんですが

シーズン入れば試合の終盤でもそういった起用もあるでしょうからセンターヘルマンを使ったんですね

このヘルマンの守備が一つポイントにもなったんですが

牧田は立ち上がり1、2回0点は凌いだんですが3回、先頭の堂上の打席でセンターのヘルマンの所にライナー性の打球が飛んでいきますが

通常のセンターならワンバウンドで抑えるかなという所をちょっとあたふたするわけでもなくそのままボールを逸らしてしまい、

これが3塁打になり、牧田もちょっとリズムを乱してしまったんですね

その後、大島にタイムリーヒットを許した後に

森野のファーストゴロを今日ファーストに入っていたが浅村がベースカバーに入った牧田に悪送球エラーになって

もう1点失ったんですね

3回にはセカンドの原がエラーをしてしまったり、

5回にも失点するんですが、このケースでも原のフィルダースチョイスがあって

ミスが目立った形で牧田も足を引っ張られたかなぁという感じもありましたが

渡辺監督は


「逆球が今年の牧田は多いな

本来であればもっと制球がいいんだけども、逆球が多い分、甘い球が行って打たれてるケースが多い」


と言ってまして、開幕まであとはOP戦の登板がありませんので、

短いイニングを投げて、開幕2カード目のロッテ戦の登板濃厚ですので


「そこに照準を合わせてしっかり調整してもらいたい」

ということも言っていました

今日も中継ぎは素晴らしい成績でして

2番手以降ウィリアムス、岡本、ゴンザレスがそれぞれ無失点で切り抜けたんですね

ウィリアムスが146km/hのストレートを投げ、さらにカーブも織り交ぜたり、

チェンジアップで空振りもとっていて、セットアッパーで使えれば、さらに中継ぎの厚みが増しそうですね

ゴンザレスはついに149km/hを投げまして、外はかなり北風が吹いていたんですが

半袖のアンダーシャツで暑くなるとどこまで球速が上がるのかなというところですが

特に左打者に対してのスライダーも効果的で

渡辺監督も


「切るようにガッと投げてくるんで、鋭い曲がりをしているので左打者はあれには手を焼くんじゃないかなぁ」

と言っていたんですがその言葉通り森野をスライダーで空振り三振に仕留めました

スタメンは

①センターヒルマン
②レフト栗山
③ショート中島
④サード中村
⑤DH嶋
⑥ファースト浅村
⑦ライト米野
⑧キャッチャー炭谷
⑨セカンド原

原、ヘルマンは攻撃で奮起して

3回裏原がレフトオーバーの2塁打の後、ヘルマンがセンターに落とすタイムリーで1点を返しました

その後中島のショートゴロの間に追い付いたんですが

さらに7回裏にビッグイニングをつくりました

一挙5得点をとりました

浅村、米野の連打の後、ヘルマン四球、栗山が押し出しの四球で1点差に追いあげてさらにチャンスで中島、中村がそろい踏みです

中島がレフトへのタイムリー、中島は3安打の猛打賞ですね

中村もレフトへのタイムリーで逆転をして一挙8-5と逆転しました

渡辺監督は


「打線は活発になってきて久々によく集中打が出た

追いかけるゲーム展開の中で逆転したという所もあったし、

開幕に向けて打線が湿りがちだと不安だったのでこれで活発になってもらえればな」


とも話していました

熊代が今日もいいアピールをしたんですが6-5と逆転した後、

嶋のセカンドゴロでもう1点追加したんですが

8回1アウトから熊代がスイッチ転向の本領発揮を発揮します

代走からの出場で初めての打席で初球をセーフティバント、3塁へのバントヒットを決めました

渡辺監督も


「いいアピールしているし、貴重な戦力になっていくと思う」

と評価していたんですね

熊代は先日も3安打の固め打ちがありましたが10球前後粘ってのヒットを打てたというところを熊代自身も喜んでいたんですが

左打席でのカットバッティングをできるようになったのかと聞くと


「いや、それは一生懸命打ってファールになっているだけです」

と言っていましたがw

それをファールファールで粘っていくわけですからスイッチ転向1年目で左打席で粘れますし

センターのポジションでも非常によくやっていますんで

秋山の状態次第では開幕センターに熊代がということもありますし

非常にいいアピールをしていますね

試合後の渡辺監督は


「ヘルマンのセンターは、『ん…』

まぁこういった所で使うことがあるかもしれない

OP戦も残り試合が少なくなるので

あとは先発投手陣がいい形で調整して、実戦に臨んでもらえれば

開幕投手を含め、ローテーション5人、6人には伝えてないと言っているが

もう伝えてある」


ということでした

金曜土曜の神宮でのヤクルト戦が雨の中止が心配ですが

明日の試合は石井一久投手の先発が予想されます

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。