スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『絞られた2人ともう1つのパターン』

2012/ 03/ 23
                 
(2012年3月23日放送 文化放送 LIONS EXPRESSより 斉藤一美アナです)


ライオンズは今日神宮球場でヤクルトスワローズとのOP戦が予定されていたんですが

お昼前に雨のために中止になりました

ライオンズ幻のスタメンは8番バッターまで昨日と一緒でした

ヘルマン、栗山、中島、中村、嶋、浅村、高山、炭谷

そしてラストバッターのセンターが今日は熊代だったんですね

安部打撃コーチによりますと


「スワローズの先発がサウスポーの石川なので

右バッターを使おうと思った

熊代はスイッチヒッターだけどもやはり信頼度が高いのは右打席だからね」


ということなんですね

昨日のロッテ戦、相手の先発ピッチャーは左の成瀬だったにも関わらず、

熊代ではなく佐藤友亮をスタメンで起用した理由は


「1軍での打席の数が今まで少なかったから」

と説明していたんですね

秋山翔吾がファームでスタメン復帰したとはいえ、まだフル出場できていません

開幕スタメンのセンターは2人に絞られつつあるのではないかと私は思います

実績なら間違いなく佐藤友亮、

勢いを買うのであれば断然熊代

渡辺監督は誰を選ぶのでしょうか

一つだけ言えることは、開幕1週間前の今日、先発するピッチャーこそが中6日でシーズンのオープニングゲームを任されるはずなんです

となると、他のメンバーもベストの布陣にして予行演習した方がいいですよね

ですから今日のスタメンがそのまま開幕戦のオーダーになるのではないかと私は思います

案の定、今日のヤクルト戦でライオンズは涌井秀章が先発する予定でした

大切な最終調整の登板機会が雨で流れたことにより、前もって想定されていたもう一つのパターンで

涌井を試運転させることが決まっています

明日のイースタンリーグ、楽天戦での先発です

たまたま西武ドームで開催されるんですよ

確実に投げることができます

渡辺監督によりますと


「予定は3回 

この前の登板で6回投げてるからまぁスタミナも問題ない

球筋の確認ってところかな」


と話していました

そこで私は「涌井はもう開幕投手ということでよろしいでしょうか?」と尋ねましたら


「まぁ、じきに言うけど今日は公言しない」

と言ってにやりと笑いました

念には念を入れて、杉本コーチに「そういうことでいいんですよね」としつこく探りを入れましたが


「俺の口から言えるわけないだろう」

と困った顔を見せた後、少々ためらいながら

「まぁ普通に考えれば…ねぇ?」

と匂わせていました

ここら辺のやりとりが恋の駆け引きに似て私結構好きなんですよね

ドキドキするんですけども

明日のイースタンリーグ楽天戦で何事もなければライオンズの開幕投手は涌井秀章で決定いたします

その女房役としてキャッチャー炭谷銀仁朗も明日の2軍戦でマスクをかぶる予定です
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。