スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『心は一つ』 ~工藤さんレポ

2012/ 04/ 01
                 
(2012年4月1日 対日本ハム3回戦 NACK5 『サンデーライオンズ』より
ライオンズレポーター工藤むつみさん、 実況加藤暁アナのレポをまとめました)


渡辺監督
(岸の3月25日登板について)
「5回まで投げられたのは収穫
病み上がりの中頑張っていたが
マウンドでの雰囲気がふわふわしていたのが気になった」

安部コーチ
「浅村が今年は打線のポイントになる
思いきってやってほしい」


「西武は正直優勝狙えるチーム
そういうチームでプレーできるのは嬉しい
具体的な数字の目標は立てずに全力でプレーしていきたい
チームの優勝に向かってやっていきたい」
「早く今シーズンの1本目のヒットを打ちたいなぁ」

米野
グラブに解読しづらい文字が書いてあり、本人に確認すると
名前の智人の『智』の旧字体を書いてある
今年から外野にコンバートされたが
「春季キャンプでは8割以上を外野守備練習をしていました」
「自分らしく意識しずぎずに結果を求め過ぎずに行きたい」

栗山
オフに右ひじの手術
手術の影響を聞かれて
「寒さが厳しいと気になることもあるけど
もうほとんど影響はありません」

杉本コーチ
3回までの岸について
「いい状態です
相手もいいピッチングをしているので根負けせず
粘り強いピッチングをしてほしい」

渡辺監督
昨日の試合後
「ヘルマンが出くれないとなぁ」
ヘルマン自身はリラックス
試合前アップでも率先して声出しをし
気持ちの切り替えはできているっぽい

ゴンザレス
試合前監督と笑顔で会話
監督が最後ポ~ンとお尻を叩く

中村HRコメント
「試合前に栗山選手と話していてアドバイスをもらったら打てました
そのアドバイスの内容は教えられません」
ベンチに戻る時は笑顔ではなく興奮を隠すような淡々とした表情


小1から6までライオンズファンクラブに入っていた
「なので今は選手よりもスタッフを見ると緊張する
あの頃応援してた選手だから
もちろん渡辺監督もその一人です」

松永
「去年からサイドスローに変えたが去年はバランスが悪くて
体重を右足に乗せる時にいい時と悪い時があった
去年の秋のキャンプからそこを意識してバランスを安定させることを心がけた
それが今年の結果に繋がりました
昨日も初登板の緊張はあったけどOP戦の自信もあったので
去年ほど緊張はしなかった
昨日とりあえず結果が出て一安心です
今年はインコースをどんどん突いて行きたいです」

松永
満塁のピンチを切り抜け
ベンチでハイタッチ攻め
岸も安堵の表情

中島
「今年は盗塁企画の意思を増やしたい
首脳陣にもどんどん走っていいと言われている」

奈良原コーチ
「3番の中島が走ろうとすることで中村に対する攻めも変わってくる」

渡辺監督
昨日の試合後
「ゴンザレスは初めてのリーグ戦で緊張したんだろう
クローザーとしての資質はある
1回の失敗で評価は変わらない」

ゴンザレス
OP戦の時はブルペンのモニターで相手バッターを見るなど研究熱心

試合後の渡辺監督
「岸はよかったね~
ストレート、スライダー、チェンジアップ、いろんな球を
緩急を使い分けて右打者にもしっかり投げ切った
終盤疲れもあったけどよくあそこまで投げてくれた」


(ここからはNACK5の今年のジングルです)

渡辺監督
「昨年の悔しさを胸に今年こそなんとか優勝して
本当にいいシーズンにしたいと思ってます
とにかく勝つ」


「今年は怪我をせず1年間ローテーションを守って
チームとしては優勝してその輪に入れるように頑張りたいと思います」

中村
「中村剛也で~す
今年は日本一になります」

炭谷
「今年は優勝します」

ヘルマン
「目標は一シーズン通して健康でやることと
ライオンズを優勝に導くことです」

栗山
「今シーズンは日本一、これを目標に頑張ります」

中島
「今年の抱負はとにかくチームが日本一になれるように貢献することです」

(各選手、最後にサンデーライオンズの今年のスローガン『NACK5サンデーライオンズ心は一つ』という言葉を言います
ヘルマン選手もカタコトの日本語で言いましたが、上手く言えずに7~8回も録り直したそうです)

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。