スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『松永のこれからとゴンザレスの変化』 ~ナベにQ

2012/ 04/ 03
                 
(2012年4月3日 試合は中止となりましたが試合前の渡辺監督のインタビューから発言部分を大まかにまとめました)


前回の日ハム戦は序盤から岸本来の緩急をつけた投球でした

連敗中、といっても開幕2連敗ですがw、プレッシャーのかかっただろうに、しっかり自信を持って自分の投球をしてくれました

ベンチもある意味、ぶっつけ本番みたいなとこがあったんですけど、ちょっと不安もあったが

試合前のブルペンですごくよかったという報告だったんで、問題ないかなと

投げてみてまたどうかな言うところなんですけど、その心配も全然なさそうなんで、

でもほんと良かったなと思いますね

中継ぎでは松永は前の日にすごくいいピッチングをして、

岸もね7回ぐらいからちょっと怪しくなったというか、ボールが引っ掛かりだしたんで、

8回がヤマかなと思ったんで、8回は継投の準備はしていたんで

あの場面で松永を行かせたんですけど、右バッターに四球を与えて、次は糸井ということで

だいぶん舞い上がっている部分もあって、ちょっと投手コーチにマウンドに行ってくれって言って行かせたんですけど

松永はああいう場面で投げることがこれから多くなると思うんで、しっかり抑えていかないといけないですね

ああいうふうになったら開き直るしかないと思うし、ボール先行で満塁でとにかくめいっぱい腕振ってストライクゾーンに投げて行くしかないんでね

でもそれも大事なことですし、また緻密にしっかりコーナーを突くことも大切ですし

一個一個あのポジションを投げるピッチャーとしてこれから成長して行けばいいと思います

ゴンザレスが変化球が多かったのは昨日の今日だったので

前の日は入れ込み過ぎてほんと真っ直ぐ真っ直ぐで

銀仁朗も初戦が大敗したということでリードした迎えた9回で絶対この試合落とせないあったと思うし

その中でバッテリーが入れ込み過ぎたのかなと

3戦目は試合前もゴンザレスといろいろ話をしてね

彼はやっぱりいい変化球を持っているんで、それを使わない手もないですし

抑えとしての資質は充分あると思うので3戦目も本人には「今日も1点差で9回だったら行くよ」とは話してたんで

準備もできていたと思うし

なによりゴンザレスがホッとした顔してましたね

投手陣は普通に投げさえしてくれれば、しっかりしてるんでね、後ろは

岡本、マイケル、そこに松永を挟みながら最後はゴンザレスという形はできているんで

そういう展開に持って行けるようにまずは序盤ゲームを支配して行かないとそういう展開に持って行きづらいんでね

あとは先発ピッチャーに頑張ってもらうところです

試合は中村のHRで決まりましたが、相手の吉川君がすごくいいピッチングをしてたし、なかなか連打が難しいなと思ってたんですけど

4番が1本で決めるというのは、確かに打った中村もすごいんですけどそれも仕事のうちかなと思いますw

4番ですからww

3試合終わって打線はまだちょっと、これはまぁOP戦からずっとですけどw

まだ繋がりの部分では本調子ではないことは確かですね

ヘルマンが内容は悪くないと思うんですけど、いい当たりが正面突いたりとツキのない部分があって

1本がいい形で出だせばまた変わってくると思います

まずはそのヘルマンが出て、足を使って相手を撹乱するのも一つの仕事ですし

5番に入ってる嶋もね、開幕戦のあの大ファールが入ってたらまた全然状況が変わってくるんでしょうけど

ただ嶋もまだヒット出てないですけど内容は悪くないと思っているんで

早くHのランプ点いてほしいなと思います

まだ開幕したばかりなんでバッターは当然早くヒット1本打ちたいと思ってるだろうし

それが出てくればだいぶん変わってくると思うんでね

今日の試合は流れましたが明日は予定通り、牧田で行きます

西口は次のカードの頭に投げます

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

ごぶさたしております
こんばんは。たいへんご無沙汰しております。
いつもいつも丁寧な書き起こし、ほんとうにありがとうございます。愛読させていただいております。

1日のゲームの継投はほんとうに手に汗握る場面ばかりでしたが
とにかく2人とも結果を残し、ひとまずはホッとしていることだろうと思います。

今年はリリーフ陣がどれだけ整備されているか、そしていくかに注目したいと思っています
(もちろん他にも観たいところはたくさんありますが)。

今シーズンもライオンズの選手たちの活躍を祈りながら・・・
今シーズンもどうかよろしくお願いいたします。
ballgame-loverさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

こちらこそご無沙汰しております。
いつもご覧くださりありがとうございます。
私の方も毎日ではなくて申し訳ないのですが、時折サイトの方拝見させていただいております。
スポーツ新聞にも載らないような細かい分析で別の角度から選手の姿が浮き彫りになりますね。

1日の試合、吉川投手には大変失礼を承知で申し上げますが、過去の実績だけで見てしまって、
初回からのキレのある変化球、重そうなストレート、そしてそれらをキャッチャーの構えた所に
ズバッと投げ込むコントロール、勝負どころでインサイドを突くマウンド度胸、
私の知らない吉川投手でして、回を追うごとに「こんなはずじゃ」という焦りが積み重なる展開でした。
それほど素晴らしい投球を吉川投手がしていました。

最後は中村が打ち砕き、岸が抑え、松永がピンチを切り抜け、ゴンザレスが締める。
役者がそれぞれの役割を演じたものの、なぜかどこかすっきりしないものが残った方もいるかと思いますが
いつも100点の答案は出せませんよね。

今後の方向性が一本の線としてまだうっすらとですが見えたのが良かったですし
なにより勝てたのが良かったです。

リリーフ陣整備はライオンズが抱える長年の課題ですね。
過去を見ても、また他球団を見ても、今のプロ野球では中継ぎ以降が勝敗を左右する試合が実に多いですもんね。
岩瀬投手、藤川投手、浅尾投手、ライオンズで言うと森ー豊田のリレー、
ペナントを掴むチームには絶対的な後ろがいて、段階を積みながら勝利を重ねて来ました。
この後ろの整備を例年首脳陣がテーマに上げ、補強もしてきたんですがどうも解を見つけるまでには至っていません。
今年どのような方程式が解を導くのか、私も注目したいなと思います。

(個人的には2年前の長田、太陽などのリレーが好物なんですけどねw)

でもなによりやっぱり勝つことが一番の喜び、今年も一つでも多く勝利の喜びを感じて、
秋には弊ブログをご覧くださる皆様と最大の喜びを分かち合いたいと思います。

毎日毎日長いと感じることもあれども終わってしまうとあっという間のペナントレースいよいよ開幕ですね。
私も今年も全力で各番組で聞ける限りの選手の声、拾って行きたいと思います。
こちらこそよろしくお願いします。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。