スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『今まで通りのことでいい』 ~栗山巧インタビュー

2012/ 04/ 14
                 
(2012年3月後半放送 J-COM LIONS TVより)


123B.jpg
・今回は選手会長、そしてキャプテンに就任した栗山巧選手にお話をうかがっていきます
よろしくお願いします


123B (1)
「よろしくお願いします」

・ユニフォームにキャプテンのマーク入ってますね

123B (2)
「そうですね 『C』マークが」

・どうですか、そのユニフォームを着ると身が引き締まる思いですか?

「そうですね 気持ちも高まりますし、ちょっと不思議な

去年はね、中島さんが付けてて、見る立場だったのが自分で付ける立場になって

ちょっと不思議な感じはありますけどね」


・もうすぐ開幕を迎えますけどもキャンプでの仕上がりというのはいかがですか?

123B (3)
「順調に来てると思いますし

開幕が近付くにつれて、どんどん気持ちも高ぶって行きますから

このまま行ければ問題ないと思います」


・手術をした右ひじの方はどうですか?

「う~ん、ひじに関しては結構問題ないんですけど

寒さであったりとか、あとはまだ慎重になってる部分がありますんで

まぁ開幕までにはね、なんとか100%で行けるように

ほぼ100%なんですけどね」


・今シーズンはキャプテンに就任されてキャンプに臨みましたけれどもどうでした?

123B (4)
123B (5)
123B (6)
「終わってみればね、そんない今までと変わりないキャンプだったし、

でも周りを見ることが今まで以上にね、気を付けて見ることができたし

若手の元気な所とか、今年にかける意気込みなんかをね

肌で感じることができていい経験になったなぁと

いいキャンプだったなぁと思いますね」


・確かに若手選手の勢いがありますからね

123B (7)
123B (8)
「元気ですし、なにもわからずにがむしゃらにやる所ありますからすごく勉強にもなりますし」

・個人で重点的に取り組んでいたポイントなどはありますか?

「とにかく1年間、怪我をしない身体作り、それが一番大事だし

そこを考えながらやってきました」


・例年よりもキャンプ地かなり寒かったと思うんですが、ひじに影響とかってありました?

123B (9)
「ありましたね やっぱり思ったよりはペースが上がって行かない

そういったもどかしさを抱えながら、でもやらなあかん、ペース的にはやっていかなあかんという中で

その中でうまいことやってこれた方やと思うんですけどね

まぁちょっと寒かったっすね」


・と言うことは手術した当初はもう少し早いペースで調整していく予定だったんですか?

「そうですね もっと早いこと不安なくね、プレーできるとは思ってましたね」

・今シーズンキャプテンに任命されたのが結婚披露宴だったとお聞きしたんですけど、どういう状況だったんですか?

「僕が座ってて、監督の乾杯のね、挨拶をお願いしてましたんで、座ってましたね、グラスを持ってね」

・ほんとに一切お聞きしてなかったんですよね

「そうなんです 監督に相談も受けてないし、あの、まぁやれってことですよねw

断る余地はなかったです」


・かなりサプライズ任命ですよね

「う~んそうですね サプライズ、まぁ、はい サプライズっすね」

・渡辺監督は栗山選手を任命するに当たって引っ張る力もあるし言葉で伝える力もあるっておっしゃってたんですけど
ご自身ではどうやってチームを引っ張っていきたいなって理想はありますか?


123B (10)
「う~~~ん僕は、こうなんか引っ張って行くと言うよりは、後ろからね、選手をバッと見ながら、

まぁ間違ったことをしそうな銀仁朗とかがね、違う方向に一人走って行ってたら

おい、銀仁朗違うぞと

そういうふうな役割、他の選手っていうのはやっぱりプロ野球選手ですから

チームの勝利のためにねみんな一生懸命やるんでいいんですけど

ちょっと一人がね、違う方向とか一人二人ってなってくると違うぞって言うそういう感じでキャプテンやっていきたいと思ってるんですよね」


・なんか保護者のような気持ちで

「そうですね まぁお兄ちゃんみたいな感じで行こうかなと」

・特に要注意人物は

「銀仁朗ですね

あいつちょっとチェックしとかないと一人ふらふらふら~っと

違うぞ~っと」


・昨年は中島選手がキャプテンとして結構プレーでチームを引っ張って行くタイプかなと思ったんですけれども
栗山選手が言葉でチームを引っ張れるんじゃないかと監督おっしゃってましたけどどうですか、試合中とか


123B (11)
123B (12)
123B (13)
「いやぁ言葉で引っ張るのはやっぱ難しいなぁとは思うんですけど

多分僕がやってた今まで通りのことでいいと思うんですよ

だから今まで通りね、その辺は変わらずやって行こうとは思ってて

あとやっぱ中島さんみたいに、プレースタイルで引っ張って行けるね、背中で引っ張って行けるキャプテンが理想やと思うんで

そういうふうなキャプテンになれるようにね、一日でも早くなれるように頑張ります」


・キャプテンだと投手野手のコミュニケーションとかも結構気を遣ったりとかすると思うんですけどもどうですか?

「そうですね 一つのチームでやっていくんですけど

やっぱ調整方法が野手とピッチャーは違うんで

一緒にいる時間が短かったりとかそういうのがあるんでね、

そういうところをもっと積極的に交流…交流と言ったらおかしいですけどね、一緒のチームでね

そういうところで積極的に話しかけたり、若い投手も出てきてますから

僕からしたらベテランのピッチャーの方、西口さんとか一さんとかいますからね

積極的に話していって、交流を深めていければいいなとは思います」


・野球に対して栗山選手もともと熱いなと思っていたんですけど、キャプテンに就任されてさらに熱血さと言うのが増して来たと思うんですけど

「変わらないですよw そこは変わらないです

一緒なんですけどね」


・日頃、投手と野手の何かプライベートで食事したりする席とかってあまりやっぱり

「そういうのはね、僕が積極的にやっていけばね、

浅村とか熊代とかついてくると思うんでね、秋山とかね

そういうふうになっていきたいですね」


・今シーズン外野手、内野手共に若手選手の活躍が光りそうですけどもそんな中、栗山選手はどんな所をアピールしていきますか?

123B (14)
123B (15)
123B (16)
「僕はもう変わらず、1試合1試合全力でやっていって、

最後まで集中力を切らすことなく、一定したモチベーションの中でやっていきたいなと思いますけどね

特にこれを見てくれとか、こうしたいっていうのはあまりないんですけどね」


・打順であったり、ポジションに関してはどうですか?

「その任される所によってね、難しい打順とかもありますから

その辺は自分のステップアップやと思って前向きに捉えてやっていきたいと思いますね」


・今シーズンの具体的な成績の目標などあれば

「…ないです!」

・あはは なし

123B (17)
「ダメ?そういうのダメっすねぇ

あの~ひとつね、全試合全イニングっていうのは続けてるものなので

これは続けれる限りは続けていきたいなと

あとの打つ、打たへんとかそういうのはあんまり目標にはなって来んへんかなぁと思います」


・最後にファンのみなさんにキャプテンとしてメッセージをお願いします

123B (18)
「キャプテンとして…はい

え~とにかく優勝目指して、日本一になるために開幕からチーム一丸となって戦っていきます

応援よろしくお願いします」


・ありがとうございます じゃあ今シーズンキャプテンとして銀仁朗選手が逸れないように

123B (19)
「そうですね 銀仁朗だけです」

・銀仁朗選手以外は心配ないですか?

「心配ないですねぇ

銀仁朗だけが心配なんです」


・どういうふうに逸れちゃいそうなんですか?

「もうね、いろんなふうに逸れていくんでね、彼は」

・キャンプ中もお話聞いたら、オフ中なにしてるんですかって聞いたら『パチンコです』って言っていまして、大丈夫かなぁって言うのがあったんですけどww

「そうですか…まぁね、野球に取り組む姿勢は大丈夫なんですよ

ちょっとね、彼はね、キャッチャーやってますんで、ネガティブになりがちなんですよ」


・あ~気持ちの面で

「気持ちがちょっとこうね、キャッチャーなんでね」

・意外ですね

「責任かかって来てると思うんですよ彼は

だからねふらふらふらふら~っと」


・確かに重圧が大きいですよね

「そうそうそうそう だからそういう彼をこう…」

・じゃあ親のように温かい心で

123B (20)
「そうです、いやお兄ちゃん!お兄ちゃんで、はい」

・はい 以上栗山選手にお話をうかがいました 今日はありがとうございました

123B (21)
「ありがとうございました」

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。