スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『ヤスの復帰、涌井の報告』 ~ナベにQ

2012/ 05/ 03
                 
(2012年5月2日 西武ドーム 対東北楽天 3回戦試合前の渡辺監督のインタビューから発言部分を大まかにまとめました)


ここ2試合の敗因っていうのは監督に全て責任あると思います

やれることをしっかりやらなかったという所と、競ったゲームの中での細かいミスが出てしまったという所に原因はあると思います

流れ的にはそれほど悪くない流れで来てる中、そういう競り合いで負けてしまったるところに

チームとしての方向性をしっかり持って行かないといけない

特に昨日みたいな若いピッチャーが出てきて、なかなか対戦のないピッチャーに対して

もうちょっとなんかしらの策を与えていかなくちゃいけないところなんですけど

簡単にやられ過ぎてしまってる所があるんですよね

ヤスとは昨日も話をして、初めが結構肝心というか、いいスタートを切ってほしいなと思って本人にはそういう話をいろいろしてたんですけど

彼が戻って来てヒットも出たし、機能してくれてね

攻撃のバリエーションも増えてくると思うんで

そこら辺は昨日の試合だけじゃなくてまた今日からもね

守備は飛びこむ飛びこまないとかは別としてヤスの場合は守備範囲は広いので

昨日やってみて実際手術した個所に問題がないようなのでそれは一安心かなと

片岡がセカンドに入ることによる守備布陣の変更は相手投手にもよります

ヘルマンは外野で守ることもあるだろうし中村がサードに戻ることもある

そこら辺は臨機応変にやって行きたいなと思います

抑えの配置転換はいろいろと考えています

涌井が中間報告に来たのでどんな感じかということやいつ頃投げる予定かなどいろいろ話しました

イースタンではそろそろ投げます

今日は岸と言っても油断はできない

昨日も普通に考えたらうちは牧田先発で相手は辛島くんでどっちかと言ったらうちが有利かなと考えるのは当然

でもああいう展開もありますから

岸だからどうのこうのというのは全然ありません

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。