スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『重いノック』 ~生西武情報

2012/ 05/ 04
                 
(2012年5月2日 西武ドーム 対東北楽天4回戦より 生西武情報松島茂アナ、実況斉藤一美アナのレポをまとめました)


キャプテン栗山巧 決意の一言
「今日は5月2日 GW9連戦のど真ん中 西武ドーム 楽天との3回戦です
あいにくの雨なんですけど昨日今日と
今日はチームの方はスカッとね、いい感じでゲーム運びができればいいんじゃないかなと
いいんじゃないかなぁじゃなくて、そういうふうにします!
昨日のあの試合終了間際のあのベンチの雰囲気とってもよかったですね
ああいうね、なんとかこう勝ちたいというか、同点になんとか持って行って、
次の回でもっていうそういう雰囲気、かなり出てきてますからね
ああいうものを初回からもっともっと出していけるようにやって行きます
球場に来られない予定の方もちょっと遅れてもいいんで
ぜひぜひ、西武ドームに来てください よろしくお願いします
勝ちましょう
さぁ行こう!」

栗山
「4番バッターが不調を脱して、エースが復活しないかいぎり
本当の意味でチームの調子が上がってきたとは言えないと思う」


2回表のマウンドに上がる前のキャッチボールで
最後の2球はストレートだったがその前の4球はワンバウンドのカーブ
炭谷は今シーズンの岸の良さについて
「とにかく強い真っ直ぐが来ている
コントロールが良くない試合もあるけど
真っ直ぐが強いんで逆球も有効な時が多々ある
それに加えて変化球が良いので今の結果になってると思う」

熊代
1軍復帰も
「昨日は全く歯車が噛み合っていませんでした」

2回の攻撃時、ベンチでは選手が大きな声を飛ばす
その中でも片岡が大きな声を出し、鼓舞していた

岡本篤志
ブルペンのキャプテンに渡辺監督に任命されたが
石井貴コーチが言うには
「まぁ昔で言うとデニーの役目かな
とにかくいつまでも先輩の尻に付いていくな
もうお前がこのブルペンを引っ張れ
という所で自覚を促した
去年は自分が打たれたり、成績が不振だと2軍に落とされていたという事実から
少し弱気になっていた
でもそうじゃなくて、お前はブルペンの命綱なんだから」
ということで背中を押された
それまでは自責が8だったがその後4試合の自責は0
石井貴コーチは
「やはり地位が人を作るんですかね
とにかく岡本は自分がブルペンキャプテンに指名されたことによって
周りが見えるようになったという所が好投の要因じゃないかな」

土井コーチ
「自分は今日からのGW5試合で必ず中村にHRが出ると思っている
本当に悪かったのは先週
今は試合前練習でも積極的に外野内野に行ってノックを受けている
本当に悪いとそういう行動もとれない
昨日のタイムリーヒットもそうだしいい感じになってきている
ただ、HRバッターが難しいのはヒットが続いてもその後HRが出るとは限らないし
HRが1本出てもそれが感触今一つのHRだと続いていかない場合がある」

星孝典
「趣味は盗塁阻止」

栗山
タイムリーコメント
「とにかく1点ずつ返して行くしかない
その前の打席でふがいないスイングをしてしまった
それもあったんでいいスイングはここはできました」

片岡
犠牲フライコメント
「先発の岸が悔しそうにベンチにいた
その負けをなんとか消したいと思った
1点ずつ返して行くその仕事ができてよかった」

武隈
前日高いバウンドのピッチャーゴロを落としてしまい
フィールディングの特訓を渡辺監督のノックの下汗だくになりながら行う
左中間のフェンスで20分ほど受ける
渡辺監督はその意図を
「とにかく芸を身を助く
打球を処理できるようにならなければ自らのチャンスを落としてしまう」
武隈は練習後笑顔を浮かべることもできずに無言も質問を受けると
「昨日の失敗は正直ファームではやらないですよ
今日の監督の直接のノックは重かった
また1からやり直しです
今は先発はやりたくないです
開幕の頃は試されている立場だけど今は結果を求められる立場に変わって来ていると思う
結果を求められる立場は中継ぎのポジション
先発だとまだ試されてることになるんです」

大量リードされた9回の裏
それでも打席の中村に対して片岡が身を乗り出さんばかりの姿勢で
大きな声援を送り続けていた

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。