スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『大石、初登板を終えて』

2012/ 05/ 07
                 
(2012年5月7日放送 文化放送 LIONS EXPRESSより 5/5大石達也投手初登板後の共同インタビューの様子が流れました)


「緊張しましたね、最初は

たくさんの方に来ていただいてたんで、下手なピッチングはできないなと思って

とにかくこれ以上点をあげれなかったので、

何としてでも0に抑えるという気持ちで

そこは対バッターに集中していきました

やっぱりファームと球場全体の雰囲気からして全然違うし、

バッターの威圧感というか、そういうものも全然違ったので緊張しましたね、やっぱ」


・今日は2イニングということでまだまだ投げたりないなっていう感覚ですか?

「いや、今日はいつも以上に疲れたのでこれから徐々に投げて

ロングリリーフでもできるようにしっかり練習していきたいなと思います」


・2年目の初登板ということですけども

「長かったですね、はい」

・自分の中では満足できた内容ですか?

「そうですね、まぁインコースにしっかり投げれたので

そこはよかったかなというふうに思います

スピードはもっとこれからもうちょっとスピードアップできるように

しっかりブルペンでも試合でも腕を振って、ちゃんとしたピッチングをしたいなと思いますね」


・今後どのような感じで投げていきたいなって思いますか?

「一番は勝ってる場面で任せてもらえるような投手になることだと

今は与えられた所でしっかり0に抑えてアピールして、

信用を得れるように投げていきたいなと思います」


・同級生の福井とか斎藤君とかやっと同じ土俵に立てたんじゃないですか?

「いや、まだ、斎藤とか福井は去年から活躍してるので

まだまだだと思うんで追いつけるようにしっかり頑張りたいなと思います」


おわり

(この後小石投手のインタビューに続きます)
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。