スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『根っこ』 ~十亀剣インタビュー

2012/ 05/ 22
                 
(2012年5月21日放送 文化放送 LIONS EXPRESSより
松島茂アナです


今日はルーキー十亀剣投手のインタビューをお届けします

十亀投手は昨日行われたイースタンリーグのスワローズ戦に先発

5回を投げわずか2安打無四球、4奪三振という内容

無得点に抑える好投を見せたんです

試合は2-2の同点で迎えた延長11回の裏、大島裕行選手のHRでライオンズがサヨナラ勝ちをしています

1軍での躍動が待たれる十亀投手のインタビュー、インタビューアーは文化放送斉藤一美アナウンサーです


・フレッシュオールスターゲーム出場決定、お祝い申し上げます

「ありがとうございます」

・最初聞かされてどのようなお気持ちでしたか?

「正直驚いたのが一番ですね

まさか選ばれるとは思ってなかったんで

しかもこんなに早く決まるとは思ってなかったんで

でも選出されたんで、すごく嬉しく思います」


・楽しみですか?

「そうですね いろんな選手と関われると思うんで楽しみですね」

・試合のない時の時間の流れというのはどのような過ごし方なんでしょう?

「中6日の過ごし方ってずっと考えて来てたんで

ピッチングをするのも、どうやってしてくかとか

そういう細かいところまで考えてやってくことができるようになってきて

この前の試合も結果よかったんで

次に向けてという形で今やっています」


・この前のジャイアンツ戦は待望の先発登板を果たして5回2安打無失点

「久しぶりで先発したんですけどまぁぼちぼちの内容だったと思います」

・今、どのような気持ちで日々精進を重ねていますか?

「早く上がりたいっていう気持ちが焦り過ぎても行けないと思うんでまず自分の中で

上でやれる自信を付けるためにはやっぱり結果を残すことだと思うんで

1試合1試合を大切にして、やっていきたいなと思っています」


・キャンプ、オープン戦であれだけアピールをしたわけですから上でやれる自信はその時点ではありましたよね

「でもまだオープン戦だからという感覚が僕の中であったんで」

・実はあったんですね

「はい でも球は通用するんじゃないかなっていうのはある程度僕の中でも見えて来てはいたんで

これからまた修正してオープン戦じゃなくて公式戦で通用するピッチングをしないといけないなと思っています」


・実は開幕ローテーションに入ってましたよね

「そうですね」

・ほんとはいつ投げるはずだったんですか?

「開幕2戦目の予定だったんですけど、まぁ最後2試合こけてしまったんで、自分で

すごいもったいないなと思っています」

・開幕2軍を言い渡された時。どのようなお気持ちだったんでしょうか

「正直つらかったのが一番ですね

任されて責任がある試合だと思うんで

それが最初は嬉しかったんですけど下ろされたことでまだまだ足りないものがあるなっていう

その時は悲観していたんですけど今となってはありがたいなと」


・ありがたい…

「いい状態で投げれなくてチームに迷惑かけるよりは落ちてしっかり準備できた方がよかったなと

今では思ってるんで」


・開幕2戦目の先発を言い渡されたのはいつ頃だったんですか?

「いつだろ…阪神戦終わってぐらいの時には言われてました オープン戦の」

・阪神戦というのは初めて滅多打ちを食らったゲーム

「あ、そうですね、はい

その時も監督さんからは『打たれてもお前のやってきたことは変わんないんだから2戦目先発のつもりでこっちは考えているから』

と言われました」


・でももう1試合神宮で乱調だった時には『やっぱり…』っていう話になったんですね

「そうですね らしくなかったんで 実績があるわけでもないんで

そりゃしょうがないなと思います」


・その時監督から『お前らしくない投げ方だぞ』と

「はい 僕の中でもそうやって思ってたんで」

・おっしゃってましたもんね

「気持ち切り替えてやって行くしかないなと」

・開幕2軍で2試合ほどファームで投げて、そこから3週間半ほど、出番がなかったですよね
それはなにをされていたんですか?

「調子が悪くて投げ込みをしていたのもあるんですけど

歯茎の辺がちょっと

前治療してた所なんですけど、社会人の時に

そこから膿んでしまったような感じで

で、水ぶくれみたいなものができてて

どうしたんだろって言って病院に行ったら

『大きい所で診てくれ』って言われて結局、手術することになりまして

で、そこからいきなり投げることもできないんで、動いてなかったんで

やっと最近になって投げるようになってきた感じですね」


・4月の下旬ごろに歯茎の手術をした

「そうですね」

・ひょんなことにつまづいてしまいましたね

「そうですね いろいろ重なっちゃった感じですね、悪いことがw」

・ただ、ちょうど疲れも取れたっていう部分もあるんじゃないですか?

「あ~そうですね

うまく調整できてたっていうのはありますね、はい」


・十亀投手が療養してる時によきライバルである小石投手が1軍に上がって勝つことができましたよね

「そうですね」

・これはかなり刺激になったのではないかと思われますが

「まぁ…嬉しい半面、つらい気持ちもあったんですけど

やっぱりチームが勝つことが一番ですからまぁ『おめでとう』と僕もひとこと言ったんですけど

落ちてきちゃいましたね

でもお互いこれからも切磋琢磨していければ、互いに刺激し合えれば

絶対プラスになると思うんで

ここにいちゃいけないっていうのを2人で感じてやっています」


・十亀投手の好きな言葉は『下剋上』だとうかがっています その心はどこにあるんでしょうか

「僕ずっとエースになれなかったり、花で言ったら根っこみたいな存在だったんで

ずっと陽の目当たらずにいたんで、

そういう部分でいつか上の者、上の人を退けるぐらいの力を付けてやっていきたいなと思ってるで

その言葉をいつも胸の中にしまっています」


・開幕1軍かと思いきや、開幕2軍からのスタート、まさにその自分の座右の銘にピッタリの感じにはなってますよね

「そうですね そういう苦しいことを乗り越えていかないと 

自分自身も強くなっていかないと思うんで

これを糧に、この経験を活かしてやっていければなと思います」



(松島アナと岩本勉さんのトークです)

松「という十亀剣投手、岩本さん、ルーキーで1軍に早く上がりたい、でも焦り過ぎても行けない、この気持ちっていうのはよくわかりますか?」

岩「そうですね ルーキーですから焦らなくてもいいという言葉が出るんですけど

でも今全力でがむしゃらに頑張ってほしい

そこで投げるチャンスがあったということは首脳陣にはしっかりとその計算として入ってるからね

今がむしゃらにやっていれば必ずチャンス回ってきますよ」

松「あ~」

岩「でもね、根のない花は咲きませんよ

根っこでいいんですよ 今根っこを鍛えてください」

松「根があるから花が咲く」と

岩「そういうことです

 がむしゃらに頑張ってほしい!」

松「なおフレッシュオールスターゲーム、ライオンズからはこの十亀投手の他に

永江恭平選手、石川貢選手合わせて3人が選ばれています

フレッシュオールスターは7月19日の木曜、新潟で行われます」

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。