スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『熊代式呼吸法』 ~熊代聖人インタビュー

2012/ 05/ 25
                 
(2012年5月24日放送 文化放送 LIONS EXPRESSより
・は斉藤一美アナです)


・一週間前の話になって恐縮ですが交流戦最初のゲーム、ベイスターズ戦、9回2アウト1塁から荒波の痛烈なライトライナーを見事にダイビングキャッチ、勝利に貢献されましたね

「ありがとうございます」

・素晴らしいプレーでした あれは本当に どういう気持ちでああいう動きができたのか振り返っていただけますか?

「河田コーチにも毎回言われてることなんですけど

しっかり下に重心を落として」


・下半身に?

「はい で、一歩目の反応はどこにでもスタート切れる準備はしとけとは常に言われてて、それをすごい意識して

打った瞬間にライナーだったんで、まず頭越えることはないなと

ちょっとドライブ気味だったんで越えることはないなと思って

前にスタートを切って、走って行ってるうちに

「あ、これもう捕れる』と思って、『飛びついたら捕れる』と思って

んで、ば~って走って行って、これ捕ったらゲームセットってのが頭にあって、

なにがなんでも捕ってやろうと思って

ああいう形で気持ちが前面に出たってわけじゃないですけどw

これで試合を終わらすというか、勝利に貢献するという気持ちであの時はプレーしてましたね」


・起き上った瞬間、何か叫んでましたよね

「『おっしゃああ』って言いました」

・あはは そうですよね いざ打球に飛びこんで、掴んだ後も大事じゃないですか
そのまま転げ回るわけですよね あの時は横に2回転してボールは離してませんでしたよね

「はい あの時はとにかくグラブの芯で捕るっていう

グラブの芯で捕れば、いくら自分が転がろうが出ることはないんで

芯で捕るというのを考えた時にほんと一瞬ですけど

走って行って捕ったら、絶対その、グラブに当たるかもしれないけど

確実に120%捕れるという保証はないので

とにかく顔を近づけて、グローブの芯で絶対落とさないっていうつもりで飛び込んで捕りました」


・その後、横に2回転 去年のソフトバンクとのCSでも本多選手の大飛球を背走してダイビングキャッチありましたよね

「ああ!はい ありましたねぇ」

・あの時は前方2回転、前回り受け身でした

「あはは そうですね」

・やっぱり柔道をやってたというのは大きいんじゃないですか?

「ああ~そうですね 受け身というか、実際飛び込むというのは飛びこんだ後も大事なんで

柔道やってたら受け身がうまくできればその後もすぐ速くいけるんで」


・起き上がれますもんね

「はい なのでまぁそれは活かされてるかなとは思いますw」

・基礎体力が付いたが上に、去年の秋からスイッチヒッターに転向して、人の2倍3倍練習できるだけの強靭さが生まれたのかなと思いますが

「一番は気持ちの強さっていうのが大事だと思うんですけど

土井さんも言われてたんですけど、

『身体が強いヤツじゃないとスイッチヒッターをやってみないかという案もだせないし、勧めることもできない』

ってことだったんで、そうやって思っていただけるというのは僕にとってもプラスですし

自分でも売りっていうのは明るさ、元気、気持ちを前面に出す、

体の強さっていうのが一つの持ち味でもあるんで

まぁそういうとこから来てるのかなっと思います」


・何一つ弱い所がないですね

「いや、そんなことはないですけどww

まだまだ脚力だったり、そういうのももっともっと、筋力も付けていかないといけないんで

全てが強いというわけではないんですけど、そういった基礎的な部分でいえば

まぁ強い方だと思います」


・唯一弱いのはホラー映画ぐらいですか?

「あ~そうですね!ホラー映画wwすごく弱いです」

・あはは じゃあなんで見るんですか

「いや、なんかこうワクワク感とかドキドキ感を求めて、あはは」

・今はリードしている展開で9回の守備固めに入る役目を担っています
心の準備をどのようにして日々整えているんですか?

「まぁ僕の場合守備固め、代走もありますんで、試合の流れ、展開を読んで、

例えばランナーここで出て、こういけば代走かなとか

ヘルマンまで回れば僕かなとかそういうのを考えて、

先先考えて、いつ出てもおどおどしないっていうか

そういう準備はすごくしてますね

鼻から息を吸って鼻から吐く」


・鼻から息を吸って、口からではなくてまた鼻から吐く?

「はい 鼻から出すんです」

・それは何ですか?

「まぁ僕が勝手にやってたことなんですけど、大きく口で吸うのもいいんですけど

鼻で吸うとすごいば~って広がった感覚するんですよ

で、鼻でふ~吐くと徐々にふふっと抜けて行く感じなんで

口で吸って口で吐くと一緒んなんですけど、は~って感じなんですけど

鼻でやるとその…ふ~っていう」


・なるほど、口を真一文字に結んでいますよね

「そうです そういう感じで気持ちは整えていますね、落ち着いて」

・だからこそ大事な場面で例えば守備固めで出されてああいうダイビングキャッチのファインプレーができるということなんですね

「そうですね、はい」

・交流戦を連勝で滑り出したのになぜか負けが込んできました
ベンチのムードを盛り上げるのに今必死なんじゃないですか?

「だいぶんそういった面ではやっぱりみんな声出さずに『ん~…』って感じになるところがあるんで

そういう時に一人でも声を出すというか、出せればみんなもついて声を出してくれたりもするんで

監督が『さぁ行け!』って言ってみんなが出すんじゃなくて、

そういった部分を、ムードメーカーじゃないですけどそういう選手がいて

他の選手を引っ張ると言ったらちょっと言い過ぎかもしれないですけど

でもそういう声で引っ張っていけたらなっていうのはすごく特に心がけていますね」


・今、切り込み隊長は熊代選手なんですね

「へへへ 声を出す意味ではそうですね 

ベンチというか、そういった面ではすごく心がけています」


・沈滞ムードをどうにかして振り払ってください!

「はい もちろんです 頑張ります!」

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。