スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『僕の場合は違う』 ~上本達之インタビュー

2012/ 06/ 09
                 
(2012年6月7日のLEXの続きです)

では上本選手のインタビューをお聴きいただきましょう

インタビューアーは文化放送斉藤一美アナウンサーです


・9番DHでの起用が今続いていますけれども、やりがいを感じていますか?

「そうですね スタメンで出る機会をいただけて、打順問わず、

そこは嬉しく思いつつ、緊張感もありつつ、いい感じで過ごせています」


・開幕から振り返ってみると、代打での起用が多い中で少しずつ調子を上げて来ましたよね

「開幕してからそんなに状態は悪くなくて、

スタメンでオリックス戦ですか、あそこからまた急に悪くなり、」


・5番DHでしたよね、あの時

「はい 5番でDHとなるといろんな責任とか、

その前に打ってるのが中村っていうこともあるので

変に気負っちゃったとこがあるかなと思います」


・今のスタメンは9番の指名打者 同じ指名打者でも9番だとまた捉え方が違うということですか?

「全くと言っていいほど違うと思います

そんなチャンスが回ってくる所でもないし、

そういう得点チャンスというのもそんな多くないので

僕がそこにいるってことは上位に繋ぐ、しかも単打じゃなくってっていう部分で

そこがちょっと期待されているのかなと思って打席には立っています」


・ライオンズの今シーズンの9番バッターを見ていると、みな中距離ヒッターという部分は見受けられます
上本捕手は長距離バッターという捉え方をファンのみなさんもされていることはあると思うんですけど
新しいタイプの9番バッターではないかなという感じで見る向きもありますよ

「う~~ん…そうですか…

その期待に応えられるようにやっていきたいですね」


・HR2本はほんとにかっこよかったですよ

「はぁい…気持ちいいですね、やっぱり」

・ご自身の中でも手応え充分という形でしたか?

「そうですね やっぱ芯食った当たりだったんで

でもかといって、確信はしてるんですけどやっぱどっかでたけど統一球なんで

もしかしたらっていう思いがあるんで、やっぱちょっと中村みたいにゆっくり走ったりとかは

やっぱあそこまではできないですね」


・あはは 週末の西武ドームのデーゲームだとHRが出るような気がしますね、去年から上本選手は

「そうでしょう?僕、デーゲーム好きみたいです、西武ドームの

やっぱず~っとファームでやってたので、デーゲーム慣れっていうか、

そういうのがあるかなとは思います」


・坊主頭にしてからさらに調子が上がってきたように思うんですけどいかがでしょうか?

「チームも多分そんなに負けが込んでないし、坊主はいいのかなとはちょっとは思いますけど」

・どんどんスキンヘッド系というか、髪の毛の短い方が増えてくる埼玉西武ライオンズですけど、坊主頭にしたきっかけはなんだったんでしょうか?

「あの、某銀仁朗選手が『髪の毛刈ってくれ』と僕にちょっと頼んで来たので

ああ~いいよって言って、やるぐらいの時に、

冗談で僕が『俺やったらおもしろいかな?』って話をしてたら

銀仁朗が『それいいじゃないですかぁ、やりましょう』っていうんでノリでやりました」


・その時上本選手はほんとに自分が坊主にしようとは思っていなかった?ノリだけで

「はい 笑っていただければと思い」

・実にお似合いです

「ありがとうございます」

・一時期坊主頭が伸びてきて、横だけ刈ったっていう、ちょっとしたソフトモヒカンのような形にもなった時期が数日間だけありましたよね

「一日ですよね、はい それもなんか笑い欲しさにやってしまいました

嫁に怒られたんですぐにやめました」


・なんて怒られたんですか?

「『それは止めてくれ』って言ってたんで、即日やめました」

・坊主頭の反応はよかったんですか?

「よかったです ず~っと頭触ってますけど」

・あはは

「『気持ちがいい』とか言いながら、はい」

・触られる上本選手、だんなさんとしてはどうなんでしょうか?

「最初はいいんですけどね、なんか段々かゆくなったりするんですよ」

・深夜に仲良くされてるんですね

「あはははは…スミマセン、へへへ」

・もちろんキャッチャーとしての上本捕手の姿も拝見したいですけど、長身で左バッターでとなると一塁の守備に就くイメージが意外とあるかと思いまして、似合うなと
いっぱい上のボールとか下のボールとか捕れそうだなと思ってという感じがするんですけど、いかがでしょうか?

「あ~…この高さを活かしたいですね

『無駄にでかい』ってよく言われるんで

多少どこかで活かせればいいですねw」


・長身でキャッチャーでいることで、逆に不便なことってあるんですか?

「やっぱ下半身はきついですかね

それはよく言われます

人より足が多少長い分、そういう動き、細かい動きっていうのが難しくなるんじゃないかっていう見方はあって、

その辺でちょっと不便はしてるのかなぁとは思いつつも、

それで普通にやって今まで来てるんで、別にそれと言って不便はないですね」


・キャッチャーにはこだわりがありますか?

「打って試合に出たいっていうのが…

やっぱり銀仁朗とかは、守備が良くて出れる選手であって、

僕の場合は違うと思うので

まずは打つ方をこだわって、そこから繋げていきたいなって思いが強いですね」


・じゃあどこのポジションでも行きたいってことですね

「はい どこでも1軍にいれればそういう機会があると思うのでどこでも行きます」

・一発が全てではないですが、これからどんどんHR打って、バットをほうり投げるシーンを我々に見せてください

「はいww わかりました ちょっと手を挙げれるように頑張ります」

・打った後、手挙げますね!HR打った後ね!

「あ、行くなっていうアレがあるから多分ああやってやってると思うんですよね、一瞬なんですけど」

・何度でも手を挙げてください

「何度でも手を挙げたいですねw

頑張ります」


おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。