スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『偉大なバッター』 ~工藤さんレポ

2012/ 06/ 18
                 
(2012年6月17日日曜日 セ・パ交流戦 対広島最終戦 工藤むつみさんと実況小笠原聖さんのレポをまとめました)


父の日ということでスカイブルーのリストバンドをつけてプレー
ひじの辺りまで上げたり、や2つ付けている選手も

中村の離脱を受けて
前日のミーティングで栗山が
「交流戦中村がここまで引っ張ってくれた
いないことで得点力が落ちたとは言われたくない」とチームメイトを鼓舞

秋山
「『3番センター秋山』というと名前負けしそうです
単純に3番目の打者のつもりで臨みます」

上本
交流戦に入り打率上昇には理由が
横浜スタジアムでの打撃練習では統一球を使わなかった
その結果センターにいい打球を連発。
「改めて統一球が飛ばないかがわかった
これで統一球を飛ばすためにはより力が伝わる引っ張る打ち方がいいと思った
『ドひっぱ』な打ちを心がけています」

炭谷
「カープは足があるチーム ランナー出さないように気を付けたい」


「広島に一度も勝っていないので
自分が勝ってないということはチームも勝っていないということ
頑張りたい」
ここまで岸の対広島戦
6試合0勝5敗 防御率5.18

炭谷
「岸さんが広島に勝っていないのは意外
ここまで広島と3回戦って見て思ったのは
どれだけインコースを使って広げられるか
岸さんを勝たせたいし
交流戦最後勝って終わりたい」

浅村
1軍再登録となった時に安部コーチが
「すぐにスタメンというわけではない
他の選手の状態がいいだけにあまり動かしたくないんだよね」
と言っていたが
中村の離脱でスタメンへ
浅村本人は「結果が出ない中でもいい緊張感でやれている」

栗山
昨日バリントンのシャツが出ていることを指摘
結果いらついたバリントから四球を選びチャンスを広げた

秋山
「強く振ること。タイミングを合わせてしっかり振り抜くことを心がけています」

杉本コーチ
3回までの岸について
「初回のHRで目が覚めた感じがする
あの一本だけ
調子はいい
攻撃的なピッチングをしてほしい
打線が点をとってくれるので辛抱強く投げてほしい」


広島に勝てばセ・リーグ全球団からの勝利達成

ライオンズベンチ前円陣
円陣の中心は安部コーチ
円陣が解かれた時に一番厳しい表情をしてたのが上本

大
「三振しないように気をつけている
それがいい結果に繋がっている」

大
広島の小窪選手は青山学院の後輩
昨日も一緒に食事に行った
「向こうは一つ下だけど一軍にいる期間は長い」
ということで相談をしたりしている
広島の練習方法や心構えを聞いている

浅村
2軍に行く時に
土井コーチに「走り込んでこい、苦しんでこい」と言われていた

浅村
「2軍にいると第2球場でファンの声がよく聞こえて来た
『浅村、早く戻ってこい』、
『あさむ~頑張れ』
と言われて早く戻らないと」
という思いを強くしていた

片岡
「大竹とは高校時代、練習試合で対戦したことがあります
ぼっこぼっこにしました
投球内容まで憶えてないが弥太郎もぼこぼこにしたので
同じように大竹もぼこぼこにしたはずです」

栗山
「フルイニング出場へのこだわりはない
ただプロである以上毎日試合に出てお客さんの前でプレーし続けるのは大事なこと
プロ野球人生は太く短いから活躍して
ファンに覚えてもらうの目標です」

秋山
「毎打席『頑張れ~』の声を確認している
レフトスタンドの方を一度見ている」

上本
「目指すはHRバッター」
アーリーワークでは8時過ぎからバットを振り込んでいる
「今年が一番練習している
きっかけは嶋さんから聞いた偉大なバッターの話
それはカープの前田さん
あれだけの選手ですらすごく練習しているんだから
自分もやらなきゃいけない
今日も前田ウオッチャーになっていろいろ見ているんですよ」

岸について監督は
「今年はキャンプから違っていた一番精力的にしっかり投げていた」
岸本人は
「今年は何か変えたわけではない
去年は怪我で迷惑をかけた
今年は6年目だし自覚を持ってやっているだけです」

武隈
3日の横浜戦で打たれた翌日
監督に「チャンスをもらったらギラギラしないと
打たれて戻って来てお嬢様みたいにしゅんとしてたらダメだ」と心構えを説かれる

炭谷
「先発投手だと相手のバッターを考えながら配球していくんだけど
中継ぎの場合はまずその投手を重視します
ボール先行にしないでほしいんです
先頭出したらアカンというのが力みになっていると思うので
とにかくストライク先行でいってほしい」

星秀和
2シーズンぶりのヒット
「点差もあるので代打なので初球から行こうと思った
おもいっきり振りました」

杉本コーチ
「11連戦は先発6人で回す予定
従来の4人に加えて、平野とファームで投げてる誰か
野上、ゴンザレス、小石…」
ただそこに十亀の名前は挙がってなかった

栗山
「太もものケガはええ感じ
もう大丈夫です」と言うも
シートノックに参加せず、守備練習もほとんどしていない
「筋肉疲労はいい感じになってきたなと思った時が一番気を付けないといけない」
ということで大事をとって休んでいる
「交流戦後の4日間の休みが明けたら守備練習をしたい」

試合後の監督コメント 朝日ニュースターより中田浩光アナのレポです
「うちの最大のウイークポイントの2番手以降を立て直すことが
上に行くためには絶対に必要だ
一人一人が自覚と責任を持って
いつもやられてるのは何か理由があるから
4日間の休みを挟んで仕切り直します
交流戦で借金を全て返せればよかったんだけど
上が少しずつ詰まってきたし
またリーグ戦で頑張ります」

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。