スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『ものまね』 ~拝啓 大雄太朗様 その4 

2012/ 06/ 24
                 
・3通のメールをまとめてお願いします

「川崎市 ラジオネーム オートチャージ

拝啓 大雄太朗様

数年前のファン感謝の集いで選手のものまねを披露してるのを見てからずっと大さんの存在が気になっていました
本当に特徴を捉えるのが上手いですよね


柏市 ラジオネーム デルカーメン

拝啓 大雄太朗様
子どもの頃この選手のバッティングフォームをよく真似したという経験はありますか?


江戸川区 ラジオネーム ゆりゆり

拝啓 大雄太朗様
今どの選手のものまねが一番得意ですか?
敬具


・大選手と言えばものまね

「なるほど う~ん まぁもともとものまねは自分を覚えてもらうのにやったのがきっかけで

これも全て戦略ですよね 簡単に言うとね」


・あはは 計算しつくされてたんですね そこはね

「もう特徴というのはもっと上手い人がいっぱいいますし

それは自分の感性でその人を真似してるので

ちょっと難しいっすよね

上手いか下手かは、下手なりにやってるっていう形だと思います、僕の中では」


・でもやればやるほどウケるじゃないですか もうサンクスフェスタでの名物ですからね

「あはは ありがとうございます」

・どなたがネタのレパートリーとしてありましたっけ?

「え~ジャイアンツ小笠原さんとか、日本ハム坪井さん」

・青山学院の先輩ですね

「あとチームで言うと高山さん、栗山さん、佐藤友亮さんなどですね…G.G.佐藤さんなどなどですね」

・ですから残念ながら全くラジオ的じゃないんですよね 形態模写ですからね
佐藤友亮選手のまねのポイントってどこなんですか?

「これはフォーム以上に、すごい頭の回転が速い方なので

『2+3+6+7+8は…さんじゅうごっ』とか適当に言ってww

それはふざけてやってるだけです

それは1年目2年目ぐらいの秋のキャンプで毎日先輩に毎朝、3つものまねやれって言われたんですよ

赤田将吾さん、G.G.さんとあと何人かに

朝練の前に『ちょっと目が覚めないから毎朝3つやれ』って言われて

ねじ出したのがこういうのです

いやぁ先輩に言われたらやるしかねぇなぁって軽い感じなんですけど

それでやってくうちに『お前面白いなぁ』みたいになってきて

それをきっかけで『お前ちょっとファン感でやれよ』とかそういう形で

無理やりぱ~んと出されてやったっていう形です

自分からやったってわけじゃないんです」


・ステージ上で坪井選手をやったのはすごく憶えてますね

「子どもの頃選手のバッティングフォーム真似したかというと

やってましたけど、でも僕バッティングフォームが誰に似てるとかっていうのよく言われたのが

ドラゴンズの大豊さん」


・え!あの一本足打法の?

「はい なんかそっくりとよく言われてましたよ小学校の時」

・え?子どもの頃から一本足だったんですか?

「いやぁ 一本足…あんまりわからないですね 憶えてないんですけど

でも似てるって何度も言われてました

それは憶えてますね」


・似せた憶えはないけれど

「ないです、ないです へへへ

だから今どの選手が得意っていうのも今特にそういうのやってないですよねあんまり

野球に専念してたんで」


・そうであるべきですよ、それは

「うん…ものまね…今はないですね

まぁものまねっていうより生き方をまねる、そういうのを自分で先輩のいい所を盗むっていうものは常に意識しています」


・先の話を聞きたくなりましたけどそろそろ時間なんですよね
ちなみにどなたの生き方を真似しようと思ってますか

「一日のスケジューリングとかだったら一緒に自主トレした阪神の鳥谷さんだったり

同じチームメイトであれば、栗山さん中島さんだの、

動きを見ながら、真似してアップ、トレーニング、バッティング練習とか

そういう先輩方の一人一人の動きを見ながらいいなと思う所は取り入れたりっていう

ある意味ものまねですよね

そういうことはよくやっています」


・ものまねのステージを一段上げてますよね

「そうっすね…野球で頑張りたいですね、まずは」

・ただ11月23日に多分開かれるであろうサンクスフェスタでは新ネタをよろしくお願いします

「わかりました

『拝啓 大雄太朗様』 今日はこれで終わりです

今日は短かったですね あっという間に終わりました

ありがとうございました

最後に拝啓 ライオンズファンのあなたへ

楽しんでいただけましたか?

なんとかグラウンドで僕はベストを尽くしたいなと日々思っています

なんとか1試合でも多く勝てるように応援してください

お願いします!

埼玉西武ライオンズ大雄太朗でした」



・スタジオには秋山翔吾外野手です よろしくお願いします

秋「よろしくお願いします」

・大さんのトークお聴きになっていかがでしたか?

秋「いやほんとに素晴らしかったですね」

大「やめてくれよ」

秋「ほんっとに…噛みもせず、流れるようにお話しされていたんで

この後プレッシャーですね」


・あはは プレッシャーを自分にかけるタイプですからね秋山選手はね

秋「なるべくそれは避けたいですね」

・お二人はお互いをどのような選手として捉えてますか?

大「え~走攻守全てにおいて、スケール感のある選手だなぁっていつも思っています」

・スケール感…具体的には

大「僕にはない、肩、足、飛距離とか、スイングの速さとかっていうのはずば抜けたものが一つ一つにあるんで

それがスケール感としてものすごいいい選手なんじゃないかなって僕はいっつも思いますね」


・一年目の去年からそれを感じてましたか?

大「2軍で来た時によく『すごいなぁ』って僕言ってましたよ」

・褒められてたんですね、秋山選手

秋「いやほんっとに一年目は全然わけがわからない感じで

何のこと言ってるんだろう?っていう感じだったんですけど、はい

そうっすね ほんとにありがたいですね」


・秋山選手は大選手のことをどのように?

秋「大さんはほんとに野球に関していろんな引き出しを持ってる方だなと思いますね

ほんとに身体は小さいですけど、その相手ピッチャーに対してだったり、どういうふうにしていくかっていうのをはっきり明確にして

それが実行できるので今打率も残っていて、ほんとに頼りになる先輩だなと思いますね」


・真面目な後輩ですね

大「真面目っすねぇ 真面目っすよ」

・全然変わらないですか?去年と 少しはなんかライオンズに慣れてきたみたいな

大「あ、そういう意味では段々ほぐれてきたんじゃないかなと いい意味で」

・秋山選手は日頃おしゃべりなタイプなんですか?大さんから見て

大「しゃべったら僕より全然しゃべれると思います

しゃべりだしたら、ちゃんと仲良くなれば結構しゃべる」


・一人でしゃべれそうですか?

大「いやもう僕より上手いですよ

頭が回りますからね ふふふふふ!」


秋「いやそれはそんなことないっすよ」

・顔がこわばってるんで、なんか一言ほぐしていただければと思うんですが

大「じゃあこの後、一人でしゃべれるかなっ?」

秋「頑張ります」

(一同爆笑)

・予定調和に行かない所がすごいですね 『ど根性のエンターテイナー』埼玉西武ライオンズ、大雄太朗外野手でした
ありがとうございました!

大「ありがとうございましたっ」

・この後は『拝啓 秋山翔吾様』です
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

 今日観てきました。大崎の三点タイムリーは素晴らしすぎでした。

 去年秋山、熊代の影に隠れて目立たない部分があったので、この活躍は嬉しいですね。今日のヒロインを聞いても、明るいキャラなようなので、これからもチームのムードを盛り上げてくれたらと思ってます。

 ブルペンも安定しているので、ここから反撃ですよ!
だいさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

観戦お疲れさまでした。
いい試合をご覧になりましたね。

大はただ安打を重ねているだけでなく、ここ一番でいい当たりを打ってますね。
本人も日に日に自信を深めているのではないでしょうか。

確かに去年は2人のルーキーの広い守備範囲や肩が注目を集めるがあまり、今一つ目立ってない感じの大でしたね。
特に去年は代打での起用も多かったのですが、大は4打席を重ねることで徐々に力を発揮してくタイプかなと思います。
例えば麻雀で自分が親となった時に小さな上がりを繰り返すことで流れを自分のものにするかのような、そんなタイプかなと思います。

昨日の「勝ちたい、勝ちたい、勝ちたい」は大の本音であると同時に、チャンスで打ち、プレッシャーから解放された安堵感を表しているかのようにも聞こえました。

ただ一つ言えることは、ああいう言葉を出せるようになるとこのチームは波に乗っている状態ということ。
思えば昔G.G.佐藤が初の「きもてぃぃぃ」を叫んだ時もチームが一気に波に乗り出した時期だったと思います。

課題の中継ぎも涌井という後ろが固まったことで、その前の投手陣が自分の役割がさらに明確になったことでやりやすさを感じているようですね。

やることが絞られることほど中継ぎにとって動きやすい状況はないと思います。
連戦の疲労が気がかりですが、少しずつ足元が固まってきた感があるのは確か。
ここからの巻き返しが楽しみですね。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。