スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『乗り越えないといけない壁』 ~試合後の渡辺監督

2012/ 07/ 13
                 
(2012年7月12日 西武ドーム 12回戦 埼玉西武2-0福岡ソフトバンク
共同インタビューより)


「勝因は武隈のナイスピッチングだと思います

ストレートもそうですけどボールを低目に集めて

持ち味であるチェンジアップを有効に使ったというか、

そのボールを有効に使えたのもストレートであったり、スライダーであったりを

しっかりコントロールできてたということだと思います

いい真っ直ぐだったと思います

今こういう状況の中で若い先発ピッチャーにチャンスが回って来て

彼自身も今日の先発をいろんな意味で気持ちも入ったと思いますし

このポジションを掴もうというそういう意気込みを持って今日のマウンドに上がったと思います

野手のいいプレーでヒット性の辺りもアウトになってましたし

もしかしてと思ったんですけど、

8回ちょっと足も攣り気味だったみたいでいっぱいいっぱいだったと思います


(ヒットを打たれたあとも続投させた場面)

『本人の目が活きていた』と杉本コーチは言ってました

先発候補はたくさんいるに越したことはないですし

1軍のゲームの中でしっかり結果を残したってことは自信にしていいと思います

プロ5年目いろんな紆余曲折しながら一生懸命やってきた、そういう成果が今日表れてよかったと思います

借金を返すつもりであと5試合戦います」


(その後の追加コメント 斉藤一美アナのレポより)

「武隈は5回まで投げてくれればよかった

球数も相当行っていたがこれからの武隈のことを考えると

あそこは乗り越えないといけない壁だから

敢えて高谷君との対戦を決めた

大場君もとってもよかった

この前のヤフードームよりもはるかによかったので打ちあぐねたんだけれども

先に点を取れたのが武隈の力になってよかったよね

こういう試合をやらないとチーム力が上がっていかないから

そういう意味で今日のゲームほんとに勝ててよかった」


おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。