スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『みんなが笑ってくれるなら』 ~クリス・カーターインタビュー(2012.08.13)

2012/ 08/ 13
                 
(2012年8月13日放送 文化放送 LIONS EXPRESSより 松島茂アナです)


先週のライオンズは渡辺監督が6連戦の始まる前に

「非常に重要な1週間」と口にしていた、2位マリーンズ、首位ファイターズ、

上位2チームとの6試合だったんですが、3勝2敗1分けということで

勝ち越しで乗りきりました

現状2位マリーンズとは0.5ゲーム差、

首位ファイターズとも2.5ゲーム差まで迫ってます

日本ハムとは消化試合数が4試合違うんですね

日本ハムが100試合、西武が96試合

そんな中、負けの数、ライオンズが43、ファイターズが42となってますんで

2.5ゲーム差よりもう少し詰まってる感じかもしれません

いずれにしましても混戦パ・リーグは続きます

その主役として残り48試合のライオンズの戦い、大いに楽しみにしていきたいと思います

8月7日のマリーンズ戦で来日初HR、

10日のファイターズ戦でも3ランを放つなど、ここまで28試合の出場で

なんと打率が.323、21安打で18打点

得点圏打率は.462と大変な勝負強さを見せてくれているカーター選手のインタビューです

インタビューアーは文化放送斉藤一美アナウンサーです


・この1週間で、カーター選手のHRを見ることができてとても嬉しいです
レフトスタンドへの第1号、ライトスタンドへの第2号、それぞれ振り返っていただけますか?

「第1号のHR、レフト方向に打ったHRは1とてもよかったと思います

なぜなら千葉ロッテ戦で、絶対落としちゃならない試合だったので

そこでHRが出て、とてもよかったです

2本目も似たような感じで、

ファイターズが順位的には西武の前にいたので

そこも落としてはいけない試合だということでよかったと思います

試合前から土井コーチからのアドバイスで

『早いイニングで点数を入れろ』と

そういう指示があって、

打席に立っている時はエステバンをホームに還そうと

そういう思いで打席に立った結果HRになりました」


・活躍してベンチに戻ると、かなり強烈な力でチームメイトの手をパ~ンと叩いたり、
ガ~ンとひじをぶつけたりします
みんな笑いながらかなり痛そうにしてるいのをご存知ですか?

「トレーナーと話して、『大丈夫だ』と聞いているのと…」

・あはは!

「あと、彼らも強く行くって知っているので、準備をしてくれてると思います」

・よかったですw ベンチにいる間、バットを離さないのはなぜですか?

「DHというポジションなので、バッティングに集中して、次の打席に臨むという状況なので

もちろんバットを握りながら仲間の守備は応援しているんですけども

準備をするという意味でも常にバットを持っています」


・試合中バットと一緒に、ヘルメットも常に持っている姿をよく見かけます

「常に準備している状況になりたいので、

その意味でもバットとヘルメットを持って準備をしてるということです」


・子どもの頃から野球はやっていたと思いますが、憧れの選手ってどなたかいましたか?

「ケン・グリフィー・ジュニアですね 

彼のように速くて素晴らしい選手ではないんですけれど

好きな選手です」


・ご家族にお医者さんが多くて、カーター選手自身も学生時代きわめて優秀な成績だったことは今やすっかり有名な話です
プロ野球選手になっていなかったらどのような職業についていたか、ぜひお聞かせください

「もし野球選手になっていなかったら、医学部に進んで学問の道に行ってたと思います

一つアドバイスなんですけども、アスリートであるみなさんも勉強とスポーツ両立するっていうのが一番大事なことだと思うので

両立するっていうのは素晴らしいことです」


・ご家族から医者になってくれとは言われなかったんですか?

「母が医者になってほしくて、父は野球選手になってほしかったようです」

・登場テーマ曲に、マイケルジャクソンのスリラーを選んでいるのはなぜでしょうか?

「世界的に有名な曲で、アメリカ、そしてもちろん日本でも浸透している曲なので

この曲を聴いて、僕のことをどんどん知ってほしいという思いで、この曲を選びました」


・この曲ってリリースが1983年で、カーター選手が82年生まれ、リアルタイムでは全く聴いていないはずですよね?

「その当時、CDがなかったんですけど、初めてレコードを買った曲がマイケルジャクソンのスリラーでした」

・口癖のようにおっしゃってる、『お疲れちゃん』は誰から教わった日本語なのでしょうか?

「クマシロサ~ン」

・そうですかw 日本のちょっと前に流行ったギャグだというのは知ってますか?

「何人かそれを教えてくれたんですけど、

それでみんなが笑ってくれるといいです」


・最後にライオンズファンのみなさんへご挨拶をいただけますか?

「オツカレチャンッ!」


カーター選手のインタビュー、通訳はライオンズの山田健太さんでした

私の目の前の岩本勉さんにカーター選手がグランドで話しかけて来たんですか?

「そうなんですよ、僕スーツ着て立ってたんですけど

助っ人外国人選手で向こうから

『How are you doing?』って声かけてきてくれたのは初めてでしたね」


岩ちゃんなんて答えました?

「もうアイムファインセンキュー ハウ アー ユードゥーイングって聞きなおしたよ

『I'm OK』言うてましたね 

礼儀正しい、育ちがいいわ!

スタンフォード大学~」


おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

こんばんは
カーター選手の「オツカレチャン」、いろんなところで誰が教えたんだ?って取り上げられていましたが、熊代選手に教えてもらったものだったんですねw
真相を知って笑ってしまいましたw
カーター選手はいつも全力プレーで、チームを心から愛してくれているのが伝わってくるし、チャンスにも強くて、応援したくなってしまう選手ですよね。
今年の西武の外国人バッターはみんな同じような姿勢が伝わってくるので、ここ数日の活躍がすごく嬉しいです。

そういえば、仕事がら夏休み中は忙しくて全然観戦に行けなかったんですが、急遽8月23日の大宮開催試合に行けることになりました♪

大宮には小学5年生まで住んでいたのですが、大宮開催の試合は初めて行くので今から楽しみです。
雨が降らないことを今から祈っています。
micaさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

熊代って確かに面白い一面を持っているんですが、まさかカーターまでいじっているとはw

しかもそれをやるカーターもまた笑えますね。

おっしゃるようにカーターにしても、またヘルマンにしても常にチームへの奉仕の心を口にします。
とかく数年前の外国人選手って一発狙いの振りまわす大砲系で、守備は二の次と言った感じで、ファンも期待するのはそこであって、球団側もそこを求める球団も多い傾向にあったと思います。

しかし、ここ数年、各球団の外国人選手として思い浮かぶのって、大きな一発を打つよりも、アベレージを残せたり、守備でチームに貢献したり、スーパーサブであったりという選手が増えてきて、そういった選手の多くがチームへの貢献をよく口にしてるような気がします。

常に全力で、真っ直ぐに勝ちだけを見つめる姿ってファンにとってはすごく魅力的ですよね。

お忙しい中、大宮いらっしゃるんですね。
しかも大宮には以前住んでらしたとのこと。
私は今は大宮には近いのですが、繁華街であると同時に、駅からちょっと離れれば緑があったりで、とてもいい街だなと思います。

大宮のゲームでポイントとなるのはなにはともあれまず雨ですよね。
今年も1回目は雨で中止。2回目も午前中は雨でなんとか昼前には止んで開催できましたが前日からやきもきしていました。
今回はスカッと晴れてゲームができるといいですね。

私もこの日は応援に駆けつけようと思います。

返事が遅くなりました。
昨日、関西から帰って来ました。
ブログの更新もちょっと滞ってますが、私の夏休みの残りの3日間、なるべく書き起こしをやろうと思います。

秋山選手のロングインタもupする予定です。
お楽しみになさってください。
おはようございます♪
お帰りなさい♪
秋山選手のインタビュー、もちろん楽しみですが、せっかくの夏休みなので、ゆっくりリフレッシュしてくださいね!

5月にスタジアムツアーに当選した時に、「選手に会っても集中力をそがないように、声をかけたりしないでください」とスタッフの方に言われたのですが、選手通路でヘルマン選手とすれ違った時に、満面の笑顔でヘルマン選手から挨拶してくれて、感動したのを覚えています。
その時点では、まだ今ほどの活躍ではなかったのですが、人柄が伝わってきて凄く好印象だったので、ずっとずっと応援していました。
(ちなみに河田コーチも声をかけてくれました♪)
どこかのサイトで、カーター選手も自分から挨拶にきてくれるような選手だったと書いてあったので、本当にファンとチームを大事にしてくれてるのが伝わります。

だからこそ活躍が本当に嬉しいです。

大宮の試合、甘口獅子さんも行かれるんですね。
スカッと晴れてくれることと、スカッと勝ってくれることを祈りましょう♪
一緒に勝利の感動を味わいましょうね♪
micaさんへ
コメントありがとうございます。

選手の方から声をかけてくれるのって本当に嬉しいですし、忘れられませんよね。

外国人選手は日本の野球とは球団のやり方に慣れなかったり、戸惑ったり、また不思議に思いながら従ったりということで時にフラストレーションを感じるという話を聞くことがありますが、ファンを思う気持ちに制約はないはず。

一瞬の笑顔だけでもその人の人柄って伝わって来ますよね。
「笑顔は世界のパスポート」とはよく言ったものだと思います。

大宮の試合の時はmicaさんと同じ空間で勝利の同じ勝利の喜び体験したいと思います。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。