スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『一軍の投球』 ~試合後の渡辺監督(2012.9.05)

2012/ 09/ 06
                 
(2012年9月5日 西武ドーム 20回戦 埼玉西武2x-1福岡ソフトバンク 試合後共同インタビューより
・は文化放送松島茂アナです 最初の質問部分だけ録れていませんでした)


「思いもかけぬサヨナラHRということで

今日はね、なかなか重い雰囲気はあったんですけど

そういう中、中島のHRと最後は秋山のHR、チームを救ってくれたということです」


・秋山選手のサヨナラHRが出た瞬間、どんな思いでした?

「昨日ね、柳瀬君のフォークボールに三者三振で終わってるんで

なんとかリベンジと、当然秋山も思ってバッターボックスに入ったと思いますし

一発で結果を出してくれましたね」


・秋山選手のHRってライト方向にすごい当たりが多いですよね

「まぁ秋山の思いっきりのよさというか、しっかり初球に集中してね、叩いたという所だと思います」

・それを引き出したのも菊池雄星投手の激投だと思いますけどいかがでした?

「先に点をとられましたけどなんとかその後凌いで、踏ん張って

最後はね、できれば完投してほしかったんですけど

ピンチを作ってあとはリリーフ陣に任せましたけど

勝ち星に等しいナイスピッチングだったと思います」


・ここのところの菊池投手はどこが具体的にいいですか?

「マウンド上で落ち着いている姿、これは昨年まではあまりなかった

どうしてもマウンド上でバタバタする所はあったんですけど

今年は、最初はちょっとあったんですけど、

ここのとこね、非常に集中してますし、

マウンドを任せておけるなという雰囲気はありますよね」


・中島選手も3打数3安打で3安打目が同点HRと素晴らしい活躍ですね

「あそこらへんが中島のスーパースターたるゆえんであるし、

あそこで一発で同点に追いついてくれたっていうのはチームにほんとに大きな一発だったと思いますし

今年はサヨナラが1試合もなかったんで、

こういう形で大事な1戦で初めてのサヨナラ勝ちということで

明日の試合にも繋げていきたいと思います」


・改めて、この1勝の重み、意味を教えてください

「これからの1勝というのはどんな1勝でも重いですから、

今日みたいな追いかける展開の中でしっかり終盤追いついて勝てたっていうのはチームにとってもすごく大きかったし、

この雰囲気や勢いを明日に繋げたいと思います」



(その後の渡辺監督のコメント 文化放送松島茂アナのレポより)

「9回は菊池続投か涌井投入かで悩んだが

菊池の気持ちが入ってるのがわかっていたので

その気持ちを買って、菊池に抑えてもらって、裏の攻撃に繋ぐつもりだった

菊池は援護がない中よく頑張ってくれた

立ち上がり真っ直ぐがよくない中でしっかり修正、適応した

これが一軍の投球、これが菊池もできるようになった

山田君をなかなかうちの打線が結果に繋がらず、

円陣を組んで対策も立てたけど、なかなか攻略できず、ああいう時はズルズル行ってしまうんだよね

でも今日は追いついて逆転したのでナイスゲームです

ここまでサヨナラがないのは不思議だけど、一回か二回はしたいと思ってましたよ」


おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。