スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『うちでもそうしてた』 ~試合後の渡辺監督

2012/ 09/ 07
                 
(西武ドーム21回戦 埼玉西武9-2福岡ソフトバンク 試合後共同インタビュー ・は文化放送飯塚治アナです


・3連戦の3戦目、打線が活発に打っての大勝になりましたが振り返っていかがですか?

「序盤にね、大隣君を攻略できたっていうのが一つポイントだったと思います」

・大隣投手は今パ・リーグで一番いい防御率を誇るピッチャーですけどよく各バッターが低目のボールを見極めながら仕留めたと思います

「しっかり対策を練ってね、

いろんな意味で彼にプレッシャーを与えたというところで非常にいい攻撃ができたと思います」


・今日も若手、熊代、浅村、秋山選手といい働きでしたね

「ここら辺の若手っていうのは日々成長していると思ってますし

この状態を最後まで続けていってほしいなと思います」


・3回ゲームがどうなるかまだわからないなかで、中島選手が2アウトになってからタイムリー2ベース チームを引っ張ってますね

「ナカジはね、主力でもありますし、ここという所でいい仕事してくれると思います」

・先発の牧田投手、7回途中でマウンドを降りましたけどゲームを作りました

「ナイスピッチングだとは思うんですけど

試合終わった時に本人にも言ったんですけど

こういう展開っていうのは先発ピッチャーとしてはもうちょっと投げてほしい

できれば完投してほしいってとこなんですけど

でもね、そういう中でも10勝、二桁ですよね

ローテーションを崩さずにしっかりと勝ち星を積み上げて、

区切りの10勝だと思います」


・これでチームは4カード連続の勝ち越しになりました 混戦のパ・リーグの中で一つまた大きい勝ち越しですね

「今はみんな1試合1試合に集中してますし、

目標があるのでそれに向かってチームでしっかりこれからも戦っていきたいと思います」


・明日また仙台でナイスゲーム期待してます

「はい 頑張ります」


(その後のコメント 飯塚治アナのレポより)

「ロースコアになるだろうと思われたゲーム展開の中で、

大隣君に足をからめて、塁に出たらリードをとりながら

プレッシャーをかけてくれたた

大隣君も少し平常心じゃなかったんじゃないかな

浅村は思いっきりのいいバッターで、

ボールを見極めをするタイプではないが

高校時代も経験した1番という打順でチームに勢いを付けてくれている

最近ロースコアの試合が続く中で球にこういう大量得点の試合が何回かに一回あると

違ったゲーム展開になり楽かな

ソフトバンクは三本柱をぶつけてきたけど

うちがソフトバンクの立場ならそうしてただろうけど

ここで二つとったというのは大きいよね」


おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。