スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

ざくっと

2012/ 09/ 07
                 
今日のライオンズナイターより

監督試合前
「選手の勝ちたい気持ちが出てみんながどん欲になって来た
昨日は試合前の対策通りの攻撃ができた
浅村はボールを見て行くタイプではないので初球を簡単にあげることもあるが彼の持ち味は積極性
坂田は去年一番レギュラーに近かったが怪我やチャンスに強くなかった
今年は貢献している
彼の売りは打撃だし、チャンスなのでものにしてほしい
野上の援護が多いのは打線が点とらなくちゃと思ってるからかなw
ただ野上はいきなり試合は壊さない安定感がある
相手がある事だが、我々は目先の一勝を獲りに行くだけです」

試合前の檄出しする選手を土井コーチが指名
連勝中と言うことで指名されたのは昨日と同じく上本
上本「辛島とは対戦あまりないので…どんなピッチャー?」とこっそり周りに聞くと
中村が「チェンジアップがいいよ~」

秋山
「超音波治療とマッサージは受けてます
まだ気候があったかいので問題ないと思われます」

野上
先発9試合中8試合が3点以上、7試合が4点以上の援護あり

野上
8月に寝違えて首を痛める
センター前に抜ける当たりも「よっこらしょ」と言うぐらいの振り返りしかできなかった
前回の登板、首に貼ったテープがかなり見えてて周りにばれる
「湿布?」と聞かれたりもしたが
「湿布をしながら投げることはできません」

炭谷
「野上の時はカーブがポイントだし、
野上自身もカーブを投げるタイミングの意図をしっかり理解して投げている」

ライオンズ
9月5試合中4試合で序盤に先制点

坂田
「左対左でも辛島はそれほどインサイドをえぐって来ないと思う
外のスライダーのイメージが強い、左肩開かせられないように気を付けたい」


ナカジ9月は.471

QR銀インタ
「昨日は結果的にタイムリーになってよかったけど
内容がよくないので納得はしてない
これからは得点圏でどれだけ投手を助けられるかとは思っている
投手も疲れてるので投打を噛みあわせたい
打線が1点しかとれなければ0点に抑えるリードを
10点とれれば9点まではいいというような
足の指の痛みは守る分は影響はないけど走るとは痛い
でも秋山、中島さん、中村さん、みんな万全じゃない
皆で力を合わせてやるしかない」

野上は金曜日の先発が続いている すなわち3連戦の頭の登板が続いている
「相手がエース級ばかりだし、しんどい思いもあるが頭をとれば勢いがつくのでやりがいを感じています」

石井コーチ
「松永はサイドスローと言う身体に負担がかかる投げ方にして、体幹から工夫して努力している
あと足りないのは『欲』抑えるという貪欲さが必要」

カーター
試合前に土井コーチから「太ったんじゃないか?」と突っ込まれる
「僕、ナーバスなんで気になります」

上本
ファーストの練習もしているが
「はじく時は内野ラインの中にはじけ
あとは顔で止めろ なんのためにそのでかい顔はあるんだ?」とは必ず練習に付き添う奈良原コーチの言葉

監督
「岡本はブルペンキャプテンとして引っ張ってくれてる
そして何より困った時は岡本の経験、これがものを言うんだよ」

野上降板後コメント
「先頭打者を出して野手の方のリズムを悪くしてしまった
修正できず苦しいマウンドでした
申し訳なかったです」

おわり()
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。