スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『練習試合対セガサミー戦』

2012/ 11/ 15
                 
(2012年11月15日放送 文化放送 LIONS EXPRESSより 飯塚治アナです)


秋季練習も第3クールの4日目になりまして、このクール5日間練習がありますので

相当厳しい練習でして

ピッチャー陣の走り込みも

「いつ逃げ出そうか考えている」と言う選手がいるぐらい、下半身中心のトレーニングが続いているんですけども

今日の様子、文化放送鈴木光裕に伝えてもらいます、鈴木さん

はい ライオンズはこの秋季キャンプ初めての練習試合を行いました

相手は社会人の強豪、セガサミーです

結果は5-2でライオンズが勝ちました

若い投手5人が登板、

先発は3年目岡本洋介、2番手以降は藤原良平、岩尾利弘、田中靖洋、そして大石達也

大石以外は2イニングずつの登板となりました

4人で7つの四死球、田中が2失点の内容でしたが

渡辺監督は

「岡本洋介、藤原はよくなかったけど悪いなりに投げてくれた」

と目を細めていました

そしてなんと言ってもべた褒めは大石です

3点リードの9回、2つの三振とライトフライで3人でピシャリと抑えたんですが

直球もMAX145km/h

それにキレのあるスライダーが目を惹きました

渡辺監督は

「とてもよかった
他の投手よりワンランク上のピッチング

特にスライダーの良さははシーズン中、見たことのないボールだ」


とご機嫌でした

テイクバックを直した効果も表れてるのかもしれません

打撃の方ですがスタメンは

熊代、美沢、大崎、坂田、木村、林崎、鬼崎、星孝、永江

初回に3安打2四球を絡めて3点をとりました

7回熊代タイムリーで4点目をとったんですが

8回、2点を返されて4-2となったその裏

大崎のヒットと相手エラーでチャンスを作るんです

そして木村には送りバントのサイン、しかしこれを失敗

でも粘ってセカンドゴロの間に2塁3塁とチャンスを広げました

そして林崎はスクイズのサイン

これもなんと失敗するんです

でも結果的にはライトへのファールフライ、これが犠牲フライとなりました

これで追加点を奪ったんですが

この攻撃に関しても渡辺監督は

失敗してもその後しぶとく点をとったことを褒めていました

この試合、5回までは渡辺監督が采配をし、

6回からは潮崎2軍監督が指揮を執りました

潮崎2軍監督は

「スクイズのサインは初めて。ドキドキしました」

と話していました

秋季キャンプはあと1週間になりました


西武ドームから鈴木光裕アナウンサーでした

渡辺監督も

「いろんなサインを出して試しながらどんなサインに選手が適応できるか見たい」

と言ってましたは、まぁ失敗はよくないですよねw

できれば成功してもらいたいですけどもw

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。