スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『あれがあったから』 ~藤原良平インタビュー

2012/ 11/ 20
                 
(2012年11月20日放送 文化放送 LIONS EXPRESSの続き 槙嶋範彦アナです)


さて今日は5年目26歳、藤原良平投手の声をお届けします

今シーズン1軍での登板はわずか1試合、プロに入ってまだ勝ち星のない右腕ですが

サイドスローに転向し、この秋季練習で評価が急上昇中です

フォームを変えた経緯と、今の心境などをうかがいました

インタビューアーは文化放送斉藤一美アナウンサーです


・今、藤原投手の様子を拝見していると、野球をすることがとても楽しそうに見えてしかたがありません 実際はどうなんでしょうか?

「いやぁほんとめちゃくちゃ楽しいですね

正直今年、野球するのがしんどいなと思った事は結構あったシーズンだったんですけど

ちょっとフォーム変えてから

『あ~野球やってるな』って感じがして、今はすごい楽しくできています」


・もともとは右投げのオーバーハンドでした 今は何投げと言ったらよろしんでしょうかね?

「今何投げなんっすかねぇ

スリークオーターとサイドの真ん中なんでね

う~ん、呼び名が何かあるらしいんですけど、それは僕は知らないんで」


・あはは

「まぁ僕はハーフと呼んでます」

・フォームを変えたという意味ではサイドスローって言わせてもらった方が劇的な感じがするんですよ

「じゃあ、そっちで大丈夫ですw 

自分もそのつもりで投げてるんで」


・プロ5年目、2012年の夏、サイドスローへ転向したいきさつを教えてもらえますか?

「今年の春のキャンプから横田コーチとしゃべってて

結局は僕が腰の回転が横なんで、

『下が横なのに上が縦の動きしたら合わないんじゃないか』ってこと話してたんですけど

シーズン始まって上から投げてたんですけど

結果が出る試合もあるし、そうでもない試合もあったんで

なかなか踏ん切りがつかなくて、変えようという

一回今年上に上げてもらって試合で投げて

ぼっこぼこにやられて

んで2軍に落ちてまたぼっこぼこにやられてってのが続いたんで

もうここら辺が変え時かなっていうのがあって

そこから橋本コーチとか横田さんとかと一緒にやってもらって

今のフォームになりました」


・一度上に上がってぼこぼこにやられたというのは申し訳ありません、こちらの手元で調べる限りでは7/7の西武ドーム楽天戦ですね

「そうです 七夕の日です 忘れもしない

あの日はほんとなんか点差も開いてる場面だし、

自分が下でやってきたことを出そうと思ったんですけど

その下でやってきたことが全く通じず、

正直な話をするともうマウンドに上がりたくないなぁっていうのはあったですね、ほんと途中で」


・イニング途中から最後まで投げ続けたんで都合3回マウンドに上がったわけですけど、その2回目3回目の辺りからもうマウンドに行きたくなかったと

「そうですね、正直なとこは

すごい申し訳なかったっすね、あの日は投げてて

チームメイトの人にもそうだし、

あとファンにもそうだし」


・でもその藤原投手から見るとどん底のような一日、そしてファームに落ちて何回か打たれてしまったという屈辱もあって
今のサイドスローへの転向というのがあるわけですね

「ず~っと一年間悩んで来て、変えるか変えないかをず~っと悩んでた中でのそういう出来事だったんで、

言い方悪いですけどあれがあったから、今のこういうフォームになったんだなぁとは思います」


・もともとサイドスローだったというお話を藤原投手ご本人から聞いたことあります

「そうですね 高校の時は一応、サイドスローとかアンダースロー」

・アンダーですか?!

「はい アンダーも放ってました」

・180センチ近い長身で手足も長いですよね それでアンダースローだと実には特徴のあるフォームですね

「ですねぇ、正直アンダースローは背筋が痛いというその印象しか残ってないですねw」

・で、サイドスローも挑戦した

「はい 結局高校の時はサイドスローの時期の方が長かったですね、オーバースローで投げるよりも」

・それがなんでオーバースローになったんですか?最終的にプロにはなりましたけども

「オーバースローに戻したのは大学入った時で

監督が『上から投げてみよう』ってことになって

上から投げてたら球速もどんどん上がっていったし、

スライダーも高校時代よりもキレるようになったんでっていう感じです」


・プロとしての投手人生を歩む中で、いろいろなクセも出てくるわけで
渡辺監督は『藤原は変化球を投げる時に腕の振りが緩むという悪いクセがあって』

「はい あります」

・でも『サイドスローになってから消えた』と言うんですね

「はい それは自分でもほんと思います

前まで上から投げてて、変化球投げる時はどうしても自分の中でも

『あ、緩むなぁ』っていう感じあったんですけど

どうしてもそれが直せなくて

結局バッターからしたら

『あ、緩んでる 変化球じゃん』と思って打たれるって場面も多かったんですけど

今は腕の振りもしっかり振れるようなストレート一緒ぐらい振れるようになってるんで

緩い球でも空振りとれるし

そこが今、一番大きなポイントではあると思います」


・めっぽう強い腕振りで、水を得た魚じゃないかというぐらいビュンビュン振ってますね、躍るようなフォーム

「やっぱ下との動きが合ってるのですごい振りやすいんで今は

その分腕が振れます」


・一軍定着へのいいきっかけをこの秋季練習で掴んだのではないかと思いますがどのようにお考えでしょうか?

「ですね、まぁ 今年のフォームを変えるまでの印象よりよくなったとは思うんで

それを続けていって、春のキャンプしっかりやって結果を残せれば

いけるとは思います」


・先発とリリーフはどちらが希望ですか?

「あ~~~ リリーフの方が好きですね

先発はどうしても長くて1週間に1回じゃないですか

それがせっかく野球選手になったんだし、しかもピッチャーなんで

投げるのが好きなので

先発が嫌いってわけじゃないんですけど

中継ぎの方がどっちかというと僕はいいです、あはは」


・そうですか わかりました 投げたがりの藤原良平を2013年はぜひとも見せてください

「はい 見せたいと思います」


明日は秋季練習打ち上げです

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。