スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『2012年サンクスフェスタ渡辺監督トークショーより』

2012/ 11/ 24
                 
(発言部分だけおおまかにまとめました)

IMG_0202.jpg
今シーズンは序盤に勝てる試合を勝てなかったのが最後まで響いた

みんな早くに出しきったかな

選手に無理させたし、9月の山の時点で余力が残ってなかった

これは反省しなくちゃいけない

来季は序盤の戦い方が課題

開幕戦の斎藤君にやられたがちょっと嫌な予感はあった

前年やられていたのと開幕の独特の雰囲気、

実力以上のものを出されるかもしれないというのがあった

涌井の抑えについては悩んだ結果

彼の状態が上がらず、勝てるボールがなかった

一度2軍で調整させたがチーム事情で後ろが安定せず

まずは涌井の復活、彼本来の真っ直ぐを取り戻すためにはまず腕を目いっぱい振ることで生き返らせれば

また先発に戻っても大丈夫かなと

去年の牧田とは違って、僕自身も抑えを若いうちに経験していろんなポジションを経験したことが後に活きた

涌井もエースとしてやってきて過渡期に来ていた

真っ直ぐを取り戻すために抑えにした

僕が抑えになったのは19の時

開幕からローテに入って4連勝、今年は二桁勝つと思ってた時に

抑えの森繁和さんがひじを怪我して、

広岡監督に呼ばれて抑えを言われた

当時他のチームの抑えは百戦錬磨のベテランばかり

10代の抑えもどうかと思いつつも無我夢中だった

抑えになるとなにより責任感を感じる

その前の投手が繋いだ試合を最後に締める責任

そこまでの過程を見てるので絶対に落とせないと思うその難しさがすごくあります

涌井は抑えになって投げ方も変わった

押し出し系の投げ方をしていたのが上から叩くようになった

後は気持ちの問題だった

ただ涌井は抑えには向いていません

1球で仕留めるボールが見当たらないので

仕留めないといけない部分でファールで粘られたりする

それでも30セーブ挙げたのは涌井のポテンシャルの高さ

来年は先発に戻します

投手リレーは後ろから決めるのが簡単です

来年の抑えはできれば日本人にしたい

将来的に考えた時に外国人だといいと来年どっかのチームが引っ張って行くから

みんな競争だけど見極めて行きたい

去年は見極めに失敗して序盤を落とした

オープン戦で今年は行けると思ったのが、野球はわからないというか外国人はわからないというか

日本人抑えのいい所は『抑えは心』だから

たまには浪花節で行ってくれみたいな所あるのでそこら辺の意思疎通

日本人の方が通じると思う

毎年抑えが変わってるチームじゃダメ

長年同じ抑えであるべき そこら辺は考えます

オープン戦のゴンザレスは1点も取られてなかったので行けると思ったが

相手もあるし、精神的な部分もある

我々も勉強になったし、来季はそこの部分はファンも不安に思ってるはず

しっかりやっていきたい

シコースキーは右ひじは大丈夫です

今年は独立リーグで先発で9勝0敗だったんですが

その独立リーグがどんなレベルかわからないんですが(笑)

でも真っ直ぐは戻ってますし、日本人扱いなのも大きい

今年の外国人選手は頑張ってくれたし持ち味を出してファンにも親しまれた

ヘルマンは守備を除いてはほんとに素晴らしかった

何より日本の野球を舐めていない

いろんなポジションをやるにも嫌な顔一つせず「監督の言う所をやる」と言ってくれた

来季はDHもあるかもしれない

中村の回復は個人差があるのでどうなるかわからない

年齢を考えるとまだDHのみは早い

打てて守れればとは思う

牧田は歳はいってるけどまだプロとしての経験は浅い

その選手が昨年は抑え、今年は先発の軸になってくれたのは大きかった

抑え先発は全然違うのでそのクセが向けきらずに力む所があったがすぐに自分の投球を取り戻した

WBCに招集もあると思ってる

国際試合での一発勝負の中で打ちづらいとこもあると思うので

野手で今年一番成長したのは秋山と思う

怪我で出遅れたが2番に座ってチームが機能した

打つだけじゃなく走、守でもレベルが高い

諦めない気持ちが球際の強さに出てるし何より真面目

プロとしていろんなことを吸収してる段階

まだまだ伸びると思う

努力を続けるのも難しい中一生懸命コツコツやっている

将来クリーンナップを打つ力はある選手、これからもっと経験を積ませたい

キューバ戦は見てなかったんですが

炭谷がHR打った瞬間に知り合いから電話が来ました

バット持ってますから可能性はあるだけどなんで今さら?みたいな

でもああいう場面で貴重なHR、何か持ってると思う

秋季練習の打撃練習でちょっとバッティング変わって来てて

周りから「シーズン終わったら調子よくなったな」って言われてた

その後のあの一発だった

練習から飛距離出てたし毎日振り込んでいた

偶然ではない

ただあの広い福岡ドームでよく打ったが

それよりベンチでの東尾さんのはしゃぎ方が異常だった

夜電話で「ちょっとはしゃぎすぎじゃないですか」と言ったら

「銀仁朗だぞ?」と言われた

今年一年レギュラーでいいとこも悪いとこも配球面で反省するとこもあると思うが

捕手はそうやって成長して行くものだと思う

この経験は来季活きると思う

WBCで世界と戦うともっと器が大きくなると思うので期待したいが

あまり調子に乗ってるようなら言います

今年は何度もブロックの時に吹っ飛ばされたが彼は逃げないので

どこのチームとは言わないが年俸高い捕手はすぐ怪我を怖がって逃げるんで

それに比べると彼は逃げないのでベンチはヒヤヒヤだが

ホームを守る銀の気持ちに心から感謝はしている

ただ怪我は気をつけてほしい

上手く交わす技術もこれから身に付けてほしい

その練習もしています

菊池はもうちょっと勝ってもよかったが最後にバランスを崩した

今年はステップアップの年だった

来季は開幕ローテに入ってもらいたいが

超スロースターターなので序盤はほとんど投げられない

キャンプでもいい球を投げていたのでこのオフに状態をキープしてほしい

花巻という土地柄か自分にブレーキをかける部分があるので

大石は来季の開幕が今から楽しみ

テイクバックと下半身のタイミングが合って来てボールに力が出ている

本人も納得できる球が投げられ始めている

自分のやってることに対してレベルアップを実感すればもっと上を目指すのでプロとして大事なこと

今年の秋のキャンプ一番いい球を投げていた

先発として見てきたが彼の投げ方はリリーフ向き

身体ができてない中で球数を投げる先発としての練習をして身体もできてきた

ここで一気にヴェールを脱ぐ時が来るかもしれない

後ろもありうる

長期で投げられる日本人抑えの候補の一人ではある

今年一度は上に立ちできればそのまま行きたかったが

6月ぐらいから選手をけしかけたが終盤力が残らなかった

起伏が激しいシーズンが続いてるので

できれば安定した力を保てれば最後逃げ切れると思う

最後は満身創痍で怪我をおして出てくれた選手もいる

100%はないけどなるべくコンディションを保てれば

来年絶対優勝できると思います

いろんな補強をしてるチームもああるがうちは育てて勝つのが方針でここまでやってきた

最後の最後で一歩出れるようなチーム作りをして

来年こそはファンと一緒に喜びたい
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。