スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『悪い意味で聞き過ぎた』 ~大石達也インタビュー

2012/ 11/ 26
                 
(2012.11.23 LEX)

サンクスフェスタ開催、4万9千人ものファンでにぎわう

監督の挨拶

「本日は大変お寒い中、そしてお足もとの悪い中、ライオンズサンクスフェスタ2011、いや2012に
ご来場いただき、誠にありがとうございます
そして、今シーズンもファンの皆様には大変温かい声援をいただき、ありがとうございます
感謝しております
結果的には、2位という悔しい結果に終わりました
しかしながら、来季に向けてチームは新たにスタートしております
必ず優勝できる強い骨太のチームを作って来季に挑みたいと思っています
ファンの皆様も今年以上に声援をいただければ幸いに思っております
本日は時間の許す限り、選手と触れあい、楽しい思い出を作って帰っていただければと思っております
よろしくお願いします」

ものまね大会は12歳の男の子が2年連続優勝
審査員の熊代による中村の三振のものまねも好評

トークショーでいじられた秋山「これじゃロッカーでの会話と変わんないよ」と嘆く

中島、アメリカから朝5時に成田着
アメリカでの話は特になし

最後は栗山の「来年は日本一になってこの場所でお会いできることを楽しみにしています」という言葉で締め


インタは大石達也 ・は斉藤一美アナ

・監督が『この秋、フォームを修正して大石がよくなってきた』と嬉しそうだったのは知ってますか?

「いや…知らないですw」

・ほんとに知らない表情ですね 今耳にしてどのような気持ちですか?

「よくなっているって言われることは嬉しいけど、僕の中ではいまひとつな感じなんで

まぁよくはなっていますけど、もうちょっと上のレベルに行きたいと思ってるんで」

・8月上旬にファーム、9月中旬に1軍になるまでに何かを変えたんですか?

「フォーム、下半身、体重移動の時に股関節が伸び上がらないようにというか、

8月はそこだけを意識してやってましたね」

・入団当初から試行錯誤を繰り返しているテイクバックについてはどのような改良をしたんですか?

「テイクバックはフェニックスとキャンプからやりだしたんですけど

極端に言えば野手投げというか、ショートのノックとか受けてて、ファースト投げる時は普通にスローイングできてたんで

そのイメージですね」

・しっくりくるものがあるんですか?その1塁へのスローイング

「上と下のタイミングが合うというか、スムーズにひじも上がってくるんで

それをイメージして、あとはピッチングの中で上と下のバランスが合うように

いろいろとちょっとタイミング変えたりしてやってます」

・そしてフェニックスでどんどんと調子が上がってきた、球の質も良くなって来たという評価も得ています
横田2軍コーチは『今の大石は自分でいろいろと考えて試してそれがいい方向に出てるのが本当にいいことだ』と言ってました

「ピッチングとかは特に自分の感覚でしかわからないものとか多分あると思うんで人それぞれ違うんで」

・この2年間、特に最初の方、あれこれみなさんがアドバイスする中で、大石投手もずいぶん迷った部分もあったかと思います
そこら辺を全部かなぐり捨てて、自分でやってるかのような

「悪い意味で、聞き過ぎたというか」

・あはは 素直なんですよ

「全てをやり込み過ぎた去年1年間だったんで

やっぱ合う合わないあるので 取り入れつつ、自分の感覚でまずはやろうかなと思うようになって今があります」

・プロの水に慣れたんですね

「そう…ですね」

・今季は24試合登板でプロ初勝利も挙げました 自分の通用する所、または課題あったと思いますけど、それぞれ教えてください

「通用する所は今の段階では高めの真っ直ぐ、ある程度は通用するかなとは思いますけど

今のままではまだ勝ち試合とかでは多分投げさせてもらえないと思うんで

課題としては低目の真っ直ぐと後は何か一種類でいいんで、決め球となるフォークはスライダーどちらか変化球ですね

そこが課題ですね」

・いまだに理想の投手の形は変わってませんか?

「変わってないですね」

・どなたをイメージされてますか?

「藤川球児さんの全盛期の頃の真っ直ぐ、フォークですね」

・そのイメージに近付けてる感覚はありますか?

「う~~ん、いやまだ全然まだですそれは」

・でも真っ直ぐで押せ始めてますよね

「そうですね 真っ直ぐに関してはよくはなっているんで近づいてはいると思うんですけど

トータル的にはまだ全然」

・2013年、大石達也はどのようなピッチャーでありたいでしょうか?

「監督コーチからの信頼を得て、勝ち試合で投げて、信頼のあるピッチャーになりたいですね」

・ファンは最後に大石達也がコールされるのを待ち望んでいます

「はいw そうですね まぁ、いきなり来年最後というのはないと思うんで

一歩ずつ階段上がって、徐々にそういう場所で投げれるようになりたいなと思います」



西口契約更改 一発サイン

「5月からなにもできていない、後半は投げていない、5勝しかしていないからいっぱいいっぱい下げられた」と笑う

30%ダウンの7000万円(推定)

「来年はやらないといけない、勝負の年だと思っている

200勝はまだ考えていないけれどやはり先発として2桁勝っていきたい

まずはそこを責任持ってやりたい

ノーヒットノーランもやりたいねw」

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。