fc2ブログ
        

2012.12.12 LEX 拝啓 菊池雄星様 3日目

2012/ 12/ 12
                 
文化放送イベントで東尾さん、牧田、鈴木アナがトーク
東尾「WBC代表は2/15から4日で3人落とさないかん、
振り分けがつらい
前回の岸は落ちたのではなくボールが合わなかったから」
牧田「準備はしている早くボールをもらって慣れたい」
東尾「いつも枕元に置いて余計なものではなくボールを抱いて…
何をくすくす笑ってんだ?」

WBC硬式球は縫い目が低く馬の皮でできているので
滑りやすい
内海、マエケンは既にもらっている


拝啓菊池雄星様3日目

・ローラのものまねをして
「え?これはダメっしょ!今いきなり言われて練習してないし…
オッケー…全然違う」

・ライオンズの選手のものまねを
「では説教する銀さん
『お前しっかりせえや~』
これはいつも言われます
『構えた所に投げろや~』
これはたまに言われます
銀さんはいいボールの時褒めてくれるし
『このままなら9回まで行けるぞ』とか言われたら僕もスイッチが入る
試合中に怒られることもあるけどイライラはしません
銀さんの言う通りですから
怒られた方が目が覚める
『ボールに気持ちが伝わって来ない』とか言われる
自分は気持ちで投げる投手なのでそう言われた時はそうだと思う
今年一番は誉められたのは初登板
7/1のクラシック、稲尾さんのユニの時
1年ぶりの銀さんとのバッテリーで
『かなり良くなっている』と言われて
嬉しかった
久しぶりの一軍で緊張したけど
『真っ直ぐで抑えられている』と言われて
自信になった
真っ直ぐだけで抑えるのは究極の目標
嬉しかった」

・花巻東の佐々木監督はどういう人?
「怖いですよ
学校の廊下歩いてるとそれまでいた生徒がいなくなってアレ?みたいな
全員席に座ってしまう
チャラチャラした人もぺこぺこ頭が上がらないぐらい
でも情熱的で自分たちのことを思ってくれる
花巻東に行ったのも佐々木監督の下で野球をやりたいから
県外という選択肢もあったけど
中1の時から毎試合のように試合を見に来てて
『ぜひ一緒に日本一になろう』と言ってくれてた
その思いに応えたかった

佐々木監督は日本史の先生で授業も面白いです
話も面白いので
授業中誰も寝ないです
まぁ怖いというのもあるけどw
ミーティングでも4時間ぐらいの時もある
目標に始まってチーム全体のこととか
その時も誰も寝ない
1時間経ったら目薬とかさしたくなるけどそういうことはない
入学する時は迷ってた
他の県外の高校も話をもいただいてたんでそっちも考えたが
『お前と一緒に日本一になって辞めたい
もしドラ1にできなかったら辞める
だからお前もそのつもりで3年間やれ
人と同じは許さない
人以上に練習指導するけどそのつもりで来てくれ』と言われた

冗談かと思ってたら
春の甲子園で決勝まで行ってその前日、実は二人で話したんです
『明日勝って監督を辞める』と
でも結果準優勝だったんで
まだ監督を続けていますw」

明日に続く
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント

        

無理なさらないで下さい
体調がよろしくないのに、書き起こしありがとうございます。
本当に、ごゆっくりでいいですよ。
それから、こめ返も、お気になさらずに。
勝手に言いたいことを書き飛ばしているだけですので。

銀ちゃん、雄星には厳しいことも言うんですね。
年上のピッチャーにはなかなか言えないでしょうね。
「信頼」って抱負に書いていましたが、でも、今季、ピッチャーが「銀のリードのおかげ」みたいなことを何度か言ってますよね。
最近のんびりと過去ゲームを見直したりしてるんですが、
解説の伊原さんもほめていましたし。

銀話でした。(^_^;)


金さん、銀さん
雄星くん、おしゃべり、ほんわかして、かわいいですね。

彼が「銀さん」と言うたびに、「金さん、銀さん」に思いが飛んでしまうので、できれば
「銀ちゃん さん」くらいにしてくれると助かるのですが。まあ、無理ですね。

彼の後輩の大谷君がショートに?って監督が言ってるのを聞くと、
やたら先発をやらせたがる方を思い出して、ちょっとおっかなびっくりしています。
原石をちゃんとダイヤモンドに磨き上げてほしいです。
tamboさんへ
ありがとうございます。
おかげさまでだいぶん体調もよくなりました。

銀は正捕手としてはやはり目上の投手にもうまく自分の意思を伝えられるようになれるといいですよね。
でもすごくいい捕手になってきたなぁと思います。
伊原さんに誉められるようになったのはいいことですよね。
伊原さんは一見辛口ですけど、ライオンズ選手には結構甘くて、特に一度認めた選手のことはベタ褒めしますよね。
和田や豊田なんかはすごく伊原さんに認められている選手だったと思います。
その代わり、ダメ出しはきっちりする(カブレラの守備なんてもうボロクソでしたもんね)
いいことはいいとはっきり言える伊原さんに認められたのは嬉しいなと思います。
伊原さんは言ってることも的確だと思うし。
メープルさんへ
明らかに入団当時のインタビューとは違ってきたなぁと思います。
『緊張』とか『慣れ』とかそういう言葉とはまた違う雰囲気、
これは何かなぁと考えたら
『楽しんでいる』という答えが浮かびました。

なんかほんと楽しそうに喋るんですよね、雄星くんが。
あの細い眼をさらに細くして笑顔でしゃっべてる姿が聴いてて浮かんできます。

渡辺監督の先発構想、私も『?』と思ったこともあったけど、
『これから先、先発陣がいつまでいるかわからないので次の育成を』と言ってる人がいてなるほどなと思った次第です。

涌井は単年、岸もFA権近い(球団は引きとめ条件出してくれると思いますが)、石井と西口はやはり高齢であることは否定できないし
と思うと、柱のうちの4本が決してがっちりというわけではありませんもんね。

大石は先発としては結果が出なかったけど、結果リリーフとして開花しつつあります。
人はそれを『遠回り』とか言うけども、回ってみないと見えない道もあるはず。
そして、ワクの時と逆に、大石は先発の気持ち、考え方、理解したのかもしれませんね。

ただおっしゃるように、原石をダイヤに磨くかどうかは首脳陣の手腕次第、
光山コーチのように就任前は疑問符が付いたコーチが炭谷を盗塁阻止率No.1に育てる例もありますし、
ネームバリューではない育成を見せてほしいなと思います。