スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『2012年度ドラフト指名選手入団会見』

2012/ 12/ 14
                 
(2012.12.13 LEX 鈴木アナ)

ドラフト新入団選手会見が午後5時から所沢くすのきホールで

槙嶋アナのレポ

ファン500人を会場に招待して行われ、30分ほど前に終了

ドラ2の相内誠以外の5人の新人が

午前中は西武D、第2など球団施設を見学

5時からの会見では渡辺監督が出迎える中、ホームの真新しいユニに身を包み、選手は登場

背番号も発表され、各選手マイクを手に自己紹介

1位 増田達至投手 NTT西日本 背番号14 ストレートが持ち味の本格派

「ユニフォームを着て実感がわいてきた

先発、抑え、どこで投げるかわからないが、自信のあるストレートで抑えたい

野球人生1年でも長く活躍して、最後は渡辺監督のように監督になりたい」

と話して大きな拍手を受ける

会見場には各選手の家族の姿もあったが、

増田は婚約者と一緒に幸せそうな笑顔で記念撮影

3位 金子侑司内野手 立命館大学 背番号2 俊足のスイッチヒッター

「ここからがスタート 新しい野球人生頑張って行きたい

足を活かした守備、バッティングを認めてもらいたい」

4位 高橋朋己投手 西濃運輸 背番号43 サウスポー

「実感がわいて早く投げたい 興奮が抑えられない

気持ちとは裏腹に、ストレートがいろいろと勝手に変化するので

いろんな変化球を投げるとバッターに印象付けたい

西濃運輸では言い訳をしたりウソをついたりすることが多くて

ウソップと呼ばれていた

マウンドで動揺したらそれが顔に出てしまうので

『ウソップ』~と皆さん呼んでください」

と笑いをとる

5位 佐藤勇投手 福島県立光南高校 背番号63 サウスポー

「即戦力は難しいかもしれないけれど、2~3年後には150km/hを投げます!」

育成1位 水口大地内野手 独立リーグ香川オリーブガイナーズ 背番号123 

「スピードと泥臭さを見てほしい

背番号は3桁よりも1桁2桁がいいので早く支配下選手登録されたい」

渡辺監督

「各選手個性があってポテンシャルが高くて

自分自身若くて活きのいい選手を使うのが大好きなので

来シーズン戦力になってくれると期待しています」
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。