スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

2012.12.16 NACKの奈良原コーチインタ

2012/ 12/ 17
                 
奈良原コーチインタ
「守りでミスも目立ったし、アウトにとれる所でとれない、
それが失点につながったり影響してるのは守備コーチとしては反省すべき点」
・チームエラー101と他チーム7~80に比べると多かった
「指導力不足という責任を感じつつ、内野のエラーだけではないので
エラーを怖がってボールを待つことでヒットにするなら
アウトにできる所でアウトにしないといけない
ヒットゾーンをアウトにしてる部分も多かった
エラー数=守備能力が低いとは思わない
ただエラー数が多いのは整備しないといけない、上位を目指すなら守り勝つことを意識しないと安定した勝ちには繋がらない」

・積極的な守備を今年も目指して来た?
「攻めた結果のエラーは仕方ない部分もある
一つバウンドを待つことで内野安打になるなら、状況にもよるが攻めた中でどうジャッジするか
球際の強さだったりとかはキャンプ前から内野手には言ってきた
攻めたミスは責めれないが、スローイングのミスはキャッチボールの延長
捕った以上はしっかり投げること そのミスが目についた
そこの安定も一つの課題」

・今年内野守備で輝いてたのは?
「中島は三遊間の深い所からのアウトにする場面が数回あったし、
投手を助けた
浅村は急遽セカンドに入ったがあの程度やってくれたのは大きかった」

・中島が内野を引き締めた?
「野球勘の優れた選手なのでポジショニング、二遊間の連携、サードとの声の掛け合い、
彼一人で非常に助かった」

・浅村のシーズン通しての成長もあった
「前半あまりよくなく2軍に行ったが下半身の大事さを本人も痛感したと思う
下半身の安定さが打撃にもスローイングにも繋がることを知って
序盤から下半身の使い方の意識が高くなってきた
下半身を守備によって鍛えることでパフォーマンスが上がることを感じてると思う」

・永江はどうですか?
「まだ粗削りというか、細かい部分はもっと勉強だがAS前後上がって来てからの球際の強さは目を惹く
肩の強さと言い、いいものを持っている
今後は当たり前のプレーを当たり前にやる基本が彼に求められる
プラス今の能力を発揮すれば充分内野の一角に食い込める守備能力はある」

・秋季キャンプの強化ポイントは?
「正確さを優先すること その中でバッターランナーをアウトにするスピードを養う
『正確に速く』
正確を重視すれば速度が落ちるがその中で最高のスピードを心がけること」

・移籍の山崎は?
「守備は高いレベルにある
試合で使える守備力がある
なにより野球勘が優れてる
内野全般どこでもできる、若い選手の見本になる選手
期待している」

・来季の内野布陣は?
「個人の適性が必要だが、横一線 皆にチャンスがある
今は誰がどこと言うのはない
春キャンプで誰がどこで一番能力を発揮できるかを見て行きたい
OP戦でがらりと変わることもあるのでアピールしてほしい
選手の自覚、貪欲さに期待」

・ファンへ抱負を
「今年は2位で残念だったが来季は守り勝ち、優勝できるように全力で守備を整備したい
来年も応援してください」
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。