スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

2012.12.25LEX 土井さんのナカジへのメッセージ後編

2012/ 12/ 25
                 
豪州ウィンターリーグ参加の小石、中崎、中田が早朝に帰国
成田から所沢へ直行、契約更改
小石は現状維持1300
「各チームとの対戦の2回目以降はことごとく打たれたので
通用したとは全く思っていない
豪州で新しい変化球を学ぼうかと思ったがもともと球種が多いため
ほとんど学んでない
でも自炊を頑張りました
ミートスパ、大量のケチャップを入れて、隠し味はとんかつソースです」


インタは土井さんのナカジへのメッセージ後編

・ナカジはメジャーでどのくらいの数字を残せる?
「残してほしいのは.280 それも規定打数に立った上で。
使うてもらえるかどうかで違うが、使うてもらえればそこそこ打てる打者だが
守備面とかいろんな面で判断するので
ベンチ暖める打者じゃないので
どんどん使ってもらえる選手になってほしい
そうすれば自ずと成績が付いてくる、.280は打てる
また、外国人に強い、いろんな大会でも外国人をかなり打っている
そういうイメージも自分の中にあると思う」

・外国人を打てる打者の違いは?
「動くボールが多々あるので、その後の感性。
パッと来た時にパッと手が出るか、日本人みたいにこの球に絞ってっていう球じゃないので
投げるボールが真っ直ぐのような2シームとか
ちょっと垂れてる球が2シーム4シームといろんな名前になって動いてくる
そこに神経質になるとやられる」

・ナカジは今年ライオンズで土井さんと野球がやれてよかったですよね?
「今年は月間MVPを獲れたことを彼はものすごく嬉しがっていた
.330まで行って、絶対の首位打者候補でありながら獲れなかったのは私らの責任
月間獲れて、チームを上げてくれたのはよかったけど
首位打者獲れなかったのは私達のせい
なので返答はしにくい一年やった」

・2千本安打まで620本
「日本にいたら間違いなくできる記録
アメリカ行って、使ってもらえなくて未練を持つと…
彼には言ってる『2年でめど立たなかったら日本に帰って来い
自分で2年でイケると思ったらとことん行け』と」

・それはいつ言った?
「今年の9月か10月
メジャー行きたいんか?って話したら『挑戦したい』と
2年で結果が出なかったらね、未練残して残ろうじゃなくて
僕らにしたら2千本打ってもらいたい
稼頭央にしても清原にしても打ってきた
出てきた時から2千本打とうと(約束してきた)
あと620、日本でできる記録だけど、私はアメリカでやってほしいんですよ
日本に帰って来ないで.280で5年経てばね(1年で)150本近く行くので
その中でやってほしいけど、2年でしょうね
2年でできるかどうか判断して、イケると思ったら行ったらいい
1年じゃちょっと早いし、2年間棒に振るのは日本に帰ってからが難しい
ゲーム出てたらアメリカでできる
そこの判断を誤らないで2千本の仲間に入ってほしい
名球界の連中とハワイに行ってほしい
それが僕らの夢です」

・稼頭央、清原、ナカジ、土井さんで呑むのが夢
「彼にやってもらわんことにはこの4人の夢は叶わない」

一方ナカジは土井さんについて

「土井さんは早く2千本を打ってくれと言われてるので
打ちたいというのが常にあるんで
土井さんがずっと向こうで出たり出えへんような感じになったら
はよ帰って来て、日本でもいいからそのまま2千本打ってくれと
で、一緒にお酒を呑もうと言うてもろてるんで、早く達成できるようにこれからやりたいなと思いますね」

見事に一致!
契約年数2年も土井さんの教えに従って約束を守っている
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

ヤス7さんへ
拍手とコメントありがとうございます。

このインタでファンが安堵したし、「それ!」と思ったのって
「2年でめど立たなかったら帰って来い」って言葉だと思うんです。

みんなナカジにはメジャーでも活躍してほしい、
でももし万が一ダメだったら(それはもちろん自分の意思ではどうにもならんことがありますし)
戻ってくる場所があって、それはライオンズであってほしいということです。

どうしてもメジャーに行くことが「挑戦」という言葉に置きかけられる昨今、
メジャーから日本球界に戻ることは「通用しなくなった選手の出戻り」みたいに見られますが、
メジャーリーガーが日本に来たって10割打てるわけじゃありませんし、
どっちが上とかはないと思います。

いろんな環境、スタイルがあるだけで、そこに合うかどうか
合わなかったらまた合う所でやればいいだけのこと。
まずは一歩踏み出して、その中に自分の身を置いて経験することで見えてくることたくさんありますもんね。

数多くのライオンズに関するブログの中から、弊ブログを見つけてくれて、丹念に読んでくださって本当に
感謝の気持ちでいっぱいです。

メリークリスマスの言葉はお返しできませんでしたが、ヤス7さんがよいお年を迎えられますように願っています。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。