スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『野球しかない』 ~金子侑司インタビュー

2013/ 01/ 24
                 
(2013.01.23 LEX 松島アナ)

今日も西武第2球場は多くの自主トレの選手でにぎわいました

去年の9月にピッチャーから外野手へのコンバートが決まった木村文紀選手

宮田和希投手の投げる球で80球近く室内でのフリー打撃を行いました

まだ明らかな凡打もあるんですが、スコーンというが鋭い打球も結構放ってまして

本人は「今は振る力をつけることを心がけている」

敢えて思いっきり振ってるんですよ 非常に豪快なスイングをしてるんです

だからこそポップフライになったり、たまには空振りもあるんですけど

とにかく振る力をつけることを強調してましたね

「投手時代と比べて今5kg絞れてます

一時は9kg絞った時期もあった」
んですね

同じくプロ入り後に野手に転向した宮地ファーム守備走塁コーチの指導の下、野手体型への脱皮をはかっています

宮地コーチは

「野手転向後、いきなり1軍でやれるほどプロは甘くないが、

キャンプはA班スタート、

何が起こるかわからない

チャンスを掴んでほしい」


と話していました

木村文紀選手の動向、目が離せません


今日も新人合同自主トレーニングが行われましたが、

今週はルーキーたちのフレッシュな声をお届けしています

今夜はドラフト3位、金子侑司選手です

京都府出身、立命館大学から入団の22歳、右投げのスイッチヒッターですね

俊足ということで、中島選手が抜けたショートのポジション争いにも加わることが期待されています

キャンプではA班に抜擢されました

さらに向井理似のイケメンとほんと話題なんですよ

金子侑司選手、背番号2です

・埼玉西武ライオンズから指名を受けた時の気持ちを教えていただけますか?

「率直によかったなっていう、嬉しかったっていう気持ちが全てですね」

・西武ライオンズというチームはどういうイメージを持ってました?

「毎年上位争いに加わってますし、強いなっていう印象もありましたし、

全員が楽しそうに野球をやっているなっていう印象があったんで、

西武だったらいいなぁとは心の中でちょっと思ってました」


・プロを目指したいと具体的に思ったのはいつですか?

「高校3年になってからぐらいですかね」

・それは自分の中で力が付いたっていう手応えがあった上での夢になった感じですか?

「そうですね 高校3年生になって、プロの方から注目されるようになってから

具体的に自分の中で自分はプロになるって考えるようになりました」


・アマチュアの野球で一番自慢できる経験はありますか?

「自分自身、徐々に伸びて来たかなっていう感じもありますし、

その中で脚をみなさんに評価してもらった部分もありまして、

高校時代は1試合6個ぐらい盗塁もしましたし、そんな感じですかね」


・1試合6盗塁は1塁から2塁、2塁から3塁、全部ちりばめての6盗塁?

「そうですね」

・盗塁に極意、もちろんこれからプロの世界でまたさらに高いレベルでやっていくと思いますけど
今の時点で盗塁に必要なことは何だと思いますか?

「そこまで技術があるかと言われたら、まだないと思いますし、

もっともっと磨いていかなければならないと思ってますし、

やっぱり足がただ単に速いだけじゃ盗塁は成功しないと思いますし

その中で今まで自分がずっと思ってるのは走る勇気ってのは一番大事かなとは思います」


・自分の最大の売りは足の速さですか?

「そうですね、はい」

・プロでこれからやって行く上での課題はどこですか?

「足もまだまだいろんな走塁の面を含めるともっと速くなれると思いますし、

走攻守全てにおいて、もっとレベルアップして、純粋に野球がもっと上手くなりたいなと思います」


・野球は大好きですか?

「楽しいですね、はいw」

・即答でしたね

「はいw 野球は楽しんでやらないと損なので

好きなことやってるんで、まずは楽しむ気持ちっていうのを忘れずにやりたいと思います」


・野球を始めたきっかけはなんだったんですか?

「幼馴染に誘われて始めました」

・最初野球をやった時はいきなり楽しかった?

「そうですね、楽しかったですね」

・今まで挫折って味わいました?

「そうですね、何回も、ははは、やめようと思いましたね」

・それをどうやって乗り越えて来たんですか

「いざやめるかやめないかってなった時に、やっぱり自分には野球しかないなと思いましたし、

それは野球を通して出会った人とか、仲間、いい人ばかりでしたし、

そういう人に支えられて、自分も強くなってこれたなっていうのを感じると、

これからも野球を続けていって、もっといろいろな経験できると思いましたし

そういう面でやめずに続けることができました」


・目標にしてる選手は?

「目標というか、好きなのはNYヤンキースのデレク・ジーターとかアレックスロドリゲスとかが好きなんですけど」

・ジーター選手の具体的にどこが一番好きですか?

「見てるだけで華やかやなぁと思いますし、

ファンの方に愛されてるっていう印象がすごくあるんで、

自分もああいう風にファンの方に愛される、華のある選手なりたいなって思います」


・自主トレの場ですぐ隣で中島選手のフリーバッティングなどもご覧になったと思いますけど、中島選手に対してはどういう印象を抱きました?

「身体がすごく大きくて、会った時の雰囲気、オーラもすごかったですし、

こういう人が上に行くんだろうなというのはすごく感じました」


・やっぱりそういう選手になっていきたいという思いがふつふつとわいてきましたか?

「そうですね、はいw 思いました」

・寮生活をするのが人生で初めて

「そうですね、はい」

・どうですか寮生活に入って、実際経験してみて

「最初は不安も多かったんですけど、野球を楽しむのと一緒で、寮生活も楽しんでやりたいなぁと思って入ったんで、

楽しんでやれてます」


・いわゆる一人暮らしが初めてですね

「そうですね、はい」

・一人暮らしの魅力って今どこに感じてます?

「いやww あんまり寮から出たりしてないんで、まだちょっと見つけられてないですかね」

・ちなみに趣味、野球以外の特技ってあります?

「趣味は音楽聴いたり、DVD見たりするのが好きなんで

特技は、まぁバク転できるぐらいですかねw」


・秋山幸二監督以上のバク転を目指すと新聞には載ってましたけど

「はいww できたらなと思いますけど」

・虎視眈々とそういう機会を狙っていくんですね

「そういういい場面で打てたら、あはは、やれたらなと思います」


笑うとさらに二枚目になるんですね

これは女性ファンにはたまらない選手になって行くと思いますね

すでにファンレターもかなり来はじめてるようです

「一通一通しっかり返信したい」

と話していました

色紙には座右の銘「華麗奔放」と書いてもらいました

おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。