スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『平尾博嗣 Reach your dreams第4回』

2013/ 02/ 02
                 
(2013.01.27 放送)

さて、みなさん、1月最後の日曜日、いかがお過ごしでしょうか

僕の場合はですね、毎年のこの時期ですかね、1月の自分の生活を見くらべてみると

非常にリラックスというか、有意義に過ごさせていただいています

それはなぜかというと、もうすぐ1月が終わるということはアレが始まるんです

そうです、キャンプです

プロ野球選手はね、2月のキャンプが始まるということで

1月に入るとカウントダウンします

2月まであと何日…

あとこれしか休めない…

もう始まっちゃう…

イヤだ…

そんな逆算しながらね、この時期になるとね、

今日は27日なので、ほぼ、この時期は暗いです

もう諦めですね、この時期諦めてます

それが今の僕はないので

非常にこの声のトーンでもわかるよう活き活きしてますし

でもやっぱり19年やらせていただいたっていうのがあって、

多少キャンプがなくなるなって言うのは寂しい部分もちょっとはありますね

100分の2ぐらいかな、ありますね

微妙ですけどww

でも2月が始まると僕も「みんな練習してるのに」ってなってしまうと思うし

その辺はしょうがないことです

第二の人生頑張ります

実はですね、僕、埼玉西武ライオンズの南郷キャンプに行くことになりましたぁ!

このSPO-NOWのコーナーで行かせていただくんですけど

ぜひ来週の放送をみなさん楽しみに聴いていてください



『平尾’S catch up!』

今回キャッチアップしたのは、なぜか埼玉西武ライオンズ、河田1軍守備走塁コーチです

なんで河田コーチなの?ってみんな思ってると思うんですけども

その辺は、実は僕がライオンズの前は阪神タイガースというチームに入団させていただいた時から、

この河田コーチは広島に選手としていたんですけど、

その時は挨拶ぐらいで面識はなかったんですけど、

僕がライオンズに移籍して最初怪我してたので2軍で調整してたんですけども

その時に河田コーチもちょうど2軍でまだいまして、現役で

僕がね、キャッチボールの相手を探してたんですよ

そしたら河田コーチが

「おい、平尾~ 俺とやろうぜ」

って最初にね、実は僕が西武来て最初にキャッチボールやったのが河田コーチなんですよね

阪神いた時から憶えててくれて、そういうふうに声をかけてくれて、

それがきっかけKな、そこからすごいね、勝手な僕がどんどんフレンドリーで

河田コーチが現役を引退してすぐコーチになった時も

僕はね、コーチなのに「河田の兄貴」と

今でも呼んでます

コーチなのに兄貴、兄貴と

僕も去年まで現役だったんですけど、河田さんのことグラウンドでも兄貴って呼んでました

もちろん監督が聞いてない所でですけどw

それぐらい僕は慕ってるというか、

河田さんも僕をすごいよくしてくれて、そんな感じですごいいい関係を築けてると思います

ということで、工藤むつみさんが河田コーチにインタビューをしてくれました


(工藤むつみさんによる河田さんのインタ)

・1月から平尾さんのラジオ番組が始まってるんですけど、それを聴いて率直にどうでしょうか

「まぁもともとね、ペラペラよくしゃべるヤツなので、

ラジオ番組が適してるかなと

できるんかよ、ほんとにww って感じです」


・ライオンズ時代の裏話とか言っちゃいけない話とかもあったりはしますか

「あははは もうね、裏話はね、俺と博嗣の中で留めてもらうことにして

かわいい子どももできて、綺麗な奥さんもいて、人生は長い、これから

頑張ってほしいね」


・平尾さんに一言

「バット持ってる時の感覚でやればいいんじゃない?

って他人事だよね、すごいw

少々真面目に答えてあげないと、みんな真面目に質問してくるわけでしょ?メールで

そこなんだよね、ちょっと心配なのは

博嗣にできんのかなと、あはははは!そこだよなぁ

真面目なとこもあるからね、大丈夫だとは思うけど

最後に一言言います

お前にできるのか?頑張れ博嗣」


(これを受けて平尾から)

河田コーチ、工藤さんありがとうございましたww

まぁね、河田コーチ、うざいww

でも河田コーチが僕のことをわかって言ってくれてる感がすごい出てて、

僕はこういうの聞くとやっぱり嬉しいし、

間違いなく、今度インタビューとかある時は河田コーチを一番に聞きに行きたいと思います

第1回はぜひ河田コーチと

そして河田コーチに引退してから何回か3~4回かな、

ご飯行こうと誘われたんですけど、全部断りました

場所がちょっと遠いのでw また次回つって、用がなくても断ってました

まぁ、そんな感じでww 以上、『平尾’S catch up!』のコーナーでした


ここからは皆さんからいただいた、野球に関する質問、相談などを紹介していきたいと思います


八王子市のRN かっちゃんさん ありがとうございます

『来月からプロ野球のキャンプが始まりますが、選手の練習風景でどんな所を見ていればより楽しいキャンプを見れますか?』

ということですけども、基本的に2月の春のキャンプは時間が長いんですよね

これからシーズン入っていくに当たってのキャンプということで

チームプレーやサインプレーとかね、基本的に全員で動く練習がメインになるので

見ている方はね、多少退屈してしまう所もあるんですけども、

せっかくわざわざ遠い所まで来ていただいて、応援してくれるわけなんで、

いくつか見方としてはもちろんメインの好きな選手をず~っと一日中おっかけて行って、

その選手をひたすら見るのもいいし

あとはね、僕がお勧めするのはメインとサブでね、南郷の場合はわかれてるんですけど

基本的にバッターはメイン球場で練習して、ピッチャーがサブグラウンドで行くということで

アップが全員で終わった後にまずピッチャーの方は、全員下に降りちゃうんですよね

で、自分の練習とかランニングとかピッチング練習が下で始まるので、

それを午前中に見てから、午後は上に登って来て、

メイングラウンドでバッターの打撃練習を見ると

1日目はそうしていただいて、

2日目は午前中にメインで、チームのサインプレーを見ていただいて、

午後になったら、サブグラウンドに降りて、投手のランニングを見てほしい

なぜかと言うとね、ものすごいランニングするんですよ、ピッチャー

ピッチングがない人はひたすら走るしかないので

プロ野球でもこんなに走ってるんだって所をね、

苦しい顔して走ってますからね、みんな

タイム計ったり、ダッシュしたり、坂道走ったり、

いろんな練習のやり方があるっていうのをせっかく行くんであればいろんなのを見てほしいですね

まずは好きな選手をおっかけて、一日中くっついて、

写真何枚も撮って、サイン何枚ももらってw

顔を覚えてもらうのが一番のキャンプの目的だと思います

頑張ってください

平尾博嗣 Reach your dreams、今週はいかがでしたでしょうか?

僕は第4回が終わったということで、流れ的には大体自分でも把握してきて、

後はいかに自分がかっこつけながらしゃべるとかね、

DJ風にしゃべるとか、これからはそういうちょっとプラスアルファしながら

なりきってやっていきたいと思いますし、それにはみなさんのご協力も必要なんで

どしどしなんでもいいんで、僕に聞いてほしいと思います

この番組では皆様からのメッセージを募集中です

また来週バイバイ!


おわり
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

春季キャンプ
こんばんは。

これが先日甘口さんがおっしゃってた平尾さんからのアドバイスですねw

秋山選手を追いかけて・・・写真撮らせていただいて・・・サインいただいて・・・
確かに顔を覚えてもらえるように、距離を縮めるチャンス!なんですが・・・好きすぎて近づくと緊張してしまって、少し離れたところで見つめることしかできない現状です・・・w

自分でもおかしいと思うんですが、本人を目の前にすると足が震えてしまって、これだけ追いかけているのにファン感で他の人にまぎれてハイタッチしたことしかないんです。涙。

きっと・・・絶対・・・サインをもらうくらい近くまで行ってしまったら、緊張のあまり何も言えないか、泣いてしまって失態をさらしてしまうことでしょう。。。

でもこの記事を読んで、せっかく宮崎まで行くんだから頑張ってみよう!と改めて決意しましたw

結果は・・・またご報告させていただきますね。

※2月17日に熊本に行って観光、18日に試合観戦、19日にキャンプ見学の予定です♪
『美歌の徒然ブログ』micaさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

遅くなりましたが、平尾さんからのアドバイスまとめました。
憧れの選手のそばに行くと緊張して何もできなくなるお気持ちはよくわかります。

緊張すると何言ったらいいかわかんなくなって、ほんと頭の中真っ白になりますよねw

でもせっかく行かれるんですもん、後悔のないように思いっきり行ってみるのがいいかと思います。
シーズン始まると、どうしてもネットを挟んで『内と外』という距離になってしまうので、
キャンプってそのネットが取り外される距離で選手と触れあう数少ないチャンスですよね。

朗報お待ちしております。

あまりもの雄大さに思わず寝ころんでしまいたくなる草千里、
先人の知恵と歴史に心が震える熊本城、
熊本観光も存分に楽しめますように。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。