fc2ブログ
        

『3人選出と最終クールスタート』

2013/ 02/ 20
                 
(2013.02.20 LEX 松島アナ)
         WBC日本代表の最終メンバー28人が先程午後6時、山本浩二監督から発表されました

今日サンマリンスタジアム宮崎で代表生き残りをかけた6イニング限定の紅白戦を行い、

メンバーの絞り込みを行いました

ライオンズの涌井、牧田、炭谷の3選手は見事に代表入りを果たしています

今日の紅白戦、牧田は2イニングわずか1安打無失点、ピンチに動じることもなかったそうです

炭谷捕手は5回までマスクをかぶりまして、ノーアウト2塁というピンチでジャイアンツの澤村投手にインコースを攻めさせて

後続を断つシーンもありました

涌井投手は1回3被安打を喫したんですが無失点

2アウトランナーなしから1、3塁のピンチを招いたんですが何とか抑えました

この3人には本番で頑張ってほしいなと思います

ライオンズのキャンプは今日から最終クール

昨日と今日で休養日と練習日を入れ替えたのが大成功でした

渡辺監督も朝、「ようやく晴れたね」と嬉しそうでした

今日はアウトカウントに関係なく、実戦と同じ形でピッチャーとバッターが対戦する、シートバッティングが午後行われまして

石井一久、岸の両投手がマウンドに上がりました

二人とも実戦形式はこのキャンプ初めてだったんですね

石井投手は10分ほどのインターバルを置いて、打者5人X2チャンス、合計10人

岸投手も同じくインターバルを置いて、打者5人と3人、合計8人バッターと対戦しました

石井投手は被安打4、四球1、死球1、ワイルドピッチ1とかなり球が荒れていたんですね

ただ本人はさすがの大ベテラン、いたって冷静で

「今日は今までのブルペンから実戦のマウンドに行けたことでOK

まだ2月20日ですよ?

逆にマウンドで違和感を感じられたことが収穫です」


と話していました

一方の岸投手は、木村、上本、浅村、坂田、ヘルマン、鬼崎、山崎、大崎と対戦して

上本のシングルヒット1本のみ、3奪三振、4内野ゴロに打ち取りました

石井貴ピッチングコーチ

「岸はいいね

いたって順調

全体的に去年よりいい

バランスがいいね」


と評価してましたね

本人の感想はこのあとたっぷりお伝えします

打つ方では金子、実戦バッティング好調の武山が石井一久投手から

タイムリーヒットを放っています
関連記事
スポンサーサイト



        

コメント