スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『譲る気はない』 ~上本達之インタビュー

2013/ 03/ 07
                 
(2013.03.06 LEX 松島アナ)
         快晴の明石にて楽天とのOP戦 2-0で敗れる

打線は散発4安打10三振

先発十亀は前回2/27の楽天との練習試合で牽制悪送球やサイン見落としがあり、

「今日は何が何でも結果が欲しかった」

5回を投げて69球、被安打3、味方のエラーによる1失点に抑えた

最速は149km/h

監督は

「十亀は先発ローテに向かってる投手 まだ何も確定していない」

受けた上本は

「球がが引っかかって明らかなボール球もあった」

と言うが緩急が活きた投球ができて、これが武器になっていた

十亀は

「今日の投球に向けて最後にブルペンで投げた後、

監督に『落ち着いてマウンドに上がって投げろ』と一言だけ声をかけられ

その一言で前回の登板の後重い気持ちもあったのが

気持ちを切り替えてシンプルな気持ちでいこうと思えた」


監督は試合後

「十亀?う~んまぁねぇ、正直課題はいくつかある

ただ気持ちは入ってたね」


その後は 田中が2回を1失点、自らのエラーもあり少々荒れた内容

長田は1回を三凡

スタメンは

1サード ヘルマン
2センター 秋山
3レフト 栗山
4ファースト スピリー
5DH オーティズ
6セカンド 浅村
7キャッチャー 上本
8ショート 永江
9ライト 石川

ヒットは秋山、オーティズ、上本、金子のシングルのみ

監督が最も問題視したのがタイムリーエラーと牽制死というミス

監督は

「今のライオンズうちは相手から見たら組し易いチームになっている

簡単なことでミスをしている

改めて意識付けが必要」


代走で出た金子がしっかりと盗塁を決めた

本人も

「スタートのタイミングがよかったです」

と手応え さらにチャンスを広げるヒットも打つ

その後牽制死もあったが実戦で必ず何かをアピールしている印象を受ける

左太もも裏違和感で戦列を離れてたオーティズが復帰、ヒットを放つ

「久しぶりでも大丈夫だった

やっていくうちに、よくなる感じがした」


と笑顔


インタは上本

(・は長谷川アナ)

・今回のキャンプは長かったですか?それともあっという間に終わりました?

「例年に比べると早く終わった感じがします」

・それはなんででしょうね、自分で分析して

「体調も良かったし、あと、肩の不安もなくて、

オフの間にバッティングとか自分で思い描いた通りにまぁまぁ事が運んでいったので、

その辺スムースに入れたのが大きいかなとは思います」


・オフの間に考えたバッティング、どんなことを課題にして取り組んでたんですか?

「昨年の終盤で三振がすごく多くて、フォークボールをよく空振りしていたので

そこを見極めるのも一つ手だと思って、

それを見逃せるにはどのように打ちにいけばいいかとかちょっとその辺をオフの間になんとなくを考えていたら、

まぁその辺がマッチしてる感じがします」


・感覚的で難しいとは思いますがどうやって修正していったんでしょうか、空振りを少なくするということですか?

「トップを深く、で、軸足にしっかり乗っける、基本的なことだと思うんですけど

人って、不安になると両目でボールを追っかけたくなるんで、

なるべく正面を向かないように、両片目ぐらいで見るイメージを持ちながら、バッティングはしています、今は」


・不安になるとなんとなくピッチャーの方に顔が向いてしまうんですか?

「大体そうだと思います

ボールに当てたいとか、物を捕る時とかでも一緒で

両目で捉えた方が捕りやすい、それとバッティングは違うんでちょっと

横を向いているわけなんでその辺は正面向くと肩とか開いちゃうんで

そういうのをちょっと意識してやってます」


・その辺りは我慢ですか?

「はい、我慢ですね、はい」

・それが少しずつうまくハマりつつあるのかなと

「そうですね そこがちゃんとできるよういなれば浮き沈みが少なくなるのかなとは思います

やっぱ大きいのを打ちたいし、代打じゃなくて3打席4打席もらえる選手に今年はなりたいなと思います」


・ということは試合の頭から行くぞという

「もちろんです」

・そのために必要なことは?

「そうなってくると打つだけじゃダメだと思うんで

捕手として出たいし、例年に比べて肩の調子がいいので、

銀仁朗があれだけ盗塁刺せる選手なんで、そこまで背伸びしなくてもいいと思うんですけどそれに近いぐらい刺せれば

監督も使おうかなという気になるんじゃないかなと思ってやってます」


・キャッチャーは2枚いればそれに越したことはないですしね、チームの中でも

「そうですね 一人レギュラーがしっかり座ってた方がチームは安定すると思うんで

かといってそのまま銀仁朗に譲る気はないんで今年は

そこは頑張っていきたいと思います」



前回降板後から十亀ともよく話し合いコミュニケーションをとり、好投を引き出す姿が見られた上本

明日は倉敷で楽天戦です

おわり
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。