スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『もう1回優勝できるなら』 ~長田秀一郎インタビュー

2013/ 03/ 07
                 
(2013.03.07 LEX 松島アナ)
         6/5に阪神との交流戦予定がある倉敷で 今日も楽天とのOP戦

1-2で逆転サヨナラ負け

打線は2日間で1点のみ

昨日と併せて13本の安打も全てシングル 今日は残塁8つ

9回の上本タイムリーのみ

先発の野上は5回84球、被安打4、4奪三振1四球無失点

味方のエラーからピンチが広がった場面も動じず

監督「野上は緩急というを持ち味を出してくれた 結果をしっかり出した」と高評価

野上が

「キャッチャーの要求通りに投げられた」

と話すと

受けた星孝典も

「野上は引き出しが多くて、リードしてて楽しかった」

と呼吸もピッタリ

野上はスライダーに加えて、カーブが今日のテーマ

今日一番遅いカーブが92km/h 141km/hのストレートとの緩急差は49km/h

これには野上も「OKです」と自画自賛

カーブも遅いのと速いのとを使い分ける

「うまく投げられた」

先発ローテ入りどうのではなく、先発の核に向かっている

その後は藤原、小石、が1回を三者凡退で抑えて、ウィアリムスも8回を0点

1-0で9回、サファテが登板

2四球と安打で満塁にして、島内にサヨナラ打

監督

「今日みたいによくない日にいかに粘れるか

そこで次の引き出しを出せるかが課題

それができないと抑えはない」

スタメンは

1サード ヘルマン
2センター 秋山
3レフト 栗山
4ライト スピリー
5DH オーティズ
6セカンド 浅村
7ファースト 山崎
8キャッチャー 星孝典
9ショート 永江

山崎2安打 栗山、上本、金子も安打

特に金子はヒットの後、エンドランに結果的になったが、盗塁でも十分な走り

犠打もきっちり決めてアピール

前日は牽制アウトもあったが

金子は

「盗塁は行こうという気持ちが常に大切

コーチからもどんどん行けと言われているし

たくさん牽制されると逆に行ってやろうという気持ちになる」

浅村がセカンドでエラー

ラインドライブのハーフライナーを取り損なう

その2回が終わると監督は金子に交代させた

監督

「チームの姿勢を見せる意味でも代えられて当然

いい仕事をしている金子も控えているし」

と厳しい評価


インタは昨シーズン勝ちパターンの一角として活躍したプロ11年目長田

去年は53試合の登板でチームトップの26ホールド

(・も松島アナ)

・昨シーズンは本当に素晴らしい働きでしたよね

「ありがとうございます

もう抑えるしかないと思ってw

抑えなきゃ次はないなと思いながらやってるんで、

それがいい方向に向いたなと思います」


・具体的に何が一番よかったですか?

「勝負所で自分が思うように投げられたのもありますし、

基本低めに投げられたのがよかったかなと思います」


・低めに投げられた一番の要因はなんですか?

「自分が思ってることがちゃんと身体を使って投げられたっていうのが一番大きいと思うんで

抑えようと思うことはできると思うんですけど

それが形になってできたっていうのがほんとによかったです」


・シーズンの中で登板する何割ぐらいの試合で思った通りに投げられるものなんですか?

「その日の状態もあるんで、全部が全部は絶対無理なんで、

悪い日でもなんとか打者の考えをずらせるようにと思いながらやっていますけど、

もう、半分できたらすごい方だと思います」


・昨シーズンは今までで1番それができました?

「全体通して見ればできたと思います」

・昨シーズンのいい感触を今季に繋げるのが大きなテーマになりますか?

「そうですね その状態と自分の気持ちも併せて、去年から続いている感じでやりたいなと思います」

・ベテランの域に入ってきましたよね

「ライオンズが若いので、ほかの球団からするとまだまだなんですけど

みんな若いので、負けないように頑張りたいなと思います」


・ブルペンではどういう立場でいたいなと思います?

「自分の言葉から引っ張るようなタイプじゃないんで、

見てくれたらいいなと思いますけど、後輩たちが

試合でのアドバイスはしますけど、そんなそこまで

みんなもいいものを持ってるんで、技術的なことはあまり言ってないですね」


・試合でのアドバイスっていうのはどういう感じでするんですか?

「こういう展開だから次あるかもしれないとか、

球数を少なく抑えれば今日はいいんじゃない?とかそういうのは言います」


・それは若い時に自分が先輩にそういうようなことを言われてきました?

「言われましたし、自分としいてはルーキー2、3年目ぐらいの時は豊田さんや森慎二さんを見てきたので

その人たちのいい所を取っていきたいなとは思ってるんですけど

あと、2010年のシコースキーの気持ちの部分でも見習いながらやりたいなと思ってます」


・ブルペンの雰囲気は?

「みんな若いので明るいんで、すごいいいと思うんで、

あとは試合に集中して、ブルペンにいる時はそこまで集中してなくてもいいんで、

試合に出たら集中してメリハリをつけられるようになれば

自然とみんな抑えると思うので僕も含めて

そういうところをやっていきたいなと思います」


・今シーズンの目標は

「もう1回優勝したいんで、そのためだけに貢献できたらいいなと思ってますんで

何試合とかじゃなく、チームが勝てるように

勝ってる試合で投げられたらいいですけど、

負けてる試合でも投げて、他のピッチャーを休ませられればとかそういうつもりで

優勝するために頑張りたいです」


・一番こだわってる数字はありますか?

「中継ぎなんで試合数は多くは投げたいですけど

後は勝ち星がつきたいなぐらいです」


・リリーフだと勝ち星って難しいですよね

「はい なかなかつかないので、自分も勝ち投手になってチームも勝てば2倍嬉しいんで、多くしたいです」

・行き着くところはチームの勝利と

「勝って勝って、去年のいい状態で行けば、上を目指せると思うんで

一番上を目指して頑張りたいです」



自分の中で一番大事にしてるポイントを聞かれて

「体重移動 自分の感覚と身体の動きが合っていれば行けると思える

これを修得するまでに6~7年かかりました」


昨日も明石で好投、今シーズンも楽しみな投手である

おわり
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
やすぅさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

スマホ楽しんでるようですねw
いろんなアプリ入れて使いこなせますように(←私はほとんど使いこなせてない フリックミスなんていつもだしw)

さて、あさむですが、私はあんまり心配してないんですよ。周りの仕上がりが早い分、ちょっとあさむの元気のなさがピックアップされがちですが、おっしゃるように甲子園を沸かせたショート、素材はいいし、経験も積んできてますからね。
足踏み躓きは成長段階にはよくある話。
ここを乗り越えればさらに大きなあさむになってくれると思います。
メンタルな問題ならそこを克服すれば大丈夫ですから。
考えすぎずに「迷いなき」姿勢を貫いてほしいなと思います。
誰だってミスをするし、守備率10割の選手なんていませんから。

投手も完投率10割の投手がいない中で、中継ぎの役割が今年も大事になってきますよね。
この10年で各球団、中継ぎに力を注ぐ割合が増えた気がします。

ライオンズにもいい中継ぎたくさんいますね。
その中でも長田と篤志が長いペナントのカギを握ってるかなと思います。
どちらも「多く投げたい」、「ビハインドでも構わない」と献身的な姿勢を口にしますが、やはりリードの場面での起用には奮起する心意気の強い選手、この2人の成績がチームの順位を左右するのではないかと思ってます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
やすぅさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

長田は多くは語らないどっちかと言うとおとなしめな感じなんですけど、マウンドではイケイケな表情しますよね。

多くのイメージを積み重ね、それを実現することってすごく難しいことなんでしょうけど、そこに7年かかってたどり着きはじめるとこに長田の非凡さが出てるなと思いました。

中継ぎのモチベーションは確かに難しいことと思います。
篤志のようにピンチ歓迎と言う人もいれば長田のように人の代わりでも投げたいという人もいる。

1点が勝負を左右する場面でその1点を失うことで時に酷評の対象にさらされる中継ぎ陣の強さの一端が垣間見える気がします。

球団がわざわざブルペンサイドという席を設けているのもわかりますね。
このような熱い気持ちを持つブルペン集団、今年も注目です。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。