スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『これからも』 ~佐藤友亮インタビュー

2013/ 03/ 15
                 
(2013年2月前半放送 J-COM LIONS TVより)
         1302A3 (1)
・今回は2012年シーズンで惜しまれながらも現役を引退された佐藤友亮さんにお話を伺っていきます
まずは12年間お疲れ様でした

「ありがとうございました」

・佐藤さんはLTVの視聴者でもあって、よく私たちがドームに行くと、いろいろとアドバイスもくださっていたので
ほんとに番組を支えてくださっている選手として

1302A3 (2)
「支えたんですかね?ただいじっただけじゃないですかね、ふふふ」

1302A3 (3)
・いやいや あたたかいアドバイスをいただきつつ
まず引退セレモニーでもお話しされてましたけど、この12年間というのは少し長く感じましたとおっしゃっていましたがプロでの12年間って長かったですか?

1302A3 (4)
「そう…ですね 途中の怪我からはほんとに長かったなぁっていう

一年一年がほんとに最後だと思ってやっていたので、ほんと長く感じましたね」


・なにがきっかけで『あ、引退だな』って思ったんですか?

「夏場の優勝争いの時に、戦力になれてないってことがチームとして役に立ってないということでもあるので

自分ぐらいの年になってくるとベテランと言われてますし

その中で一番経験も必要だし、一番大切な時にいないってことがチームとして力になれてないので

必要ないんじゃないかなっていう認識ですかね」


・10月1日のロッテ戦が最後の試合となりました 最後の打席はどうでしたか?

1302A3 (5)
「まぁ、ほんとに、自分が打席の最中に泣くとは思ってませんでしたし

守備の時から怪しいなとは思ってたんですけど

それもあって最後サングラスをつけて打席に入ってたんですけどね、人に見られたくなくて

まぁ結局でもダメでしたね 泣いちゃいましたね」


・最後はボールも見えないくらいでした?

「はい 1、2の3で振ってました」

1302A3 (6)
・涙と言うと、セレモニーの時の涙も登場曲とともにファンのみなさんからの佐藤コールがあって

1302A3 (7)
「いやぁ~ほんとに、あの声援でずっと支えてもらってたんだなぁと思って

それが聞くことができないんだとほんとに寂しいなぁという思いと

今までありがとうございましたという気持ちですかね」


・惜しまれながら現役を引退されましたが今はすでに球団職員としてお仕事をされているんですか?

1302A3 (8)
「そうですね 球団職員というんですかね、これは」

・スカウト担当と言うことで

1302A3 (9)
「はい スカウトですね」

・この先、プロ野球と関わっていくか、それとも離れたところで一度仕事をしてみるかっていうのはすごく悩まれましたか?

1302A3 (10)
「たぶん言われてるのは直接的なコーチとか監督だと思うんですけど、

したいという気持ちももちろんありますし、

その中でもっともっと野球についてどんな選手がいて、どういうふうにしたらどこまで伸びてとか

こういう選手が将来的にこうなったとか、そういう過程を見てみたいですし、

その過程を見ることも実際選手を見に行くこともいろんな指導者の方と挨拶をして

勉強をさせてもらうことも今後に繋がると思ってやってるので、

ほんとにいい機会を与えてもらったなと思っています、球団には」


・いずれはやっぱり

「そうですね もう一回ユニフォームを着たいなという思いはあります」

・ファンのみなさんもそれを一番望んでると思うので
では最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします

1302A3 (11)
「ほんとに今まで、西武ライオンズを含めて、僕を応援してくださってありがとうございます

今後はライオンズのためにそしてプロ野球界のために何か自分のできることを探しながら

また自分が勉強して一つでも二つでもステップアップして大きくなって帰ってきたいと思います!

ぜひ、今後ともライオンズをよろしくお願いします」


・ありがとうございました

1302A3 (12)
「佐々木もよろしくお願いします」

・佐々木もよろしくお願いします ありがとうございました

「とんでもないです、はい」

おわり
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。