スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『力強い緩急』 ~野上亮磨インタビュー

2013/ 03/ 20
                 
(2013.03.20 LEX 東京Dより斉藤一美アナ)
         OP戦巨人戦、先発は野上

スタメンは
1セカンド 金子
2センター 秋山
3レフト 栗山
4DH オーティズ
5サード ヘルマン
6ライト スピリー
7ファースト 浅村
8キャッチャー 星孝典
9ショート 永江

右手首に不安を抱え、練習の時から顔をしかめていた片岡はベンチスタート
開幕生き残りをかけてスタメン起用のスピリーは4打数1安打

野上「今日は変化球が全てよくなかった」

初回太田センター前ヒット
松本送りバントで1死2塁
高橋を2球で追い込むも四球で1死12塁
しかし4番村田には低めに球を集めて併殺で初回無失点

野上の今日のテーマは
「低めでアウトを稼ぐ省エネピッチング」
3裏1死2塁で太田と松本を内野ゴロ
5裏は寺内を1球で併殺

「全体のアウト半分が内野ゴロ、次に繋がる投球だった」
と振り返った

打線は巨人宮国に5回2安打無得点と抑えられるも
6回表に永江がこの日2本目のヒットをライト前に
金子が1塁戦に転がしたバント宮国悪送球
秋山もバントで1死23塁
栗山は四球で1死満塁
ここでオーティズがセンターへ犠牲フライで1点先制
で2死23塁も5番ヘルマンが見逃し三振
今日の得点はこの1点だけ

野上は6回に代打ボウカーに初球チェンジアップをHR
さらに高橋にもフルカウントからストレートをHR
2-1で逆転され強制的に降板

野上は
「監督に『シーズンは長いんだからリリーフに負担かからないように任されたイニングは自分で投げきれ

それをわかってもらうために今日はあえて代えた』と言われました

本当に悔しいです」

監督
「去年の野上もそうだし、昨日の十亀もそうだが、6回をなんとか乗り越えないとダメ

でも競り合いの中で不用意な球が2球あったけど彼の持ち味は出せた」

と怒ってはいなかった

むしろ監督の怒りの矛先は8回に連打を食らって1失点サファテと

終盤守備でイージーな打球を後ろに逸らした永江に向けられた

ゲームは1-3で敗れた


インタは野上(・は高橋将市アナ)

・開幕が近づいてますがここまでの手応えは?

「順調と言えば順調ですかね

いい部分も出たし、悪い部分も出てるんで、いい感じで段階を踏んでるんじゃないかなと思います」


・いい部分とは?

「打者を見れてるというのはいいことですし、徐々に球自体もよくなってる来てるんで、その辺ですかね」

・緩急をうまく使えてるのでは

「先発なんで、緩い球使っていかないと、長いイニング投げていけないんで

僕のようなタイプはいろんな球で抑えないといけないんで、そこは意識してやってます」


・カーブの中でも緩急をつけることをされていました どの辺りを工夫されていますか?

「打者のタイミングのとりかたを見て、100km/hだったり90km/hだったりはやってます」

・指や腕ののひねり方で差をつけるんですか?

「腰の回転っすかね」

・開幕に向けての課題は

「僕みたいなピッチャーは高めだったり、球が浮いてきたら打たれるんで、

そういったところを、まぁ微妙なコントロールっすけど、

そういったところを直していかないといけないんで

あとは無駄な球を、まだ多いんで、それ減らしてまた長いイニング投げれたらなと思います」


・キャンプの時に、色紙には『脱力感』と書かれたんですがそれは実践できてますか?

「脱力してるからスローカーブも生きるのでww」

・その時に話されていたのが力んでしまうといいボールも行かないと言ってましたがそれは今でも意識してますか?

「そうっすね、やっぱり

140km/h出ても135km/hぐらいの強い球の方がいいんで

それを投げる時は力抜いて投げないとできないんで脱力でいきます」


・今年は飛躍のシーズンになると思いますがここにこだわっていきたい、数字であれ気持であれ、どういう所ですか?

「まぁあんまこだわりたくはないっすけど、

シンプルに普通が一番だと思ってやります」


・自然体ですね

「はい、そうっす」

・同い年の十亀や少し下の菊池と切磋琢磨しながらのOP戦ですがその辺りの刺激は?

「いいことですけど、みんなライバルなんで、

あとは先発の三本柱はマークされると思うので

そこで僕たちが十亀、雄星だったり、僕だったり少しでも勝っていけたらチームも強くなると思うので

僕たちがもうちょっと頑張らないといけないなと思います」


・今シーズンはよりチームの中でピッチャー、先発の役割が重視されるシーズンになるかと思います

「そうですね ランナー貯めても最少失点でいけるように、少しでも長いイニングを投げれるようにというのは考えています」

・ファンの皆さんに改めて決意、メッセージをお願いします

「開幕からいいスタートダッシュが切れるように頑張っていきますので

ぜひ球場に足を運んで12球団一の応援をよろしくお願いします」



ボウカーに打たれたチェンジアップは高間に浮いた球

「6イニング目は今日意識してしまった」

と唇噛んだ野上

昨日の十亀、今日の野上、開幕ローテ確実なこの2人が

6回投げ切るかは今季の注目要素

明日の練習からWBC戦士チームに合流です

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お疲れさまです
甘口さん、お疲れさまです。
野上くんは去年も6回か7回に交代することが
多かったんですよね。
この壁を越えるには1年間先発ローテーションを守るために
克服するべき課題だと思います。
そのためには本人が言うように無駄な四球を
なくして球数を減らすことが重要なんでしょうね。
負けず嫌いな野上くんのこと、きっとやってくれると
信じて今年も応援していきます!
個人的には野上くんののらりくらりとした
ピッチングは好きなんですけどね(・∀・)
まりぃさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

野上投手は9回投げるスタミナはあるはずですし、コントロールだって悪くはない、
実力通りのものを出せれば、もっと完投していい投手だと思います。
それだけ6~7回の壁というのは厚く、高いんでしょうね。

ここを乗り越えるのは経験と自信だと思います。
去年、大きな経験をして、自信もまた一段とついたはず。
能力は申し分ない逸材がやっと蕾を膨らましてきたなと思います。

あとは大きく咲き誇ってほしいですね。
私も野上投手は「へへんっ」って感じで相手をいい意味で見下ろす感じの投球が似合うと思います。

今年はチームとしても野上投手にしても大きな分岐点だと思います。
のらりくらり野上投手なりのペースでとエースの道を歩んで欲しいなと思います。

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。