fc2ブログ
        

『目指すはコンスタント』 ~菊池雄星インタビュー

2013/ 03/ 21
                 
(2013.03.21 LEXの続き ・も松島アナ)

OP戦はここまで3試合に登板 防御率は1.13
         ・順調に開幕に向かっているように見えます

「そうですね OP戦数試合投げましたけど、納得いく球もありますね」

・今、実戦で一番のテーマにしてることは?

「変化球でカウントをとることがシーズン通して大事なのかなと思うのでそこですね」

・その変化球の精度は納得いってますか?

「まだまだ直球でカウントを整えてる感じなので

もう少し楽にカーブでカウント取れればもっと楽になるのかなと思ってます」


・変化球の中でもカーブが大きなテーマですか?

「去年カーブに助けられて投げれたので

緩急つけるためにもカーブは大事と思ってます」


・カーブは奥が深いですか?

「深いですね… ははは!

なかなか一番難しい変化球かなと思いますよね」


・伝家の宝刀スライダーの精度、手応えは

「もっともっと手元で曲がれば三振も増えるかなと思うんですけど

まだまだばらつきがあるのでその辺も改善しないといけないこともありますけどね」


・直球の球速は実戦で重要ですか?

「スピードを求めるなとよく言われますけど

一つの調子のバロメーターになるかなと思ってるんで

速いに越したことはないかなと

他にも回転とかキレとかそういう要素も大事なんですけど

球速は数字で測れるので、一つのバロメーターですね」


・今までのシーズンで一番手応えがある?

「やっと150をコンスタントに越えてるので

このままの感じでシーズン通して投げることが大事だと思うんで

今はまだ疲れてないので投げてますけど

シーズン通してコンスタントにいければまたピッチングも変わってくるかなと思います」


・150が目安になりますか?

「140後半で回転のいい球が行けばそこそこの投球ができると思うので

去年も調子いい時はそれぐらい出たんですけど、悪い時は137~138で打たれていたケースもあったので

一年通して、そういう数字がコンスタントに出始めればいいのかなと思ってます」


・自主トレ、キャンプで、そのためにしてきたことは

「ピッチングフォームを安定させることですね

去年はそれがばらついてたので、日によって球速も変化が出てきてしまったので

今年はある程度固まってるのでコンスタントに安定した球速が出てると思います」


・そのフォームは昨シーズンまでとはちょっと違ったものですか?

「う~んどうですかね

気持ちいいとこで何も考えずに投げてるという感じですね

なので結果的に変わってる部分あると思いますけど

自分の中ではその投げてる感じが大きく変えたことはないですね」


・今はしっくり行ってると

「これからフォームを大きくいじるとかそういうことは全くないと思うので

今年は一年間通して今のピッチングフォームで勝負できるんじゃないかなと思います」


・開幕ローテ入りはずっと大きな目標の一つでしたよね

「過去3年間開幕一軍を目標にしてたんですけど

ローテーションに入ることができてなかったので

今年は開幕ももちろん大事ですし、しっかり11月まで、最後の日本シリーズまで一軍に居続けることを目標に頑張りたいと思います」


・開幕第何戦に投げるかのイメージはできてる?

「いやそこまではw

監督コーチの指示に従うだけなんですけど

本拠地で投げられば気持ちいいかなと思ってます」


・ということは3戦目までですね

「ははは 西武ドームで投げるのが一番の幸せなんで

そこを目指してアピールしていきたいなと思います」


・後輩の大谷選手の情報は気にかけてます?

「う~ん、まぁイヤでも新聞開けば毎日出てるので見てますけどw」

・先輩としてどう?

「やっぱりすごい選手だと思います、ほんとに

誰が見ても超一流だと思うんで

自分も負けないようにとは思ってます」


・改めて今シーズンの抱負を

「今シーズンは開幕からシーズン終了まで一軍にいて

二桁勝って皆さんと一緒に日本一を掴みとれるように頑張りますので

ファンの皆さんも応援よろしくお願いします」


・何をマウンドで一番出していきたいですか

「ストレートを今年は自信持って投げれると思うんで

ストレートを見に来てください」


・そして二桁勝利と

「頑張ります」


OP戦明日は岸、明後日は菊池登板予定

このままいけば中6日

菊池は開幕2戦目か?

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



        

コメント