スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『大宮と言えば…』 ~栗山巧 決意の一言&今日のNO.1

2013/ 04/ 19
                 
(2013.04.18 オリックス6回戦)
         キャプテン栗山巧決意の一言

「今日は4月18日 大宮公園野球場 オリックスとの6回戦です

勝ちたいっすね~ 今日はなんか

昨日いいゲームやったですけどね

自分もちょっとチャンスで打たれへんかったり、いい流れっていうのが昨日は掴めないままゲーム終わっちゃったんで

まぁ今日は勝ち越しかかってますし、なんとかいいゲームでその中で勝ちたいと思います

大宮に来てください

さぁ行こう!」


栗山巧 今日のNO.1

「栗山巧です

はい、昨日はDHで試合出させてもらって、多少足が張ってるっていう部分があるんで

DHに回らせてもらったんですけどなんとか早いこと守備就けるようにやりたいと思います

今年最初の大宮での試合、大宮って言えばそうですねぇ、あの~平尾さんっていう感じがw いまだに抜けない

大宮って言ったら平尾さんのイメージがあって、

よく球場に来る道とか、平尾さんに『こうやって帰った方がいい』とか『こっちの方が早い』とか教わったりして

なんか大宮って言ったらもう平尾さんっていうイメージしかないなぁ

平尾さん来てくれへんかな今日

来ないっすかねw、はい

今年の涌井はもうとにかく落ち着いてますね

やっぱり経験からくるものもあるでしょうし

去年後ろ任されて、その重圧の中でやった、先発と言ったら7回8回である程度でまとめてくるっていうので

多少余裕があるんじゃないすかね

球見ててもいいですしね

安心して見ていられるっていうのが一番感じることですね

とにかく頑張ってもらいましょう

僕も頑張ります」


おわり


(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
やすぅさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

昔は私もテレビで見ることが多くて、球場には年に数回しか行きませんでした。
「テレビの方が選手のアップも見られるし、球種もわかる
見逃したり、もう一度見たいプレーはすぐにリプレーが出る
楽なポーズで見られるし、快適だし
球場に行かなくても見られるし」
と思ったこともあります。

でもおっしゃるようにそれはただの中継ですよね。
球場で感じられる、球場全体の雰囲気、歓声、ため息、一体感までは伝わってきませんもんね。
確かに球場に行けば、選手の表情もスライダーの曲りもよくわからないんだけど、
でもその分、自分だけの視点を確保することができます。
テレビカメラがとらえれらない部分も見えたりします。

昨年のCS、チャンスで打てなかった高山が悔しさのあまり真っ直ぐ歩くことすらできなかったこと、
レギュラーシーズン、ピンチを抑えた牧田がベンチに入る直前「よかったぁ」と言いながら田代とハイタッチしていたこと。
『私だけのカメラ』は捉えていました。

ただ試合に行くだけじゃなく、ドーム前広場のドキドキ感、
帰りの少し暗くなった広場の喧騒、
お目当ての選手のが欲しくてピンバッジガチャに並ぶ女性、
試合の感想を言いながら時に議論する大学生、
次の観戦予定を立てる親子連れ
勝てば心地よく感じられる風
いろんなことをまた体感したくて…
いや、そんな綺麗にまとめる話じゃないっす。

単純に西武ドームに行きたかったんですね。
次の日、県営大宮行くのは決まってたんですけど、前日の試合ラジオで聴いてたら
ドームが恋しくなりましたww
おっさんが「恋しい」なんてww
しかも球場に対してww
キモいにもほどがあります。

西武ファンは確かに応援スタイルは少しおとなしいのかもしれませんね。
でもその分、西武が得点した時、チャンスの時は一生懸命応援してるなぁと思います。
種々の事情は置いといて、これだけメディアが発達した時代において
『行かなくても見られる場所』に平日の夜に駆けつける1万人の野球好きは
小さくてもチャンスが訪れると内野でもメガホン叩いて大きな声で選手の名前を叫んでますよね。

『キセキ』は流れなくなり、『まいあが~れ お~お~』は不在
『ウルトラソウル、はいっ!』は曲変更
今まであった盛り上がりポイントは減って来たけど、この場所に来ることができた人たちが
同じプレーに対して思わず「おおおおお」と叫んでしまう連帯感。
そして目の前に知っている選手が見慣れたユニフォームで駆け回る姿。

いつ誰が名付けたのか知らないですけど『聖地』とはよく言ったものだなと改めて思った夜でした。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
やすぅさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

先日は現地お疲れ様でした。
私はとても嬉しかったです。
やすぅさんが「平日の一万人」に加わることができて。
この日は勝利よりもやすぅさんがドームの夜を体験できたことに私は祝杯を上げました。

何度来ても、ドームの屋根が見えた時のときめきは変わりませんよね。
私は平日の場合、仕事終わってから行くので、試合開始には間に合わず、いつも途中からで、
ドームへ向かいながらもラジオを聞いて、試合経過や状況は把握してるんですけど
それでもドームから漏れてくる歓声、応援団の奏でるラッパとかが聞こえてくると
目の前のドームに早く入りたくてすごくもどかしい気持ちになります。

ドームに入って坂道を上がりながらスコアボード確認して、3塁側だからショートとサードの位置関係確認して…
ナイター照明に包まれるグラウンド、光に映えるホームユニ、
やっぱナイターはいいっすねw

簡単なことではないことは重々承知ですけど、またやすぅさんがドームの夜を体験できる日が来ることを心より願っています。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。