fc2ブログ
        

『いらっとさせる打線』 ~生西武情報

2013/ 04/ 23
                 
(2013.04.23 ロッテ4回戦より)
         (NACK ライオンズレポート工藤むつみさんのレポより)

炭谷
「牧田さんは実際のボールは去年の今の時期に比べると真っ直ぐはあまり球威がない
でも抑えられてるのはピッチングの巧さがあるから
抜くとこは抜いて押すとこは押して相手のリズムを崩せているから」
監督「牧田は先発らしい幅のある投球ができている」

牧田自身は
「今年はWBCに合わせて調整が早かった
どこかで不調の時期が来るとは思う」

先日今季一号HRの坂田
「早く西武ドームでも打って
スタメンを確実にしたい」

(文化放送ライオンズナイター
実況槇嶋範彦アナ
解説山崎裕之さん
レポーター飯塚治アナより)

炭谷
「これだけ好調だと落とし穴がありそうでw
去年一昨年はこの時期は最下位で開き直っていた
でも今この位置でも守りに入らずやっていきたい」

安部コーチ
「とにかくみんなで繋いでいく」

栗山
DHになってから
19打数9安打、打点9と好調も
本人は「これがDHの仕事ですから」

坂田
アーリーでは特打ではなく守備の練習に
「外野が一つ空いてるのでとにかく獲りたいんです」

西野について田辺コーチ
「独特のモーションでテイクバックに特徴がある
スライダーが大小あるのでポイントはそこかな」

3回までの牧田について杉本コーチ
「悪くはない
ただ、丁寧に行き過ぎてボール先行になっている
そこを気をつけてほしい」

田辺コーチ
「今のうちの打線はこつこつ打って塁に出てピッチャー揺さぶっていらいらさせる
まさに『いらつかせる打線』、『いらっとさせる打線』」

坂田
「左方向に打つようにキャンプからずっと練習してきました」

ヘルマン犠飛
「インサイドで詰まらせてくると思ってインコースを意識していたので思い切っていけた」

金子
「追い込まれるまでは自分のタイミングで打っています」

金子
「昨日は休みでしたけど疲れがたまって一日ゆっくりしてました」

牧田
去年はチームの勝ち頭13勝も
「ゲームの途中でまめができたり、足が攣ったりで降板して
勝たせてもらったゲームも多かった
今年は完投して投げ切るゲームを増やしたい」

秋山
「とにかくランナーを進めたい
進められたら打率が下がってもいい」
と口にしてるが
大宮では監督に「お前バントうまくないな」と笑顔で言われていた
安部コーチ
「秋山に早めにバントが決めれる雰囲気を作ってもらってシーズン終盤のプレッシャーがかかる場面で決められる選手になってほしい」

ライオンズ先制したゲームはここまで9勝2敗

炭谷のタイムリーが出た時点で杉本コーチが牧田にどうするか確認



ヒーローインタビュー:牧田
・8安打完封、今日の投球を振り返って
「調子自体は悪かったんですけどなんとか粘って投げようということでこういう結果になりました」

・最後のピンチは
「打たれたら打たれたでしょうがないんで、開き直って投げました」

・チーム完封3人目です
「まだまだだと思います」

・ほかの先発陣が刺激になってるのでは
「先発陣がしっかり頑張れば、野手の方が結構打ってくれてるんで、勝ちに繋がると思います」

・今後への意気込みを
「自分のやるべきことをやるだけなんで、
しっかり準備して次に備えたいと思います」

おわり


(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



        

コメント