fc2ブログ
        

『4番の2発』 ~2013.05.31 東京ヤクルト3回戦

2013/ 05/ 31
                 
西武ドーム 埼玉西武4-1東京ヤクルト
         文化放送ライオンズナイター
実況 高橋将市アナ
解説 笘篠賢治さん
レポーター 西武側 槇嶋範彦アナ
      ヤクルト側 飯塚治アナ

キャプテン栗山巧決意の一言

「今日は5月31日 西武ドーム ヤクルトとの3回戦です

なんか久々に西武ドームに帰って来たような、なんかそんな感じがしますけど

月末ですしね、多くのファンの方に球場に来てもらって応援してもらいたいと思います

勝ちましょう

さぁ行こう」

栗山巧 今日のNO.1

「こんばんは 栗山巧です

今日で5月も終了

今月振り返って一番思うことはもうアカンかったなぁと思うんですねぇ、5月、はぁい

3、4月がね、月間獲って、5月しっかりせ~よという感じで

山崎さんなんかも絶対そう思ってるはずなんですけど

僕が一番そう思ってます、はい

まぁなんとか、あの~これもね、自分の実力のうちやと思って

これしっかり向き合ってね、なんとかこう6、7、8、9ってまだありますから

やっていきたいですね

交流戦ここまで6勝6敗

もっと負けてると思ったですけど

いいじゃないですか、はい

パ・リーグ全体では40勝28敗

うん、西武はいいですよ、イーブンで、はい

ここから一個ずつでも貯金していけたらいいなと思います

ヤクルト戦7連勝中ですし、今日は牧田ですし、

牧田一回飛ばして元気ありますからね、今日は

牧田に頑張ってもらいましょう、はい」


監督試合前
「銀の眼はなんともない
出血も眼球に傷もない
牧田のひざも大丈夫だと聞いている
4番は空いてるポジション
固定したいがその選手もいない
4番に入る選手は繋ぎを意識してほしい
今日も浅村
状況に応じた打撃をしてほしい」

木村
試合前に報道陣に囲まれる
「野手になって93→82kgに体重減った
ご飯をたくさん食べてトレーニングで筋肉を付けたい
野手の練習の方は投手よりも運動量が多くてつらい
つらい順番で行くと打撃>守備>走塁の順
最初は手の皮はあっという間に剥けて、4~5回それを繰り返して落ち着いてきた」

ヤクルト小川監督が牧田について
「前回1回やってるからといって、そう簡単に打てるピッチャーではない
もちろん反省してビデオを見て分析してやるけども
このボールを打つ、このボールを打たないといえるピッチャーではないので
ただ、牧田のテンポ、リズム、その間で行かれるとそのまま終わってしまうので
なんとかそこを崩さないと
牧田のテンポ、リズムを外していくことが必要」

牧田試合前
「ひざは腫れはあるけど、ブルペンで投げても痛みはないので大丈夫だと思う
ピッチャーライナーはもう当たりたくないので打たせない投球をしながら
試合を作ることだけを考えます」

河田コーチ
「ヘルマンはシングルヒットでも2ベース、3ベースの価値が機動力があるから、あるんだよね」

熊代が相手先発石川に対して
「強引に行ったらやられてしまう
今シーズンは右バッターの内角がちょっと多いかな
最後は外側のボールに戻るのでそのボールをセンターから右へ意識したい」

炭谷がヤクルト打線について
「指名打者制になるので打順がどうなるかというのはあるけども
前回は脚を使って動いてくるケースもなかった
とにかく長打さえ打たれなければ大丈夫かな」

浅村
ここ最近
17の3も
「自分のスイングはできている」

杉本コーチ
3回までの牧田について
「ひざの影響はない
回を重ねるごとにコントロールもよくなってる
自分のペースで投げてほしい」

熊代
試合前練習から引き締まった厳しい表情だった

牧田のストレートについて
前回HRを打ったヤクルトの新田も
「完全に低いボール球だと思って見送った球がストライクのコールがあってびっくりした
それぐらい下から浮き上がってストライクになるので
追い込まれたら低めの球を打つしかない」

池山コーチが牧田について
「前後左右高低全てを使われて打者が絞りきれない
全部追いかけると苦しい
勇気をもって捨てる球を作らないと」

秋山
(2番と比較して)「1番も難しいですね
もっと積極的にいかないといけないかな」
初球から打ちにいくことに抵抗があるらしい

荒木コーチは今日の石川を
「ランナーを出してはいるがキレもあるしインコースを突けて石川らしい粘りの投球ができている」

笘篠さん
「石川は技巧派だけど、牧田は下手投げの本格派」

笘篠さん「河田コーチはミレッジの捕球体制が不安定だったので回したんじゃないか
アウトになったら非難され、セーフだったら当然と言われる、難しいポジションですよ」

田辺コーチ
「今のうちは
真の4番がいないんだよね」

炭谷が牧田について
「開幕当初はストレートの力があまりないかなと思ってたんですが
神宮でのヤクルト戦から戻ってきた
ストレートに力があると
空振りやファールが簡単に取れてリードが楽なんですよ」

円陣
安部コーチ中心に
「牧田を援護しよう」と最後は全員で声だし

浅村先制HR
「真っ直ぐ
前の3打席チャンスで打てなかったので
最後打ててよかったです」

監督
「交流戦ここまでチーム状態は最悪
でも6勝6敗と踏ん張れている」

秋山交流戦に入ってから.367
「5月中旬からバッティングの調子はよくなってきました」

『プレースタイル』 ~鬼崎裕司インタビュー

(PICK UP LIONSより ・は槇嶋範彦アナです)

・まずはおとといの横浜DeNA戦、非常にいい働きでしたが振り返っていかがですか?

「はい 多少チームの勝利に貢献できたかなぁと思います」

・延長10回、同点という場面でイニングの先頭バッターだったんですが、どんなことを考えて打席に入ったんでしょうか?

「え~塁に出て、チャンスメイクしようと、そういう気持ちで入りました」

・打った感触はどんなもんでした?

「正直打った瞬間は感触的にちょっと『あ、捕られるな』っていう感じが自分の中であったんですけど

ちょっと風もいい感じで吹いてたんで、もしかしたら越えるかもと思って、走ってましたけど」

・3塁まで激走でしたね

「そうですね、はい 自分で目で見て、これはいけるって思ったんで、はい

一生懸命走りました」

・スタメンで起用されるケースも多くなってますけど最初から行く時はどんなことを考えてゲームに臨んでますか?

「最初から行くにも途中から行くにも自分ができることを確実にやるというか、

100%の力を常に出してやろうと、自分ができることをやろうって思ってやっています」

・鬼崎選手はベンチでの声も非常に大きいのですが、プレースタイルですか?

「そうですね、はい 声も自分の武器の一つだと思ってるので

それも自分のプレースタイルです」

ヒーローインタビュー
浅村栄斗

・素晴らしいサヨナラHRでした 打った瞬間右手を高々とあげましたね

「そうですね あの ほんと嬉しいです」

・低めの難しい球に見えました

「難しいとか関係なくとにかく打とうと思って打席に入りました」

・気迫で打ちました?

「そうですね」

・4番の居心地は

「いや、居心地はそんなよくないっすね」

・でも浅村さんの2HRで勝ちました

「ほんと嬉しいです」

・交流戦後半いいスタート切れました

「最近ちょっと負けも続いてたというか、あんまりライオンズらしくなかったので今日からまた頑張ります」

・西武Dでは初のサヨナラHR

「西武Dで打てたのは大宮より嬉しかったです」

・今後の意気込みを

「自分自身もチームに迷惑をかけてばっかりだったので

今日から挽回していきます」

試合後の渡辺監督

「1-0で逃げ切るのが一番よかったが最後追いつかれたが

浅村まで何とか繋いだというのもあるが

それまで浅村はチャンスで凡退していたので最後2打席連続ということで晴れのち雨、いや雨のち晴れですね

よく打ったと思います

チャンスは作るけどなかなか最後の一本が出ない重苦しい展開で牧田がそこまでよく踏ん張って投げた

打球が当たってから中8日、準備万端にはしたつもり

ここの所ゲーム展開的に思ったように打線が繋がらず最後の一本が出ない試合が続いたが

今日は流れが来る、勢いがつく勝ち方ができた

選手もチャンスで力んでる部分もあるので明日から肩の力を抜いてリラックスしていってほしい

まずはカードの頭が取れたのがよかった」

ヤクルト小川監督

「石川はよく投げたが

打線が塁に出ることができなかったね

牧田がよかったんじゃないかな

でもよかったじゃすまされない

そう簡単に打てない投手だけど

連打が出なかった

でも甘い球をなんとか捉えないと

同点ではなく先攻のうちが追い越さないといけなかった

畠山がよく打って追いついたがその後のミレッジの走塁

外野の位置を見て帰れるかどうかを考えればああいう走塁にはならない

見て走塁してくれないと困る」

渡辺監督追加

「今日はチャンスは作ったがもう一本が出ず雰囲気がよくなかったが牧田はよく投げた

8回の浅村のHRがチームに勢いをつけたね

浅村は4番という4番ではないけど最終的には集中力、しっかりと自分のやるべきことをやってくれた

ポイントゲッター的な役割もあるけど、今季は繋ぎの役割を4番にも求めたい

1番から9番まで繋ぎの意識でうちは行ってほしい

サヨナラ勝ちでいい形で終わったけど、牧田に勝ちがつかなかったのはちょっと残念だったかな

サファテは次頑張ってくれるでしょう」

おわり



(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



        

コメント

        

ただいま帰りました♪
いやぁ~~~~!
メッチャ楽しかったです!
つば九郎との記念撮影!
石井丈裕さんと小早川さんのトークショー!
石井丈裕さんと小早川さんの一打席対決!
あと、偶然にも球場前でお見かけした鈴木健さんからサイン&握手もしていただくことができて!
※周りの方が気づく前に気づいて声をかけてしまったので、ご迷惑だったかもしれませんが・・・。
学生時代、鈴木健さんのファンだったので、しばらく放心状態でしたw

そして何より、人生初で目の当たりにしたサヨナラHR!
大感動で・・・泣いてしまいましたw
秋山選手も4-4で大活躍だったし♪
牧田投手も怪我の影響なく圧巻のピッチングだったし♪

明日からの運を使ってしまうんじゃないかと思うほど、ホントにホントに楽しかったです(*´Д`*)♪
友達も「楽しかった!」と大興奮だったので、今日試合を観に行って良かったなぁとしみじみ思いました♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
交流戦折り返しましたね。もう前半だけで、あさむーのアップアンドダウンのドンガラガッシャンぶりに、1シーズン分喜んで悲しんで(;∇;)/~~後半はパ主催が多いし、次にいつ「ショート浅村」が観られるかわかりませんが、気長に、そして強く、見守ります♪
『美歌の徒然ブログ』micaさんへ
こんばんば。
コメントありがとうございます。

先日はお疲れ様でした。
素晴らしい試合をご覧になりましたね。

ライオンズファンである以上、マスコットはレオとライナ推しであるべきなんでしょうが
つば九郎くんの可愛さは別格ですね。
私も先日、神宮であの愛らしい仕草を堪能してきましたw

一打席対決はその組み合わせも楽しいですけど、その前のトークショーもいろんな話が聞けて面白いですね。
すごくいい企画だと思います。

鈴木健さんはLCの取材で来てたのかな。
昔からあんまり変わらないお方ですよね。
一発はあまりないけど、勝負強い打撃、シリーズ優勝を決めたサヨナラHRは今でも思い出されます。

ほんと楽しまれたようでよかったです。
また西武ドームにお越しになれますように。
やすぅさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

先日ははるばるとお疲れ様でした。
岸投手、初回から明らかに雰囲気が違いましたね。
東京ドームでの巨人戦ではすこしぎこちない感じがしたのですが、この日は緊張感ある中でもいつのも岸投手、
平常心で臨めていたと思います。
柔らかさを感じるフォームに見えて細部までキレのある動き、そこら繰り出される直球とカーブのコンビネーションに私も目が釘付けでした。

9回のバレンティンのHR、そこに辿り着くまでのプロセス、ファームで粘られ、焦れるライオンズファン、
次の瞬間、やや甘めに入ったかのようなストレート、
「あ!」と私の周りの人たちも思わず声を上げた瞬間、
打球は左中間の外に消えていました。

最後は勝負を焦ったのか、変化球が甘く入るのを嫌ったのか、狙った所と違ったのか、握力が落ちたのか、
そこはわからないのですが、あの打球、追うのをやめた栗山、湧きあがるライトスタンド、
勝つことはこんなにも遠いものなのか改めて思い知らされたこと、
今季現地12試合目で一番印象に残る場面でした。

試合を見ながら弊ブログの記事を思い出してくれてありがとうございます。
テレビに映らない、新聞にも載らない細かな情報をラジオというメディアが伝えてくれて、それを拾い続けて来たのですが、観戦のお供に、一つのシーンに照らし合わせていただければ、この上ない喜びです。
越谷のオバチャンさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

あはは 『ドンガラガッシャンぶり』ってww

ほんそうですよね。
ここまで一番いろんなことがあったのがあさむなのかもしれませんね。
でもそんないろんなことを乗り越えて、今は4番に座り続けるあさむ。
見てて楽しいし、頼もしいです。

完成された選手なんて、数年に一度FAで獲れる時に獲ればいい、
こうやって日々、前に進んだり、時には後ろに戻りながら
勝ったり負けたりを繰り返して少しずつ骨に肉を付けてく、
そんな成長を見ることが楽しくてたまりません。

あさむ、ファースト上手いですね。
でも私も見たいのはショート。
4番は不動の中村剛也がいますし、
あさむはこのパンチ力活かして
次の「3番ショート背番号3」になんてなれたら最高ですね!
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです