fc2ブログ
        

『土井さんの視点』 ~2013.06.06 阪神4回戦

2013/ 06/ 06
                 
甲子園 埼玉西武1-2x阪神
         (NACK ライオンズレポート 工藤むつみさんのレポより)

スカパー5月のサヨナラ賞を浅村が受賞
5/31のヤクルト戦のサヨナラ3ランが評価
「あの場面、自分が決めてやろうと打席に入った
受賞は素直に嬉しいです」
「自分はHRバッターじゃない」と言いながらも
4番として打線を活気づける


(文化放送ライオンズナイター
実況:飯塚治アナ
解説:土井正博さん
レポーター:鈴木光裕アナ) 

キャプテン栗山巧決意の一言

「今日は6月6日、甲子園、阪神との4回戦です

今季最終戦ですね、タイガースとね、4つ目ですからね

はい、あの~甲子園、年に1回なんですけどね

昨日は倉敷でゲームだったんで、ほんとに年1回のゲームになっちゃったんですけど

あとは日本シリーズだけですか

天気もいいですしね、風向きが若干今日はライト方向に吹いているんですよ

いっつもレフト方向に浜風ってのが吹くんですけど

まぁ今日は風向きが違うんで、風なりに打っていきたいなと思います

勝ちましょう

さぁ行こう!」


栗山巧今日のNO.1

「こんばんは 栗山巧です

昨日デッドボールもらっちゃいましたね、右手に

状態としたら、思ったより、思ったよりはあの~あんま腫れなくて大丈夫そうな感じなんですけど

いや、右手の甲、小指側ですね 

甲の方に当たって

まぁ左手のねぇ、尺骨じゃなくてよかったなあていうのがあるんですけど

まぁね、バッターとしてね、手にデッドボールもらうのはほんとにもう、

もういいかなぁ

もう当たりたくないです

体で当たるようにします

今日は地元、甲子園

まぁ僕の地元より若干離れてるんですけどね

兵庫県ということで

まぁなんとかご当地選手として1本、2本、ヒットを出したいと思います

くくくw そうなんですよいっつもね、甲子園で試合する時はね、

全面阪神ファンなんですけどね、

その中でもライオンズ応援してくれるファンの方々いますから

数はね、阪神の方が圧倒的に多いわけですけど

胸張ってね、西武ファンの方が帰ってもらえるように

なんとかいいゲーム、勝ちたいと思います

頑張ります」



渡辺監督試合前

「交流戦勝ったり負けたりだが、パ・リーグ同士の潰しあいもないので

負けが込むと離されるだけなので

勝てるゲームだけはしっかり取って行かないといけない

牧田は勝ちを計算できるピッチャーだが

打線の援護がここのところ少ないから常に競り合いになっている

この競り合いを勝つことがこれから大切になってくると思う

できれば早い援護ができればピッチャーも多少余裕を持って投げられると思う

牧田はうちで一番安定感のあるピッチャー

今日のゲーム展開を考えてもなんとか先に点を取れば牧田のペースになると思う

牧田はいろんなバランスがいい状態 普通に投げればいい勝負になる

打線がここの所繋がりがない

シーズン序盤はしっかり繋いでランナーたまって、ヒットって感じで

ビッグイニングもあったけどここの所ほとんどないので

たまには10点ぐらい取れればまた雰囲気も変わってくるんじゃないかな

バッター陣の奮起に期待したい」



試合前、ニコニコして練習してたのは木村
「甲子園は初めて
埼玉栄高校時代は2年は決勝で敗れ
3年は4回戦で敗れた
プロではOP戦で来れるかと思ったら直前からメンバーから外れた
本当に甲子園は遠かったです」

田辺コーチ
「浅村は1番とか6番とか他の打順だといろんなサインが出ていろいろやることがある
4番だとそういうサインがないからもしかしたらあいつに合ってるのかも」

永江
「甲子園は守りやすい
いい感じで打球が転がってくる」

浅村同点HR
「スライダーかカットボール
コースなりに無茶なスイングをせずに打てたのがHRに繋がった
後は風ですね」

秋山
試合直前に鈴木アナに
「土井さんによろしくお伝えください」

片岡
「右手首の不安はだいぶん抜けつつあります
でも足の状態はやりながらなので劇的な回復はありません」

栗山
「牧田はええもん持ってる
強さを持ってる」

栗山
「交流戦でなじみのない投手相手に
いろんな引き出しからちょこちょこ出しながらやってる」

牧田
「甲子園のマウンドの傾斜、高さもそんなに気になりません
マウンドが高ければ高いなりに、低ければ低いなりに投げるのが僕の仕事です」

一久ジングル
「埼玉西武ライオンズの石井一久です
今シーズンの目標は特にありません
文化放送ライオンズナイター」


試合後の渡辺監督

(最初の言葉がなかなか出ず)

「まぁ点を取れる時に取らないからこうなんだな

(牧田はいいピッチングをしましたね?の質問に)

それはそうだろう

(また間をおいて)

意地で投げていたよ

打者が助けてやらないと

ちょっと情けないね、この打線は

追い込まれてから変な球に手を出している

相手がピンチの場面でなんで狙ってない球に手を出すんだ

しっかり狙い球を絞って打ってほしい

オーダーはいろいろ考えてるよ

ヒットは出るけど繋ぐ部分がね

牧田はほんと意地で投げた

ピッチング関しては何も言うことはない」




(レポがあまりなかったので今日の解説の土井さん発言集です)

栗山の昨日の死球はヒヤリも
土井さんは「もう少しいい場所で(手首などを避けて)受けるように気を付けてほしい」
去年の死球の時に栗山は
「ええもん食ってるので大丈夫かと思ったんやけど」と言いながらも
骨折で終盤を棒に振るっただけに心配

土井さん「栗山はハート的にもねぇ、引っ張って行くのに一番いいキャプテンですよ」

土井さん「牧田はよく走り込むんですよ、練習好きな人なんです」

飯塚アナ「神宮では左打席にも入った牧田 『高校時代はスイッチヒッターやってたんで』とのことでしたが」
土井さん 「なかなかヒットが出るタイプではないですね」

飯塚アナ「この片岡『今できるプレーを全力で』ということですが」
土井さん「いい選手ですけどね、けがに泣かされてね」
飯塚アナ「もう一度『1番セカンド』というのがライオンズの目指す形ですか」
土井さん「みんなが見たいんじゃないですかね
そして走ると」

土井さん「浅村は一塁守らせると上手いですよ!」

飯塚アナ「先日1000本安打を打った栗山、土井さんは2452安打ですが、この栗山も2000本打ちたいと」
土井さん「打てるバッターです
身体をもう一度鍛え直せばあと10年やれます
そして故障に強い体を作る」

土井さん「炭谷はシーズン中、3割行くかと思える時期があるけど続かない
あれだけのリードができるんだからもうちょっとそのリードを活かしてほしい
(打席での配球の)読みですね
だからはがゆいてしょうがないですね」

飯塚アナ「今年でプロ入りから52年の土井さん」
土井さん「もうね、半世紀、へへへ」
飯塚アナ「数多くの選手を育てました」
土井さん「手助けしただけですね
ただ栗山も中島も相当身体が強かった
よく練習させましたね」
飯塚アナ「中島も『レギュラーに最初の3年はとにかく練習した』と言ってました」
土井さん「それで今の中島があるんじゃないか 浅村や秋山にもそうあってほしいですね」
飯塚アナ「浅村は清原、松井、中島似た系統ですね
土井さん「皆、右が強くて関西ですよねへへへ
こら~って叱ると『大阪のオヤジに怒られてるみたいだ』って言ってね
他の地方出身の子にはないことですよね」

土井さん「牧田は打たれ強いというか、打たれても打たれても抑え込んでくるんですよね」

秋山「土井さんに言われたのは左投手の外寄りではなくて
内寄りの甘い球の目付をきちんとすること
浅村や中村さんもそこら辺の見極めができている
そして今年は僕もできてきた」
土井さん「秋山はもとから外を打つのは上手い選手ですからね
最初は意味が分からなかったと思うんですけど段々できるようになる
打ってて『あ、これやな』と思う
これが感性ですね
そういう選手がいつの間にかレギュラーを獲るんです」

土井さん
「栗山のええ時はボールが上に上がるんですよ
最近はみんなゴロになってますんでね、
上に上げるように打っていかんことには」

土井さんが浅村について
「ショートでね、中島の後を継いでほしい」
浅村も
「1番ショートが理想
松井稼頭央さんが見たくて初めてプロ野球を見に行ったのが
大阪ドームでのオリックスー西武戦でした」

土井さん、今日のようになかなか得点がとれない展開打撃コーチの心情を聞かれて
「つらいですね
ピッチャーにまた借りかという気分になります」

9回の大崎のヒットについて
土井さん
「ここで軽打できるのが大崎のよさ」

そして代走の熊代について
「ここで走れなきゃダメ
ここが熊代のアピールポイントです
牽制放らせるだけでもプレッシャーになってる」

試合後の土井さん
「今日は打線
打線は自分たちで打ち勝つしかない
どんどん打ってやろうという気で
苦しんでる暇はない
前に向かって
反省しても過ぎたことを追いかけるんじゃなく
前を向いて走ってほしい
それはベンチで一同でやらないと
出てる者だけじゃなく
点を取らないと勝てないんだから
1点をもぎ取る、負けない野球をやってほしい」

「センターラインが大事なので
ショートは固定しないとダメ
浅村はエラーするし、永江は打てないけど
どちらかに固定しないと
1打席で代えられてるようじゃいつまでたっても固定はできない」

ナカジと先日電話で話したという土井さん
「大丈夫って言うてました
ゲームで出てるのでもうそろそろ上に上がりますって言うてたんで楽しみにしていますね」

土井さん
「ライオンズにきついこということもありますが、勝ってほしい、打ってほしいからです
これからもよろしくぅ」

おわり




(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



        

コメント

        

匿名さんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

そうおっしゃっていただけて、土井さんのお言葉を拾った甲斐がありました。
選手の声を見たくて弊ブログを開く方が多いのかなと思っていたので、解説陣やOBコーチの声とかってあまり歓迎されないものかなぁと思いつつもまとめたのですが、そのような反応をいただいてホッとしている部分があります。

読んでくださってありがとうございました。
光が見えたかな。
甘口さん、こんにちは。マツダ2連戦、行ってきましたよ。悔しい連敗…。昨年のマツダでも連敗したので、相性が悪いですね。でも今日は、打線が良い感じだった気がします。少し上向いてきたかな。ホームに帰って出直し。切り替えて行って欲しいと思います。
ろんさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

先日は広島遠征お疲れ様でした。
まずは無事に試合が行われたことがよかったなと思います。

結果としては悔しい試合になりましたね。
カープ戦は相性が良くないとよく言われていますが、ビジターと言うこともあってか、選手本来の力が出せなかったように思えます。

この試合ではおっしゃるように打線の状態に復活の兆しが出ていたように思えます。
上本にも大きいのが出だしていますしね。

次の中日戦で今季のベストゲーム候補と言える試合ができたことを思っても、いいきっかけの試合だったのかもしれませんね。